MSの系譜-ガンダム・フレーム-

厄災を打ち払う悪魔の力。

ガンダム・フレームはリアクター2つ搭載した超パワーMS。
異常極まる運動性と装甲、半永久機関であるエイハブ・リアクターを有し、さらには子機による物量戦から物資を補給し無期限活動が可能という化け物、モビルアーマーを駆逐するため、
「対MA」のスペシャリストとして開発されたのがガンダムである。

リアクターの2個載せは、本来動力源として1つあれば十分なものを倍積むことで使えるエネルギーを倍加させ、
接近戦にて少ないチャンスを有効に活かすためのものであるとされている。
要するにパワーレベルを上げて物理で殴る、のだ。

現在新規開発されたMSにツインリアクター持ちがいないあたり、エイハブ・リアクターのダブル搭載は技術的な難易度が高いということが伺える。

そして72体作られたことで開発がストップし、以後後継機に当たる機体が一切作られた形跡がないというのも、如何にガンダム・フレームが歪な存在であったかがわかるというもの。
モビルアーマーを駆逐することだけを求められた悪魔は、歴史にその名を刻みつつも、その後も残ることを良しとはされなかったのである。

なお形式番号は単純に開発順であることが判明しており、その番号の機体の性能を見れば、開発経緯や厄祭戦の規模などが若干透けて見えるようになっている。
予め断っておくが、以下の分析、記述はこのサイト管理者独自の考察ですのであしからず。


ASW-G-01

ギャラルホルンの創始者とされる男、「アグニカ・カイエル」。
彼の父親はガンダム・フレームを開発した技術者とされ、バエルは父親が作った機体を息子が操った操ったガンダムであった。
管理者はアムロ・レイとテム・レイみたいなものだと思ってる。

アグニカは超人的な反射神経、運動性能を持ち、それを阿頼耶識システムでダイレクトに受け取ったバエルは、
接近戦で無類の強さを発揮し、その強みを活かすためには「ただ折れないだけの剣」が必要だったというほど。
バエルのスラスターウイングは完全にアグニカの趣味だったとされ、後続機でも採用している機体は存在せず(用途は違うがマルコシアスが持つ)、
というか別に巨大なウイングつけなくても、ガンダム・フレームはしないだけで全機空を飛べるということが関連書籍で明らかになっている。飛ばないのは飛ぶ必要がないから、らしい。
エイハブ・ウェーブの影響下では航空機が使えないため、戦闘機の類が鉄血世界には存在しないのも大きいのだろう。
よくある空母タイプのMSドックも存在しない。
まぁ悠長に飛んでいて地上からMAに撃墜された、とかあったら笑えないだろう。

このバエルはアグニカ専用機として、彼の力を存分に発揮し、神格化されるだけの力を持っていた。

ASW-G-08からASW-G-11

8号機であるバルバトスとバエルには似たような記号が装甲に刻まれているが、これは同じ開発陣営であることを示すとされ、少なくともバエルを作った陣営がバルバトスを手掛けたことがわかる。
35号機のマルコシアスにも同じマークが確認できるが…気にしない。でも気になる。
実はハシュマルにも同じマークがある。気になる…どういうことだってばよ。

本作の主役MSであるバルバトスはこれといった固定装備を持たない汎用型であり、主に背中に装備を装着し、
それをマニピュレータで保持して戦うという接近戦特化の汎用タイプとして作られていたとみられる。
現代に復活した際にはまた異色の進化をとげることになるが、それはまた別のお話。

グシオン自体はオリジンと呼べる姿が一向に判明していないので不明だが、フルシティは厄祭戦時のデータも組み合わせたとされており、
接近戦から遠距離戦に対応したマルチなMSであったと思われる。
つまりここまでは機体そのものの完成度を高め、外部装備を付け替えての出撃が可能だったと推測できる。
優れた職人は環境を選ばない、みたいなものだろうか。

ASW-G-29からASW-G-35 ガンダム・マルコシアス

11号機から少し番号が飛ぶが、29号機であるアスタロトは本来、両肩の可変翼とスラスターを用いた広範囲へ移動し、急降下からの接近戦を行う機体だったらしい。
ガンダム自体は上述の通り、どの機体も飛ぼうと思えば飛べるので、あくまで可変式ブレードシールドや、バックパックのスラスターは広範囲を飛行するためのサポートなのだろう。

機動性を重視しつつ、ナノラミネートアーマーに致命的なダメージを与えるための実験的な兵装を持っており、
アスタロトはショットガンγナノラミネートソードスレッジハンマーという、幾つかの装備をひとまとめにし携帯するようになっている。以上の装備は厄災戦終結後月面の調査を任されたウォーレン家に巨大クレーターの底から発見された後、修復されたものである。そのため、厄災戦当時の装備は不明

テレビ本編終了後計画されたスマートフォン用アプリ、ウルズハントにて35号機であるASW-G-35 ガンダム・マルコシアスが登場。
バスタードメイス大太刀を格納)や、爪のついた格闘戦にも使えるナックルガードを持ち、プルーマを蹴散らすために全身のバインダーにサブアームを格納し、それに短剣を装備して迎撃しつつ本体を質量武器で仕留めるというコンセプトで設計されている。
このマルコシアス、ロールアウトしたのは間違いないようなのだが当時のパイロットに関する情報や戦歴等が何らかの事情で不明扱いになっており、幻の機体と言われていた。
バエル、バルバトス、ハシュマルに刻まれたマークと同じものをマルコシアスもまた装甲や武装に刻んでおり、それらと同じ陣営が開発に携わったと思われる。
そのためか武装構成がバルバトスと似たもの(メイス、太刀)となっているが、厄祭戦時のバルバトスがどういった武器を使っていたのかは不明なため、デザイナーがマルコシアスを設定する際にバルバトス(もしかしたらグシオンリベイクフルシティも?)を考慮した可能性がある。

更に32号機であるASW-G-32 ガンダム・アスモデウスの情報も発表。
キット化に際して詳細情報が判明したが、アスモデウスは輸送中の事故かなにかで戦闘に参加することなく終戦を迎え現代まで見つかることなくそのまま宇宙空間に放置されていた。
現代になってようやく発見され、武装までもが未使用のまま確保されるという極めて珍しいMSとなった。
目立つ装備としてはグラン・トンファーを有し、炸薬式の射出機構を持つという。
HGの説明書を読む限り、火薬が爆発する勢いでトンファーを伸ばすのだろう。
至近距離で炸裂させることで相手の装甲を一撃で貫く威力を持つといい、ダインスレイヴとの関わりを匂わせる。

ASW-G-47からASW-G-56

開発順としては中盤から、後期への入りがけといったところ。
本来のウヴァルに関しての情報は皆無のためなんとも言えないが、グレモリーはナノラミネートコートという独自の装甲技術を有する防御力特化型であり、
後期型の特化型装備はこの頃からスタートしていると見ることも出来る。

専用装備も少なく、グレモリーは圧倒的防御力からのバトルアンカーのみというシンプルすぎる武器編成であり、
厄祭戦がどのようになっているのかは正直不明すぎる。
高い防御で相手の攻撃を捌き、バトルアンカーで仕留める…にしても攻撃力が貧弱すぎる気もするが、HGの説明書によればナノラミネートコートの高い耐久性にて部隊の先陣を任されたり偵察任務など様々な任務に投入されたようだ。
またバトルスタイルはナノラミネートコートの耐久性で敵の攻撃をしのぎ、カウンターで撃破する、といったものだった模様。

ASW-G-64ASW-G-66

64号機であるフラウロスはダインスレイヴ発射による射撃特化型、66号機であるキマリスは圧倒的な直線的加速力からの突撃戦法特化型と、
この頃は完全に機体ごとのコンセプトを突き詰めた性能特化型になっている。

フラウロスはともかく、キマリスは活動領域に応じた装甲パーツ、武装が用意されているあたり、
モビルアーマーの出現は広範囲に渡っているが、数が減ってきており、「とにかく確実に発見したMAを殲滅する」ことが求められていたのではないかと思われる。

ASW-G-71

現在確認できる中で最も後期に開発されたガンダム、ダンタリオン。
この機体は関節部分のフレームがこれまでのガンダムの運用データを反映して独自のものとなっており、
素体に追加‐パーツを取り付け、それに応じたコンセプトを強化するという、初期の汎用型に戻った機体となっている。
全てのパーツを装着することで最強形態になるというのはダンタリオンのみであり、厄祭戦も終盤だったのだろうか、
機体開発そのものにも若干の資金的余裕が見れる。
ただパーフェクトカウル状態のダンタリオンは追加パーツが全身を覆っていることも有り、外見からガンダム・フレームと判断するのは難しい。
むしろ、MAでは?と思われても仕方のない姿になっている。
開発時期が最終盤ということもあり、これまでのガンダムとMAのデータが機体設計に反映されている設定から、MAに外見的に近づいてしまったのは仕方のないことかもしれない。

ダンタリオンの前、70号機であるセーレも名前が登場しているが、どういった状態なのか、どういう機体なのかの情報は無い。
しかし外伝の主人公、アルジ・ミラージが家族を失った事件の犯人であるとされているため、稼働中の26機に含まれている可能性が高い。

最終更新:2022年04月19日 13:05