炎舞闘士サピエント・アーク

登録日:2014/09/27 (土) 15:28:45
更新日:2018/04/28 Sat 10:04:49
所要時間:約 4 分で読めます













このクリーチャーのパワーは+4000され、タップされていないクリーチャーを攻撃できる。









概要


炎舞闘士サピエント・アークとは、デュエル・マスターズのクリーチャーである。
DM-11「聖拳編 第2弾 無限軍団の飛翔(エターナル・ウェーブ)」にて収録。レアリティはコモン。

ウェーブストライカーを代表するクリーチャーであり、切り札。
WSデッキの主力クリーチャーとして現在も活躍している。


スペック


炎舞闘士サピエント・アーク C 火文明 (3)
クリーチャー:ドラゴノイド 2000+
ウェーブストライカー
WS-このクリーチャーのパワーは+4000され、タップされていないクリーチャーを攻撃できる。

サピエント・アークの強さの秘密、それはWSの能力にある。

WSが発動すれば、パワーが+4000されるうえにアンタップキラーとなる。
つまり『3コスト・パワー6000・アンタップキラー』と言えば、その凶暴さが分かるであろう。

上手く繋がれば、最速4ターン目に登場できる大型アンタップキラーは相手からすると脅威。
しばらくの間は敵のクリーチャーを殴りまくれるので、相手の動きは大きく制限されることになる。

予言者ラメール》と並べると、討ち取れるクリーチャーの範囲が広がる。
星雲の精霊キルスティン》の大幅強化能力と組み合わせると、パワー9000以上のクリーチャーを殴り倒せる。

他のアンタップキラーと同様に《無限掌》と組み合わせるのも面白いだろう。
相手の序盤に出る小型クリーチャーを殲滅させることが容易になる。


注意すべき点は、相手の徹底的な除去。

WSデッキを使われた相手からすると、序盤にサピエント・アークを使っていく戦術は予想できる。
そのため、相手は小型WSを並べさせないように努力してくるだろう。

とは言え、序盤から完全な除去は行えないので、とっととサピエント・アークを並べてしまおう。




とにかく、サピエント・アークは小型ストライカーの中でも頭抜けて強い。というか強すぎる。

WSデッキはこのカードを主力として使っていくタイプが殆どだろう。
サピエント・アークに頼らないタイプのWSデッキもあると言えばあるが、あまり見かけない。

現在のインフレ環境でも暴れまくれるそのスペックは大変魅力的なクリーチャーである。


関連カード


予言者ラメール UC 光文明 (2)
クリーチャー:ライトブリンガー 1500+
ウェーブストライカー
WS-バトルゾーンにある自分のクリーチャーすべてのパワーは+1000される。

DM-11で登場したライトブリンガー。軽量ウェーブストライカーの代表。
WS能力は、自分のクリーチャーの軽いパンプアップ。

ラメールで+1000すれば、7000のクリーチャーとも相討ちができる。
サピエント・アークとラメールが並べば、WSデッキの勝利パターンに突入できる。

堅防の使徒アースラ C 光文明 (3)
クリーチャー:イニシエート 2000+
ウェーブストライカー
WS-このクリーチャーのパワーは+4000され、「ブロッカー」を得る。

WSが発動すれば、そこそこ強力なブロッカーになれる。
WSデッキでは良く使われる守りの盾。

ラメール→サピエント・アーク→アースラ の流れは定番。

星雲の精霊キルスティン VR 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 5000+
ウェーブストライカー
WS-バトルゾーンにある自分のクリーチャーすべてのパワーは+5000され、「ブロッカー」と「W・ブレイカー」を得る。

WS最強の切り札。
聖拳編当時から見ると異常なレベルでの自軍強化能力を所持している。

キルスティンでサピエント・アークを強化すれば、パワー11000のアンタップキラーに。
中盤に入ると倒せるクリーチャーが少なくなってくるサピエント・アークを再びアンタップキラーとして生かせる。

無限掌 UC 火文明 (1)
呪文
バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーがバトルに勝った時、アンタップする。

この拳、エンドレス!

アンタップキラークリーチャーにとっては心強い定番の呪文。
サピエント・アークと組み合わせれば、相手のバトルゾーンをズダズダにできる。

復活のトリプル・リバイブ R 闇文明 (6)
呪文
コスト3以下の進化ではないクリーチャーを3体まで、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

DMX-07で登場した闇の呪文。
進化ではないコスト3以下のクリーチャーを3体までリアニメイトする。

サピエント・アークが除去られたら、この呪文で他の小型WSと一緒にリアニメイトしてみるのも面白い。
3体並べられれば、即刻にWS能力が起動できる。


補足


コモンカードでありながら、DM-11のパッケージイラストとなった。
実際にパッケージイラストを飾れるくらいのスペックは持ち合わせている。








この項目の誤字・脱字は発見され、追記・修正されていない項目に加筆できる。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/