日高

ひだか

日本国海上自衛隊こんごう」艦長
グラ・バルカス帝国との戦いにおいて、レイフォル海上封鎖を目的として海上自衛隊第1護衛隊群の一員として第二文明圏に派遣される。
ムー大陸北側沖合にて神聖ミリシアル帝国混成魔導艦隊デス・バールと合流。
途中発見したグラ・バルカス帝国海軍中央第2艦隊を、第1潜水隊群で攻撃し手痛い打撃を与えたが、そこにミ帝艦隊司令から、「単艦による攻撃を行いたいから手は出さないでほしい」と言う要望が発せられる。かなり戸惑いながらも了承しつつ、観測用に「こんごう」がデス・バール旗艦「コスモ」の後方を進むことになった。
「コスモ」の誘導魔光弾を観測しつつ、砲兵長と考察する。
高すぎる破壊力から、仮想敵であろう古の魔法帝国の強大さを認識して気を引き締め直すこととなる。

ラルス・フィルマイナへの艦砲射撃においては、ミ帝の魔導砲の見た目の派手さからその重要性を認識しつつ、「いずも」からの指令でグラ・バルカス帝国リーテ潜水艦隊12隻と対峙。
技術アドバンテージの大差に苦笑いしつつ、先制撃を放ち2隻を沈める。
逃げる様子を見せた敵軍だが、ここで逃がすと友軍や民間船が狙われると思い、申し訳ないと思いつつも全艦撃沈を指示。これを全滅させる。
関連項目
人物海原千月

※既存のコメントに返信する場合、返信したいコメントの左側にチェックを入れて下さい。
過去のコメント

ここを編集
〔最終更新日:2021年12月02日〕
最終更新:2021年12月02日 20:50