テールナー

分類:キツネポケモン
タイプ:炎
高さ:1.0m
重さ:14.5kg
特性:もうか(HPが1/3以下のときに炎タイプの技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:マジシャン(技を当てた相手の道具を奪う)



任天堂のRPG『ポケットモンスター』に登場するポケモンの一匹。第6世代(X・Y)にて登場。
第6世代御三家のフォッコの進化形。手足が細長く伸びて二足歩行になり、進化前に好物として食べていた木の枝は食べなくなった。
尻尾の体毛に挿している枝を引き抜き、尻尾の毛の摩擦熱で発火させて攻撃に使う。
その様子は、さながら杖を振るう魔法使いのようである。
(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)

進化体のマフォクシーになると、タイプが炎・エスパーに変化する。
実はヒノアラシ系統以来となる特殊型の炎御三家であり、それ以降の御三家であるバシャーモ、ゴウカザル、エンブオーが
いずれも炎・格闘の複合タイプかつ物理型、もしくは物理寄りの両刀性能だったため、ファンにちょっとした衝撃をもたらした。
実際、サブウェポンも「くさむすび」、「マジカルシャイン」、「シャドーボール」など炎タイプの特殊型には珍しいものが揃っており、
どちらかと言えば炎よりも『鋼タイプにタイマンで戦えるエスパー』のような感覚で使用される事が多い。

初代にいたキツネがモチーフのロコンとキュウコンは四足歩行だったのに対し、こちらは進化することで二足歩行となり、
獣人系の外見と魔法使いの様な設定が、ケモナーのファン達のハートに効果が抜群だったためか、
進化体のマフォクシー共々ファンが多い。

アニメでは、レギュラーであるセレナの手持ちとして登場している。

漫画『ポケットモンスターSPECIAL』ではXYのマイナーチェンジが発売されなかった影響か、
敵であるフレア団の最高幹部に奪われ使役される事態になった。

カードゲームでは、『拡張パック コレクションX』で収録された種類が有名。
エネルギー1つで高度なデッキトップ操作を可能にする「フューチャーアイ」が強力だった。

格闘ゲーム『ポッ拳』でも、プレイアブルキャラの1体として登場している。


MUGENにおけるテールナー

  • joeythemarillfan5678氏版
スプライトはファミコン風のドットが使用されている。
杖から出す「マジカルフレイム」などの飛び道具が優秀な性能であり、
ストライカーとしてハスボーやマリルを呼び出せる。
AIも搭載されている。


  • dlrowdog(おるごれ専務)氏版 アサガオ
海外の製作者が作成したキャラ。現在はβ版が公開中。
手書きのヌルヌル動く素晴らしいクオリティのスプライトが使用されている。
日本語版の解説によれば他のポケモンに変身できるとのことで、
メタモンがテールナー化しているのか、 はたまたテールナーがメタモン化してしまったのか(ご想像におまかせ)」とのこと。
AIは未搭載。
DLは下記の動画から



出場大会

  • 「[大会] [テールナー]」をタグに含むページは1つもありません。




添付ファイル