経験値・キャピタル稼ぎ

EXP稼ぎ

連携稼ぎ

  • 戦艦連携・遊撃連携は共に実行者は「(1+参加者の数*0.1)」倍の経験値を得られるため、最大で戦艦連携なら理論上2.0倍、遊撃連携では1.8倍の経験値を得られる。
    これで多数の敵orネームドを撃墜して稼ぐ。
  • ポイントとしては
    • 機体のレベルが上がってもポイントの割り振りを保留することで獲得経験値を大きく保つ。
    • さすがに8~9ロックの連携では威力が維持できない。実行者にはコミュニケーションや特殊アンテナIIIを積んでPOWを上げ、実行者以外は強力なキャラと機体を揃えたい。
    • キャラクターのレベルを上げたいなら艦長に置いて戦艦連携。指揮値が低いキャラの場合は統制を重ねて育成しておく。
      • 統制は『願いの重力』でレベルは低いが同じく指揮を上げて結果範囲を広げる統率力とまとめて入手できる。
        目的の物を入手してターンを回すだけでも良い面で、回して数揃えるのも比較的容易。
        『サンクキングダム首都防衛』で指揮を210上げる統率力 Lv7 が拾えるので運に任せて派遣を回していればそのうちに数が揃ったりする。
        現状維持付きの超低レベル艦長、パイロットで回さんとする猛者にとって+210はそれ相応の効果。
    • ユニットのレベルを上げたいなら遊撃連携。パイロットに現状維持を育成する。

裏で派遣を回しておく

  • 連携稼ぎが効率的になってゆくと繰り返しているうちに時間が経過するし、時間短縮アイテムが余り始める
  • 単純に裏で余剰メンバーのレベルを上げつつキャピタルや拾い物を稼ぐ場合は派遣して放置する時間と効率との相談で派遣先を決める。
  • パラメータを保留できるユニットと異なり人は成長したら通常戦での経験値獲得量はみるみるうちに減少してゆく。
    派遣による経験値取得、配分にパラメータの強さによる減衰は一切ないため、連携稼ぎ1回でレベルがあがらなくなったら連携稼ぎはレベルの若い者に回して派遣用グループに移動させた方が良いかもしれない。
    • 時間効率重視
      • 最速はいずれかの有料DLCで、時速40000/3≒13333pt。
        人数を絞る場合に比べて若干効率が落ちるが『果てない時代』や『ターンエーの風』はそれなりのユニットで全員地形効果をSに上げて配置すれば比較的早く90%~100%に到達する。
      • 以下、ウィングの派遣育成法に記載の通り。

用途でオプションを付け替える

  • 通常戦闘での経験値はHP・EN・攻撃・防御・機動の差を比較するが、移動や適性、撃破に使用した武器のPOWは不問。
    よって、機体性能を直接向上させる物よりも適性やPOWを強化するOPを中心に装備することで機体の性能を強化しつつ経験値の減衰を抑えることができる。
    • 派遣は派遣先の基本経験値と遂行率・参加人数を参照するため、派遣で育てている機体は性能を上げても問題ない。

CAPITAL稼ぎ

低難易度・高リターンマップ稼ぎ

回転率の良さと副産物重視なら00Fの「イオリア」道場

  • 狭いマップにあまり強くない敵、1隻だけだが鹵獲可能と戦いやすいマップ。
  • 捕獲したオービットフラッグの全解体を含めれば1回で約44000CAP。慣れると1回10分もかからずに周回できる。
    難易度を上げても手間は大差無く、派遣アイテムも稼ぎやすい。
  • 入手アビリティの質・数共に下記のハシュマル道場に劣るが、こちらは少ない手順で素早く狩れるため高難易度のハシュマルと相対するだけの実力が無い時にオススメ。
  • 手順一例:戦艦グループ、遊撃グループ各々1組ずつを準備。
    • 戦艦グループ:実移動力6指揮範囲9の戦艦。5ロック連携で敵を倒しきれる攻撃力。
    • 遊撃グループ:配置2番目と3番目に移動力7・指揮範囲6の機体。配置2番目はヴァージニアをワンパンできる攻撃力か射程7の戦闘力。 配置3番目に移動力7・指揮範囲6の機体。4ロック連携で敵を倒しきれる攻撃力。
    1. 1PP:戦艦グループは進路を塞がない位置に艦載機を展開してから戦艦を前進させて連携でフラッグ5機撃破。
      遊撃2機目は右に7マス移動して遊撃連携でフラッグ4機を倒してチャンスステップを取り、上6右1に移動。
      3番目を右に7マス移動。
    2. 1EP:遊撃2機目がヴァージニアと艦載機から攻撃されるため対応。
    3. 2PP:遊撃2番目がヴァージニアを撃墜してイベント。
      2番目はフラッグを捕獲。3番目を下に移動させてSECRET3機に遊撃連携。
      戦艦グループはSECRET3機に戦艦連携。
    4. 2EP:敵は全て左に直進。
    5. 3PP:ジンクスを連携で倒して終了。

1プレイの撃墜数と経験値を重視するなら「宇宙に降る星」道場

  • 総勢81機のジンが出現するため長期戦は必至だがネームド5人・SECRET2機とアビリティホルダーも比較的多い。
  • イベント発生後はヴェサリウスとイザークを撃破し、南に出現する戦艦から艦載機を引き摺りだして倒し、ジン・ハイマニューバ2機とジン4機を捕獲(連合の艦が残っているなら彼等も捕獲に回せる)

戦力が揃っているなら「ELS来襲」「来るべき対話」道場

  • ジン道場で満足できないorユニットの継戦力に余裕があるなら。とにかく1方向にひたすら進軍し続ける構成なので戦力を分散させる必要が無く、気楽。
  • 反面捕獲による開発の素材入手・アビリティホルダーの数は劣る。

ウイングガンダム(EW版)解体

ウイングガンダム(EW版)を育成し、レベル7まで上げたらウイングガンダムゼロ(EW版)に開発→解体、を繰り返す。
1機につき37300の利益が出るが、効率よくこなす環境作りに大分手間がかかる。

  • ウイングガンダム(EW版)の早期登録法
    1.ウイングガンダム、あるいはウイングガンダムゼロ(EW版)をGETゲージで登録する。
    2.マグアナックからサンドロックを作り、シェンロン→ウイングと開発する。
    3.ストライクフリーダムとフェニックス・ゼロを設計してウイングゼロを登録する。
    • ストライクフリーダムはフェニックス・ゼロから開発できるOガンダムと、アストレイ系MSで設計できるスターゲイザーから開発できる。
    • スターゲイザー→ストライクフリーダムも効率は落ちるが金策として使える。

派遣育成法

  • 非DLC環境
    「対仮想部隊教導訓練」を遊撃6機or「カグヤ上空制空権維持」を遊撃7機編成で2回回す。
  • DLC環境
    「大幅レベルアップ!経験値GET」を遊撃6機で2回回す。
  • DLC環境かつ高レベルパイロット所持
    3時間:EXP40000の物をクルー4人・9機編成で3回回す。
    効率一覧 単位は所要時間に対する開発機数 遂行率は100%前提
    7時間 9時間 10時間 11時間 14時間 18時間 20時間 21時間 22時間 27時間 28時間 30時間 33時間
    対仮想部隊 - - 6 - - - 12 - - - - 18 -
    カグヤ - - - 7 - - - - 14 - - - 21
    大幅レベル 6 - - - 12 - - 18 - - 24 - -
    コラボDLC - 9 - - - 18 - - - 27 - - -
    • 対仮想部隊と大幅レベルアップはパイロットのレベルが低くても安定する容易さ、カグヤは副産物狙い、コラボDLCは時間効率(≒派遣アイテムの要求数)に優れる

戦艦連携育成法

  • 稼ぎを効率化するにはキャリー・ベースよりも性能の高い艦が欲しい。
    頭金こそ高くつくが、性能と生産条件達成の容易さを両立する物の代表格が劇場版001話で入手できるプトレマイオス2改。
    ゲストのガンダムたちを活用して立ち回れば比較的楽。
    • 次点としてはエターナルも宇宙適性A移動7かつ高攻撃力。ただしこちらは生産条件がかなり遠め。
    • COSTが安く初期生産可能な中ではヴォルガも移動は6ながら攻撃力と艦のサイズは及第点。
  • クルーの準備
    • 戦艦連携を有効活用するためにはエリアの広さが最重要。
      艦長はプトレマイオス2改と同時登録されるスメラギ(劇場版)が指揮値も高くて確実。
      それに加えてアビリティ「統制」を育成する。G-UNIT2話や鉄血1話が狙い目。 できればレベル違いの物を複数習得させ、範囲を大きく広げたい。
  • より効率を求めるのであれば
    • 艦長にリーダーシップを育成する。
    • 艦長以外にもクルーの質を上げる。
      単純な能力以外にもアタックバーストγ系とハイスピード系持ちがそれぞれ欲しい。命中が不安ならロックオン系も追加
    • OPのリミッター解除ユニットと特殊アンテナを付ける
    • 1シナリオで獲得経験値に端数が出るようなら、2隻編成で挑んで18機同時育成する。
      など。
      威力が足りない内はスキルを使ったりロック数を減らすなどして調節しよう。
      攻撃力が十分なら一部クルーを入れ替えることでキャラのレベル上げも平行可能。
  • 最効率稼ぎ手順。対象は仇の名はガンダムのEXTRA。
    • 戦艦はプトレマイオス2改。OPやアビリティで移動力を+2させる。
    • グループエリア16(指揮値901以上+アビリティで+5)、ゲストの魅力999。
      攻撃力はスキル込みでジルダ(HP13000)を含む敵を6ロック連携で倒せるのを目安にする。
      • 若干手間取っていいなら2PP目を移動のみで済ませ、3PPで連携を仕掛けてもよい。これなら艦長の指揮範囲が12程度から開始可能。
    • ウイングガンダムに乗るキャラは全員Lv1・現状維持を取得させる。
    • 操作手順
    1. ユニットを全て出撃させ、戦艦を9マス下に移動。ハクリ・ロディ(ユハナ機)を先に選択して8ロック連携で撃破。
    2. 増援が登場するのでターンエンド
    3. 次ターンに下に最大限移動し、増援の6機を戦艦連携で撃破する
    • これ1回でLv7まで上がるため、ウイングガンダムゼロ(EW版)が9機開発できる。
      所要時間は一周4、5分ほど。

アビリティ稼ぎ

ハシュマル道場

  • 理論上1PPでクリア可能かつ、SECRETのホルダーが6機登場する目覚めし厄祭を巡回する。
    難易度を切り替えて挑めば最終ステージ以外で出る可能性のあるアビリティはここだけで稼ぎ可能。
    非常に高速で巡回できるため派遣アイテムも大量に手に入る。
  • 戦艦1ロック連携でハシュマルを直接攻撃する場合は3*4の艦で移動力と指揮範囲の合計が20必要。
  • 遊撃で討伐する役は2番目に配置すると近くて捗り、SFSに乗せておけばチャンスステップを踏む必要も無い。
  • SECRETのプルーマ撃墜と後半ハシュマルの同時撃墜ができるのは戦艦グループのみ。艦載機をひたすら送り出して削り、最後にまとめて撃墜を狙う。
    削りの際はMAP兵器が有効なので網をかぶせてしまえば敵は反撃できず、安全に削れる。
  • 操作一例
    • 戦艦、遊撃各々1グループずつ用意。
      • 戦艦グループは移動力と指揮範囲の合計が13以上。ハシュマルを撃墜寸前まで削れる物理or特殊武装持ちを含む最低7機。
      • 遊撃グループは連携で倒す場合で指揮範囲2~3程度で十分。遊撃2番目に何かしらの手段でHP25000のハシュマルを一撃で倒せる機体+SFSを配置。
      • 遊撃5番目or戦艦にティエレン宇宙型orメリクリウス・シュイヴァン+SFSを配置。(反撃で即死する場合の保険+反撃演出の省略によるテンポ向上)
    1. 遊撃2番目が前進。降機して更に前進しハシュマルをワンパン撃破。
    2. イベント突入。ハシュマルに網をかける。
    3. 戦艦から機体を出撃させてハシュマルを削る。
    4. 7ロックで撃墜可能な所まで削ったら発進のみ行い、最後に戦艦を下に移動させて連携で終了。
    • また、パイロット向けの目当てのアビリティが出たなら戦艦連携での撃墜にこだわらず該当パイロットで直接倒しに行くと育成費用の分安く浮かせることが可能。