タンドリーチキン

登録日:2011/12/17(土) 12:40:54
更新日:2020/02/22 Sat 12:41:26
所要時間:約 2 分で読めます





タンドリーチキン、もしくはタンドーリチキンとは、インド発祥の鶏肉料理。
たっぷりとスパイスを聞かせたヨーグルトに鶏肉を漬け込み、大窯で焼いた料理である。

パリパリに焼けた外側はとってもスパイシー、中身は柔らかジューシーで程よくスパイシー(´ρ`)ジュルリ
そのままかぶりついても良いが、カレー鍋に投入してチキンカレーにしても良い。

発祥の地はインドの旧都、オールドデリー。
本場、インドでは、日本で言う唐揚げに近い感覚で食される。
高級レストランから屋台まで、幅広く食べる事が出来る料理である。
ただし、家庭では、そこまで大掛かりな釜を置いてある家が希な事もあり、作られる事は少ない。

ちなみに、日本人がインドのパンとして思い付くナンも、大きな釜が必要な事もあり、家庭で作られることは一般的じゃなかったりする。

日本においては、インド料理店くらいでしか見かけないが、ヨーグルトとスパイス類があれば、わりと簡単に作れたりする。

百均などで買ったスパイスの詰め合わせとヨーグルトを混ぜ、鶏肉を半日から一日漬け込み(ジップロックするのがおすすめ)、
フライパンやオーブンで焼けば完成する。
日本人らしく醤油を垂らしても美味しい。

前述の通り、チキンカレーにしても良い。

しかし、一番のおすすめは、夏のバーベキューである。
前日の夜、ジップロックして漬け込んだタンドリーチキンを、網の上でジュウジュウと焼いて食べるのだ。

チキンをそのまま焼くのとは全く違った美味さだぞ(^q^)

是非お試しください。



追記、修正は、スパイスと鶏肉無しには生きられない方がお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/