霧沢風子(烈火の炎)

登録日:2012/01/27(金) 04:58:31
更新日:2020/03/09 Mon 14:39:35
所要時間:約 5 分で読めます






いくよ!風神ちゃん!




漫画『烈火の炎』の登場人物。

CV:平松晶子

【人物】
花菱烈火の幼馴染みで喧嘩仲間。
後に新生・火影忍軍の一員となる。

かなり男勝りで快活な少女。下手な男よりも喧嘩が強い。

しかしながら錐(工具)を積極的に投げつける少女で、作中不良として名高い烈火や土門より明らかに危険な存在だったりする。

一方で母親のことを『ママ』と呼んだりするなど女の子らしい面もあったりする。

烈火同様、正義感溢れる性格で、卑怯者や理不尽な事には激しく憤り、そういった物にはとことん立ち向かう。


上記の性格から小学校の頃に激しいイジメに遭い、人間不信から中学では不良になってしまう。
(それでも、学校にはサボることなく通い続けていたようで、烈火曰く「大風邪ひいても学校に来て皆勤までした」との事。)
しかし、転校生の真夜のおかげで元の明るい性格に戻った。
いつも着けている鉢巻きは彼女から貰ったものである。
また、機嫌が悪かった時に土門に何気なく発言したセリフで土門が髪型をモヒカンに変えてしまったことに責任を感じたようで、
その詫びの意思を込めて自分も髪を切っている。

烈火とは日常的に喧嘩をしているが、それは彼に恋心を抱いており、忍者として仕える相手を探していた烈火に実力を示して接近するためである。
しかしながらいつも一歩のところで勝てずにいた。
そんな中明らかにかよわい柳があっさりと烈火にとっての姫となったことから到底納得できず、激しい嫉妬を抱く。
そこに目をつけた影法師に風神を渡され、烈火への試練として選ばれる。

ちなみに恋敵である柳とは最初そんな出会いだったものの、柳があまりにも善良な人柄だったためにすぐに仲良くなった。

そしてこれらのことがきっかけで火影の戦いに身を投じることになる。


ちなみに風子は三沢光晴のファンで、しょっちゅう仲間にエルボーをかます。(特に水鏡)

【戦闘】
不良時代は小さな錐をナイフの様に投げていたが、喧嘩ではなく本格的に戦い始めてからは使わなくなった。

基本的には魔導具、風神によるスピード重視の戦いをする。
また、別の魔導具同士を組み合わせるという全く新しい発想で
風神+鬼の爪=風の爪
といった強力な武器を手に入れた。

風神の性質上遠距離戦が得意だが、風の爪や後に手に入れた神慮伸刀によって中~近距離戦もそつなくこなす。

センスが良く、陽炎をして「魔導具の天才」と言わしめた。

《使用魔導具一覧》

●風神『風』

真空の刃を作り出し、相手を切り刻む自然現象発動型の魔導具。虚空の作品。
攻撃だけでなく自身を高速移動させたりなども可能。
籠手のように腕に装着する。
自由度が高いだけに当然扱いは難しいらしく、使いこなすには訓練が必要。
また、空中での滞空時間も延びるよう。

かなり強力な魔導具なのだが、風子が使っている風神は核が失われ、5つの小玉による予備電源で最低限の力を出しているに過ぎない。
小玉を1つ消費することで真の力を出すことが可能だが、使い切ってしまうと風神の力が無くなってしまう。
小玉を使った時に出てくる可愛い動物のようなものは、風神の本体が具現化したもの。


封印の地の戦いの中で全ての小玉を使い切ってしまうが、突然現れた雷覇の試験に合格して、風神の核を受けとる。
これにより、本来の強力な風神を使えるようになった。

▽技一覧

☆鎌鼬

風神の基本的な技。真空の刃を巻き起こして相手を攻撃する。
しかし、威力は高くはなく、雑魚でもなければ決定打に欠ける。


☆風神之枝技『疾』

目にも止まらない連続攻撃で相手を切り刻む。
核を手に入れるまでは小玉を使用する事により発動した技。
風神の真の力だけあって、威力は魅虚斗を一撃で破壊し、雷神に大ダメージを与えるほど。

☆風神之枝技『風魂』

風神の本体(動物)自体が真空の塊となり、それをぶつける技。
シンプルながら風神の中でも最強の威力を誇り、餓紗喰を一撃で倒したりした。
『疾』と同じ条件で発動する。

雷神戦にて押し負けそうになるが、土門と緋水の力が宿った事により竜のように形が変化し、雷神を破壊した。

☆風守
風のバリアー。

●鬼の爪『爪』

麗の下忍の三羽烏から奪った魔導具の1つ。
本来は巨大な爪状の武器だが、風子はこの核と風神を組み合わせて『風の爪』として使った。
かなりの切れ味を誇り、更に実体が無いため、相手のガードをすり抜けることができる。
また、風神の力で爪を飛ばし、操ることも可能。

●神慮伸刀『伸』

裏麗の緋水から託された、トンファーのような魔導具。
二本一対の魔導具であり(風子は一本だけもらった)、持ち主の意思に応じて刃が伸びる。
別に解号とかいらないし13LEACHでもない。
これ一本で近~遠距離戦全てに対応できる便利な魔導具。

また、緋水の形見であるため、風子にとって特別な物である。

【最終決戦】

今まで幾度となく出会った、麗の十神衆の雷覇と戦う。
初めは今まで助けてくれた雷覇と戦う事を拒み、戦意を失うが、雷覇の覚悟を受け止め、全力で戦いに望んだ。
最後の撃ち合いで押し負けそうになるが、土門の漢っぷりや緋水の励ましによって逆転勝利。

天堂地獄戦には土門と共に陽炎と小金井の窮地に駆けつけて、烈火が来るまで戦い続けた。





最終決戦後は補習に追われ願子に振り回されながらも楽しく過ごしている。

土門とは完全に尻に敷きながらも仲良くやっている様子。

上記のような漢らしい性格やかわいさから裏武闘殺陣では水鏡と並ぶ絶大な人気を誇った。

こうして見ていくとかなり優遇されているように見えるが、実は作中で何度も死にかけている。

  • 最初に風神で操られている時の暴走であわや窒息死(烈火の機転に助けられた)

  • 森光蘭の城を探険した際に罠にかかり溺死しかけた(雷覇に助けられた)

  • 魔元紗の魔次元に送られ、あわや衰弱死(烈火のお陰で魔次元のヒビを見つけた)

  • 魔次元のヒビを見つけたは良いが、空間そのものへの干渉などできない(風神の小玉が非常に強力だったおかげで助かる。他の面子だとやばかった。)

  • 双角齋の魂吸いの壺に吸い込まれ、精神崩壊→衰弱死しかけた(また雷覇に助けられた)

  • 天堂地獄の攻撃を受けて死ぬところだった(緋水に庇われた)

等々。


そしておっぱいを晒したり、色んな人におっぱいを揉まれたり(土門、虚空、雷覇)と散々な目に遭っている。
…ふぅ。
ちなみにバスト87だそうだが、体が締まったせいもあってか86にちょっとだけ下がった。
本人いわく、時々ブラを付けない時もあるらしい。ってか虚空に揉まれた時とか明らかに付けてない。

また、薄い本は風子が圧倒的に多い。
…ふぅ。
彼女にお世話になった紳士も多い事だろう。

読者からの人気も高く、コスプレやイラストは風子がかなり多かった。


ちなみに兄が1人いる。



追記・修正のエルボー!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/