翠星石

登録日:2009/12/05(土) 15:17:19
更新日:2021/05/08 Sat 19:53:08
所要時間:約 3 分で読めます




翠星石

ですぅ


すいせいせき
声:水樹奈々(初期ドラマCD版)
  桑谷夏子(アニメ版以降)

ローゼンメイデン」シリーズの第3ドール。

蒼星石の双子の姉。
服装はオランダやベルギーの民族衣装のような深緑のロングスカートのエプロンドレス。
目の色が蒼星石同様オッドアイで右目がルビー色、左目がエメラルド色。
髪は床に届く程の茶色のロングヘアで後ろで二つに分かれてロールしており、白い三角巾のようなヘッドドレスを被っている。

一人称は大抵「翠星石」だが、ごく稀に「私」と言う時もある。
口癖は「まったく、…」「…です(ぅ)」。
語尾や動詞の後に「…ですぅ」を付けるという独特の言葉遣いをする。
クッキーやスコーンなど、お菓子作りが得意。

人の心に育つ「心の樹」を成長させる「庭師の如雨露(じょうろ)」を持つ。

人工精霊はスィドリーム(薄緑)で庭師の如雨露を出して水を入れたり、夢の扉を開いたりする。

性格は清楚で淑やかな容姿に合わず、かなりの毒舌家でツンデレ。
更に天邪鬼で計算高く高飛車な為、ジュンから「性悪人形」と呼ばれている。
その癖、臆病で人見知りな為、すぐ後ろに隠れてしまう。

雛苺をよく小馬鹿にしておちょくっているが、水銀燈の攻撃から身体を盾にして守ったり、彼女が停止した時は取り返そうとするなど本気で嫌っている訳ではない。

喧嘩や争い事が嫌いで、姉妹同士が戦うアリスゲームも出来れば避けたいと思っていて、蒼星石に「他の姉妹のローザミスティカを奪う位なら自分はアリスになれなくても良い」と告げたりもした。

蒼星石と庭師を分業していたが、蒼星石のマスターである一葉が自分の力を悪用しようとしたことから助けを求めに真紅の元にやって来た。
ジュンと出会った当初は彼を毛嫌いし八つ当たりがてらに暴力を奮っていた。
また、窓を突き破って入って来る度にジュンに怒られ、口論していた。
しかし、体を張ってドールを守ろうとする姿に惹かれていく。

アニメでジュンについて「自分が側にいないと心配」と蒼星石に打ち明けている。

原作では水銀燈に追い詰められた時に、アニメでは二期で薔薇水晶との初戦闘の際に、ジュンと契約。

戦闘では夢の世界に生えている『世界樹』の一部分や心の樹の枝を如雨露で操り、敵を束縛したり自身を防御したりする。
アニメでは如雨露を使い接近戦もこなせる。
契約者がいない間はそれ程戦闘力は無かったが、それを得てから飛躍的に向上した。

原作では、雪華綺晶の手により体を操られた蒼星石に帽子を被らせた瞬間、右目から雪華綺晶のように白薔薇と茨を出した蒼星石によって茨で絡められる。
その際、一時的に意識が戻った蒼星石に逃げるように言われるが、蒼星石と離れたくない翠星石はそのまま抱きしめた。


その後、どうなったか不明だったがヤングジャンプの連載で再登場
雪華綺晶と水銀燈・真紅が戦っている所に乱入する。
「まかなかった世界」での雪華綺晶の体が蒼星石のものであると知り、雪華綺晶を守る羽目になるが機転により分離に成功する。
そして、自分のローザミスティカを蒼星石に移した…
本来、ある空のドールに他のドールのローザミスティカを移しても動かないらしいが
双子のローザミスティカは分けられたローザミスティカをさらに二つに分けたものであった。
翠星石の試みは成功し、蒼星石復活

自ら機能を停止させてまで姉妹を思いやるその姿は何とも…

以下、ネタバレ











なんと復活。
まさかの復活。

現在は桜田家で過ごしている。










とっとと、追記・修正しやがれですぅ♪

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年05月08日 19:53