スレイプモン

登録日:2011/10/30 (日) 17:07:05
更新日:2018/04/15 Sun 14:18:25
所要時間:約 2 分で読めます




スレイプモンはデジタルモンスターに登場するデジモン。
名前の由来は北欧神話の神獣「スレイプニル」から。


●目次

【データ】

属性:ワクチン種
種族:聖騎士型
世代:究極体
●必殺技:ビフロスト
左手の聖弩「ムスペルヘイム」から灼熱の光の矢を放つ。
●得意技:オーディンズブレス
右手の聖盾「ニフルヘイム」で気候を操り、超低温のブリザードを発生させる。
●得意技:タクティクスメア

【概要】

ロイヤルナイツに属する聖騎士型デジモンだが、獣の姿をした異色的な聖騎士……だったが、後にさらに異形の赤い龍が現れた。
鉄壁の防御力を誇る「レッドデジゾイド」製の鎧を全身に身に纏いながらも、機動力に優れた6本の足を持つ。

その6本足で、大きな体からは想像できないほど超高速で陸海空を駆け抜ける。
その速さに対抗できるのはロイヤルナイツの中でも神速のアルフォースブイドラモンのみという。

任務は、デジタルワールドの北極付近の分厚い氷の地層の中に眠る超古代遺跡の守護。
その古代遺跡には、デジモン創生に関わる重要なプログラムデータが封印されているといわれている。


デジモンセイバーズで活躍したため勘違いしがちだが、旧デジモンカードからクダモン(薬莢有りVer.)系譜共々存在する。
アルティメットカオスモンの素材。

【チィリンモン】

属性:ワクチン種
種族:聖獣型
世代:完全体
●必殺技:疾風天翔剣
●得意技:迅速の心得
●得意技:改心の波動

【レッパモン】

属性:ワクチン種
種族:聖獣型
世代:成熟期
●必殺技:駆駆裂空斬
●得意技:獣牙乱撃
●得意技:真空カマイタチ

【クダモン】

属性:ワクチン種
種族:聖獣型
世代:成熟期
●必殺技:弾丸旋風
●得意技:絶光衝
●得意技:ホーリーショット

管狐型デジモン。
外見は細長い体型で後ろ脚が無く、首に首輪、左耳にイヤリングを付けた狐。金の薬莢に体を巻き付けて離さない体制を取る。
『デジモンセイバーズ』以降では尾に薬莢が填まった姿に改められ、一部では後ろ足のあるタイプも登場する。

【活躍】

デジモンセイバーズ

DATSの隊長である薩摩のパートナーデジモン、クダモン(薬莢無しのセイバーズVer.)として登場。
当初は人間の監視役としてイグドラシルに人間界に送り込まれたが、色々経験して人間側についた。
ロイヤルナイツの人間界侵攻の際は、イグドラシルの下に向かい、騎士達に囲まれたセイバーズを(デュークモンのファイナル・エリシオンを受けるも)救出した。
そして人間界に現れた旧友デュークモンに満身創痍の状態ながら

イグドラシルは絶対ではない

と伝え、海を凍らせて自身とデュークモンを封じた。
その後は体内のデジソウルを全て解放し、氷を解凍した後、クダモンに戻った。

噛ませだったドゥフトモンと違い、クレニアムモンと同様にいい役回りだった。
三体ともメディア初登場なのに…何なのこの差……


デジモンストーリー サイバースルゥース

ロイヤルナイツの一員として登場。CVは平井啓二。
あまりの高速のため、初めて会った際にはそのスピードに翻弄されるばかりで、話を聞いてもらう事すらできない。
アルフォースブイドラモンの力を借りる事でスピードに追い付く事ができ、ようやく会話ができるようになる。
しかし、電脳空間内に流れる人間の悪意の影響を受けて破壊衝動に囚われており、襲い掛かってくる。

主人公とリナに敗北した後、人間の良い部分を見せたいと言うリナの提案に乗り、共に人間世界を巡る事にする。
結果として仲間にはし損ねたが、終盤にデジタルワールドへ向かう際に再登場し協力してくれる。

発売前には主人公たちと敵対するロイヤルナイツとして紹介されたが、
パラダイス・ロスト計画には組しておらず、同様に紹介されたメンバーの中では唯一最後まで生き残った。

ハッカーズメモリーでは引き続きリナと旅している際に主人公とリナの依頼で出会う。
そして食レポの波動の影響を受けることに……


追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/