ヴェロニカ(FE)

登録日:2018/08/28 (火) 02:08:46
更新日:2019/06/16 Sun 09:04:20
所要時間:約 6 分で読めます





ふぅん……つまらないの……そうだ。あたたかい紅茶はいかが?




出典:ファイアーエムブレム ヒーローズ、任天堂、インテリジェントシステムズ、2017年2月2日配信開始
(C) 2017 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS

概要

『ヴェロニカ』とは『ファイアーエムブレム ヒーローズ』のヒロイン。
ゲームのシステム上、クラスは特にないがサイファに出演した際には『ダークプリンセス』だった。
デザインはコザキユースケ氏が担当。
第2回英雄総選挙女性部門2位、総合部門4位。



アスク王国と対立するエンブラ帝国の皇女。
父親は先代の皇帝であり、現在皇位を継いでいる皇帝の後妻とは血の繋がりはない。
きょうだいは腹違いの兄・ブルーノがいる。ブルーノの発言的に他にも皇族はいるらしい。
部下は歴代のFEキャラなのだが、後述の理由で部下らしい部下は暗夜王国の第1王子・マークスだけ。

外見・性格共に幼く台詞も大半はひらがな表記である。
寂しがり屋な性格らしく、各異界にいる英雄を自分のものにするために侵略している。
エンブラ帝国の実権を握っているのも同然の存在だが、自国の民や英雄をおもちゃのようにぞんざいに扱っており、皇族としての責任や義務には無頓着。
しかし本編や外伝でマークスやゼトといった他国の王族と忠臣から色々説教を受けた事で心境が変化し、少しずつ皇族としての自覚が芽生えて来た。

兄のブルーノとは仲が良く、ヴェロニカが挨拶をするのも兄にたいしてだけ。
そのため兄妹愛に思うところがあるらしく、外伝ではエフラムエイリークに兄妹愛を見せるように強制した事もあった。

元々アスク王国との戦争は父親が始めたものであり、後妻は温厚な人物だったので戦争はいったん中止になった。
しかしある日ヴェロニカが異界を支配してアスクを侵略し始めてから状況は一変。
彼女の父親は死ぬと後を追う国民がいたほど支持されていたため、民と要人は女帝ではなくヴェロニカを父の跡を継ぐ皇女として認め戦争を再開した。

何故父親と彼女がアスクへの侵略に拘るのかというと、皇族に流れるエンブラの神の血がアスクを滅ぼせと宿命づけるからである。
宿命によって父は理性が壊れブルーノは辛うじて踏みとどまり、ヴェロニカはまだ神の声が聞こえる段階である。


ヴェロニカはエンブラ皇族固有の『異界の扉を閉める力』と英雄と契約し使役する力を持つ。
この契約で従わされた英雄は心までは支配されないが、肉体の行動決定権はヴェロニカが意のままに操れる。例え神竜や邪竜、最強の英雄であってもヴェロニカには逆らえない。
さらにランダム召喚のエクラと違い、直接異界に乗り込んで契約するため欲しい英雄は確実に手に入る羨ましい仕様である。
欠点として、一度召喚すれば送還しなければ永遠に手元にいるエクラとは違い、彼女の英雄は倒されてしまうと契約から解放されてしまう。
無理やり従わせられていたので解放された英雄はヴェロニカの元から去ってしまう……マークスを除いて。

また英雄に『無敵の加護』を与える事が出来る。与えられた英雄は何をしても傷つくことはない。
しかしこの加護には時間制限があるうえ、再度付与するのには時間がかかる様だ。そのため『無敵の加護』が永続で発動しているスルトには分が悪い。

第一部ではアスクへの侵略をするかたわら、知り合ったロキの頼みで『戦渦の連戦』を引き起こした。
しかし速攻で興味を失ったのか、初回以降ロキだけが戦禍で暗躍しヴェロニカは関与していない。

またロキから自分の主君がいるムスペル国がアスクのある世界へと来られるように手伝ってほしいと頼まれ、目的の材料を手に入れる為に外伝の事件を起こしていた。

第二部では予定通りにやって来たムスペルと同盟を組み、スルトに英雄達を貸してあげる代わりにアスクを滅ぼすのを手伝わせることにする。
しかしスルトはアスクを滅ぼす前にヴェロニカをムスペルに連行する。それもマークスを焼きヴェロニカを痛ぶったうえでだった。
しかもその後、スルトの無敵の加護の源『炎の儀』は供物を消費する事で可能という事実が明らかになり、ヴェロニカの生死が危ぶまれている。


と緊迫している本編とは関係なく、総選挙で2位になったので総選挙ヴェロニカがヴァイス・ブレイヴの仲間入りを果たした。
これはヴェロニカの純粋な人気、というよりかは前回の総選挙で上位キャラが手に入ると分かったためのものである。
ヴェロニカは仲間入りフラグと死亡フラグを同時に立て続けているため、ストーリー上いつ仲間になるかさっぱり分かっていなかったのだ。
この機を逃すと何時になるのか……と危惧したプレイヤーが大半であり、そのおかげで中間で5位になり、その目論見に気付いた人がヴェロニカに票を入れて2位になった。


この総選挙ヴェロニカは本編とは違う異界からきた前述までのヴェロニカとは別人であり、そのためこの世界のアスクにもエンブラにも興味がないのでアスク側についてくれた。
どうやらこのヴェロニカは血の宿命に導かれていないらしいが、ブルーノは宿命を解決するために旅だったようで、彼女は兄を探しているらしい。


性能



出典:ファイアーエムブレム ヒーローズ、任天堂、インテリジェントシステムズ、2017年2月2日配信開始
(C) 2017 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS

通常版は本編時空のヴェロニカ。敵としてでしか出てこない。
緑属性の魔法使い。歩行ユニット。魔道士なのに魔防より守備が高いステータスになっている。

武器スキルは自分から攻撃した時、戦闘後、敵の周囲2マスの敵強化を+を消し-とする『エリヴァーガル』
Bスキルに2ターンに1回、ターン開始時、HPを10回復する『回復3』
Cスキルには自分から攻撃した時、戦闘後、敵の周囲2マスの敵に7ダメージを与える『死の吐息3』


現在プレイヤーが使えるのは異界から来た総選挙ヴェロニカ。
こちらは無属性の杖使いであり、騎馬ユニット。兄とマークスから馬の乗り方を習ったらしい。
ちなみに着ている衣装は兄がモチーフになっている。

武器スキルは『フリズスキャルヴ』
敵は反撃不可。戦闘中に攻撃していれば、戦闘後に敵と、その周囲2マスの敵の攻撃、速さ、守備、魔防-4(敵の次回行動終了まで)
さらに自分と、その周囲2マスの味方の攻撃、速さ、守備、魔防+4(1ターン)
奥義スキルは回復の杖使用時、自分を除く全味方の攻撃、速さ+6になる『業火疾風の祝福+』

Bスキルは杖は他の武器同様のダメージ計算になる『神罰の杖3』
Cスキルに周囲2マス以内の味方は、剣、槍、斧、竜の敵と戦闘時、守備、魔防+4になる『近距離警戒3』


ユニットとしては、同じく『神罰の杖』を持つジェニー同様、杖ユニットではあるが攻撃性能も高いメディック。
専用武器の『フリズスキャルヴ』がとにかく優秀で、味方にバフ、敵にデバフを反撃されずにばら撒ける上に攻撃力も高めと至れり尽くせり。
既存の杖キャラの殆どを過去にしたといっても過言ではない性能で、よほどのこだわりがなければ確定召喚では彼女を選ぶべきと断言されるほど。
しかし、杖ユニットということで『鬼神の一撃』などをスキル継承できないので、より攻撃的にしたい場合のスキル継承の難易度は割と高め。

Cスキルの『近距離警戒』はヴェロニカが初めて持ってきたスキルで、近くの味方に『近距離防御』効果を付与する中々に優秀なスキルだが、
ヴェロニカ当人が杖ユニットなこともあって割と打たれ弱いので、近距離ユニットと足並みを揃えて前に出すのは結構リスキー。
スキル継承で『死の吐息』に付け替え、同スキルの聖印と合わせて敵にデバフと固定ダメージをばら撒くユニットにするエクラが多い。


台詞

★は四コマ漫画の台詞。

  • つまらないの……。
  • いい子ね、あたしの英雄たち……もっとうばって、もっとこわして……じゃまする人はころしていいの。
  • ほら、アーダン。早くきて。シグルドをまもるの。あなたはかたくてつよいけど、ほんとおそい子なんだから……。
  • どうして……いつもまけちゃうの……ずるい……あなたたちばかりずるいわ……。
    英雄に、召喚師に……ゆたかな国に……これいじょうなにがほしいの……あたしには……なんにもないのに……。
  • アスクはころす。でも、民たちには手を出させない。
    アスクをほろぼしたら、この地はエンブラのものになる……民をまもるのが王……でしょう?
  • ねえエクラ。あなたは……だあれ? あなたは、でんしょうのしょうかんし……。
    でも、あたしが思ってたような人とはちがった……思ってたより立派じゃなくて……思ってたより、やさしい……。
    もとの世界では、ずっと、あなたのこと、殺してあげようかと思ってたけど……。
    ねえ。お兄様が見つかったら……いつかあなたが元いた世界をみせて。あたし、あなたのこと、もっと知りたい……。
  • ★……どこ? 見えない(ぴょこぴょこ)。のせて。のせて。



追記・修正しないなんて……つまんない。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/