乱れ雪月花

登録日:2009/10/11(日) 14:10:05
更新日:2019/11/23 Sat 21:53:13
所要時間:約 4 分で読めます




サガシリーズを代表する剣(刀)技の一つ。
雪月花とは日本の代表的な自然美を表すと同時に、当時のスクウェアの近くにあった居酒屋に由来するという。



最強クラスの大剣技として初登場。
切り落とし→ツバメ返しから派生するほか、実はいろいろなキャラが閃くことが出来る。

威力:12 消費P:12

雪を降らせて姿を隠し、敵を斬り裂く奥義。盾回避にも強い優れもの。
無明剣にはやや劣るものの、斬防御より冷防御が低い敵が結構多いため、見破れると状況に応じて使い分けられる。
イーストガードにこの技を使わせるとかっこいい。そして能力的にもマッチしている。


【 ロマンシング サ・ガ3 】

本作でも最強クラスの大剣技。
消費技力:11


雪月花の三つの呼吸で敵に詰め寄って行く三段攻撃。
雪のように静かに斬り落とし、三日月のように弓なりに斬りつけ、華を散らせるがごとく華麗に胴を払う。
その攻撃は恐ろしくも美しい。

攻略本:基礎知識編より

払い抜け→逆風の太刀→乱れ雪月花と派生
上記の通り大剣技としては最強の奥義。
地すり残月に比べれば遥かに閃き易く、アスラ道場に入門せずとも逆風の太刀を使いまくれば近いうちに閃く。

やはり月下美人(刀)と組み合わせるのが強く、そして華麗。

大剣技は序盤、とくにウォードがいきなりスマッシュなんか使えるもんだから、かなり強い武器なんじゃないかという先入観を与えられる。
しかし終盤になるとその期待は見事に裏切られる…
まあ分身剣とかラウンドスライサーとかヨーヨーとかタイガーブレイクとか連射とかその他諸々の分身技が強すぎるだけなんだけどね!
ついでにデカイ武器ってロマンあるよね


【 サガフロンティア 】

単体の技としてではなく、ファンサービス要素として登場。
刀技『風雪即意付け』『月影の太刀』『三花仙』をこの順番に連携させると技名が『乱れ雪月花』となる。
順番が変わると通常の連携扱いになってしまうので、使うメンバーの素早さを考慮しておこう。

月下美人が入手しにくい為、裏技で流星刀を増やすなりなんなりしないと余り強くない…
ちなみにこの連携が成功しても名前が変わるだけで残念ながら攻撃力ボーナスは無い。
しかしサガシリーズのファンなら一度は見ておきたい光景である。


【 ロマンシングサガ -Minstrel Song- 】

刀技『月影の太刀』の無足・加撃で発生する。
通常の月影の太刀は一撃のみだが、無足・加撃で三連撃となり、斬る毎に『雪』『月』『花』の文字が刻まれる!
ちなみに発生する確率は200回に1度くらいらしく、本当に一瞬で終わってしまうのでよそ見は禁物。
キャラによって出易さも異なるらしく、クラスを武芸家にしたディアナが一番出しやすいらしい


【サガ2秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY】

草薙の剣の連携昇華として登場。
1グループ攻撃になり、石化の追加効果が付く。


【サガ3時空の覇者 Shadow or Light】

技の一種。
村正、正宗、七支刀で使用可能。
グループ攻撃で防御無視になり、正宗の場合は聖属性になる。


【サガ スカーレットグレイス】

刀系の大剣技の最上位技として登場。
攻撃属性は斬・冷。BPコストは7。ランクIIIまで上げるとBP4まで減る。行動順は遅め。
『雪』『月』『花』の文字とともに、斬り上げ(雪)→斬り下ろし(月)→斬り払い(花)……という流れで攻撃する美しい三段攻撃。さらに演出中は花びらが舞う。
「月下美人」との組み合わせも健在。無骨な洋風の大剣で繰り出すのもそれはそれで味があるが。

派生元は、刀系なら「払車剣」、宝刀系(緋色の野望から追加)なら「三花仙」から閃く。
この作品では装備している武器の系統(および鍛冶ランク)によって派生元の技が変わるため、少し注意が必要。

なお、緋色の野望ではこの技のモーションが分割され、それぞれ「風雪即意付け」(斬り上げ)、「月影の太刀」(斬り下ろし)、「三花仙」(斬り払い)
……という独立した新技として使い回され実装されている。
ちなみに、斬・冷属性なのは「風雪即意付け」のみで、他2つは斬属性単独の技となっている。

基礎威力は「地ずり残月」に劣り、最強の大剣技という地位はあちらに譲っている。
しかしながら、「地ずり残月」はややガード・回避されやすいうえに挑発効果がついているため、状況によっては少々扱いづらい面も。
複数の攻撃属性を持ち、行動前防御効果つきなのが利点。BPコストも1少ない。安定感と汎用性ではこちらに分がある。

また、「地ずり残月」は筋力・運動性が参照されるが、こちらは筋力・技術力が影響。
キャラのステータス次第ではこちらを使うほうが強いことも。
運動性よりも技術力が高いキャラなら、行動前防御もあいまってこの技をより有効に扱える。
スタンや麻痺等で止められると悲しい。


【聖剣伝説 LEGEND OF MANA】

大剣技として登場。習得にはダッシュ、タックル、バク宙のアビリティが必要。
前進して斬撃を放ち、ヒットすると
突き(『雪』の字と共に氷柱のエフェクト)、
斬り上げバク宙(『月』の字と共に赤い三日月のエフェクト)、
突進(『花』の字と共に花びらが散るエフェクト)
の三連撃を敵単体に与える。

威力も高いが、何より名に恥じぬ美麗なグラフィックは必見。

ちなみに、漫画版『聖剣伝説レジェンドオブマナ』の主人公であるトトもこの技を使用している。


【ラストレムナント】

七人衆のひな、はなが使用する全体攻撃。凶悪な威力。演出がやたら派手で敵ながら他の主要キャラを食うほど。



その他、FINAL FANTASY XIでは雪風、月光、花車という技を連携させた場合、サガシリーズのファンはこれを俗に『乱れ雪月花』と呼ぶらしい

詳しく追記するならば、FF XIには技(ウェポンスキル)には八つの属性があり、ある属性を持つ技の後に対応する属性を持つ技を放つと、【連携】と言う現象のダメージボーナスが起きる。

七之太刀・雪風(硬化/炸裂)
      ↓
八之太刀・月光(湾曲/振動)
      ↓
九之太刀・花車(核熱/収縮)


この時、雪風の【硬化】に対し、月光の【振動】が適応し、
技連携【分解】が発動する。
さらに【核熱】を有する花車を繋げる事で、技連携【光】へと続く。

尚、十之太刀・乱鴉と言う技が実装されたが、残念ながら乱鴉から雪風には属性的に繋がらず、
真の【乱れ雪月花】には至らなかった。


また、格闘ゲーム『月華の剣士』には、御名方守矢の潜在奥義『活殺・乱れ雪月花』という技が存在する。ひょっとしたらこんな所にも志がリスペクトされていたのだろうか…。 


なんかググったらダーツでもこんな名前のやつがあるみたい
だけどよく知らぬ

項目名見て一瞬でもエロくなった雪月花を思い浮かべてしまった方は少し生き方を省みた方がいいと思います


雪のように静かに項目を開き、三日月のように弓なりに追記し、華を散らせるがごとく華麗に修正をお願いします。
この項目が面白かったなら……\ポチッと/