カイオス

かいおす

パーパルディア皇国第3外務局局長。
その立場故に周囲をよく見ており、属領と属国の疲弊や統治機構の腐敗など国の問題に以前から頭を抱えていた。
皇国内で最初に「日本の真の力」に気付き、パーパルディアから引き上げる直前の朝田たちと独断で接触。日本政府との独自の交渉チャンネルを得、結果として祖国を滅亡から救うことになる。

最初に日本との外交を担当。監査軍を破った日本への警戒心と実態の見極め、そして個人的な思惑もあって慎重な対応をしていたが、それが皇族から"弱腰外交"と見られ、レミールの音頭で外交権を第1外務局へと移管させられる。
カイオスは警告を発するも、それを無視して皇国は日本との戦争に踏み切ってしまい、彼は周囲から嘲りを受ける羽目になるが、いざ戦争が始まると皇国軍が全ての戦闘で一方的な惨敗を繰り返す事態となり、結果、カイオスが正しかったことが最悪の形で証明されてしまう。

エストシラント沖大海戦直後の御前会議では、日本側が「日本人虐殺事件の首謀者の引き渡し、謝罪、損害賠償」を要求していることを確認した上で、主犯であるレミールに直接質問を投げかけるなど、停戦を模索。しかし、皇帝と軍部の戦意が衰えなかったため、彼の権限では停戦に寄与することはできなかった*1
そのまま、デュロ工業地帯および陸軍基地の壊滅と、属領の一斉反乱により、皇国の支配体制は瓦解。

皇国が滅亡寸前まで追い詰められた時、日本政府と密約の上クーデターを起こし*2、行政大会議場を制圧、皇帝ルディアスを幽閉。権力を掌握した上で、日本と講和(実質的には条件付き降伏)を結んだ。
属領の反乱軍リーム王国も日本からの停戦の呼びかけに応じたため、滅亡寸前だった祖国の存続に成功する。

戦後は事実上の国家元首*3。日本側からの中々に狡猾な要求や珍妙な依頼に四苦八苦しながらも、堅実に皇国を運営している。
グラ・バルカス帝国編では、再編されたデュロに攻撃を仕掛けたリーム王国への報復を指示したり、クルセイリース大聖王国編では世界からの信頼を取り戻すために艦隊を派遣するなど、その手腕により要所要所で活躍しているようで、世界からも生まれ変わったと認識されつつある。

私心無く客観的に皇国の現状を見続けた憂国の士*4であり、当初は日本を使って、権力争いを起こそうと考えていたのは、属領・属国の疲弊を度外視した国の急成長により、現状維持のままでは国が傾くと確信していたが故*5である。そのため日本との接触以前から同志を募って密かに改革派を組織しており、上記の権力争いを利用して皇国の改革を計画していたのが、クーデターをスムーズに進めることができた要因の一つだと思われる。

また、戦略の見極めも優れており、デュロ壊滅直前の御前会議でアルデが提出した軍再建案の不備を即座に看破*6している。更に『日本がエストシラント空爆で都市部への攻撃を意図的に避けたのは、一般人に犠牲を出すことを本気で嫌がっているからだ』と、察していた節もある。ゆえにカイオスにとっての最大懸念は属領の一斉蜂起だったのだが、こちらは他の皇国上層部は、誰一人気付くことが無かった*7

なお、日本政府との交渉チャンネルを得て以降は無線機とそれ用の発電機を贈呈されており、少なくとも国の頂点に立つまではそれで随時連絡を取っていたのだが、使い慣れない仕様のせいか御茶目な失敗*8をしたこともあった。

ちなみに元々は第1外務局の課長の職責にあり、彼が次期局長になると思われていたが、ルディアスの判断で当時課長補佐だったエルトが選ばれた経緯がある。その後権力闘争に負けて第三外務局に左遷されて局長になったとコミカライズ版で書かれている。
カイオス自身は「エルトの外交手腕は自分より上」と認めていたため、人選に不満はなかったようだが、第1外務局長の座そのものには未練を残していた模様*9

書籍版第3巻の挿絵にも登場。口ひげを整えた壮年~初老の男性として描かれている。
コミカライズ版でも、トーパ大使との会談で食事をしながら登場。まだ余裕がある時なのか、書籍版よりも若く見える。

原作や書籍版と比べると穏健な思想の持ち主というのが強調されており、部下に怒鳴りながらフェン懲罰を指示したのが別の人物に変更された。*10また私欲に囚われない憂国の士としての側面も強調されており、朝田たちとの会談終了後に日本を権力闘争で利用しようと考える描写がカットされ、上記の朝田とのやり取りやルディアスとレミールのやり方を好ましく思わない描写が追加されている。

日本の技術に触れる経緯がさらに詳しくなっており、シオスの貿易商から手に入れたことになっている*11
それと、どうやらカイオス邸に設置された無線機は電話でおなじみの送受話器分離型となっており、PTT方式ではない模様*12
関連項目
人物パーパルディア皇国

※既存のコメントに返信する場合、返信したいコメントの左側にチェックを入れて下さい。
過去のコメント
  • 73か国や日本などから絞られまっくって精神的に逝かれてそう -- AGM-88 (2017-12-19 01:37:12)
  • エルトがそこらへん担当してるし73カ国と関係修復するから大丈夫 -- 名無しさん (2017-12-19 01:45:52)
  • https://twitter.com/jp_summons/status/933631451408474113 公式によるカイオスがクーデター前に日本をダシに権力争いをしようとした理由 -- 名無しさん (2017-12-19 10:06:25)
  • 無線機の失敗は誰でもやりかねないので笑って見逃してあげましょう。 -- 名無しさん (2017-12-22 08:51:02)
  • 俺らのレミールやパ皇1のカス野郎ことカストに比べれば、カイオスはまだマトモだと思うのは俺だけ?あと、通信機でお茶目な失敗するところはマンガでどのように描かれるんだろうね。 -- ドリフ提督 (2018-03-06 15:00:16)
    • 自分としては異世界でもかなりまとも、いや有能な部類の人物だと思っております - 名無しさん (2018-04-06 15:07:33)
    • もしカイオス(または同等のまともなキャラ)がいなければ、パ皇は地図上から消滅していたと思う - 名無しさん (2018-04-30 10:55:23)
      • 地図上から消えるだけならまだマシ、一歩間違えれば史実でのカムロドゥヌムやロンディニウム、ウェルラミウムだ。それもパーパルディア本国全土で。 - 名無しさん (2018-04-30 11:40:53)
        • 皇帝周辺は徹底抗戦派な上、北から連合とおまけが押し寄せてきてたから無線機貰っていなかったら詰んでいたな - 名無しさん (2018-04-30 11:48:33)
          • おまけ扱いにされてるリームに吹いた - 名無しさん (2018-04-30 13:30:45)
        • パーパルディア人は皆殺しにされ、都市は破壊され、パーパルディア皇国そのものが土に帰っていただろう。そういう意味か? - 名無しさん (2018-04-30 13:14:04)
      • 本国の北半分は属領連合軍に占領され、南半分は日本に占領されてパーパルディア共和国になり、「皇国」の名称はなくなったと思う。 - 名無しさん (2018-04-30 15:17:47)
    • 見開きで顔芸・・・かな? - 名無しさん (2018-09-15 19:48:28)
      • 『ジョジョに絶望なカイオス』かな? - 名無しさん (2019-03-05 18:50:00)
  • 書籍版第3巻83頁の挿絵に登場しているようだが、これよく見るとアルデじゃない?頭抱えているし、見ているのは本ではなく資料のようだし、服の肩の装飾は軍人のようだし。 - 名無しさん (2018-04-30 15:24:44)
    • いや、商人から勝った日本国内の兵器比較本を読んで真っ青になった場面だから、多分カイオスだと思う。 - 名無しさん (2018-09-06 21:17:46)
  • 「属領の一斉蜂起を待っている可能性に、唯一気づいていた」。これ、書籍版のどこに記述があったかな? - 名無しさん (2018-10-18 20:04:51)
    • エストシラント海戦直後の御前会議最後の方でカイオスが属領の一斉蜂起を懸念しつつ、「日本の上陸を許したら終わりだが、それは日本が本気で占領しに掛かる合図に他ならない。なぜ日本が爆撃で基地だけ破壊して皇国民を殺さなかったのか、そこまでに考えが至らない上層部に苛立つ」の表現の部分かな? 自衛隊的に双方犠牲が出るから上陸を嫌がっているだけだと思うけど、カイオスからしてみれば日本が自軍上陸を避けつつ皇国を崩壊させる手段として属領蜂起のために軍事力を削っていると推察したといった感じでしょうか? 明言はないけど - 名無しさん (2018-10-18 21:10:42)
  • 一部修正しました。カイオスは日本が一斉蜂起を待っているのではなく、軍部のみを明確に標的にしている。すなわち、一般人への被害を嫌がっている or 少なくとも皇国を積極的に滅ぼすつもりがない。 = 要求を飲めばすぐに停戦に応じる可能性が高い。と考えている様な感じがしました。むしろ属領蜂起は講和せずにこれ以上日本と戦闘して国力をすり減らされると破滅すると考えている様な印象だと思いました。違うと思われた方は修正をお願いします - 名無しさん (2019-01-07 18:18:33)
  • 世界大戦後のドイツすら霞むような周辺諸国からの憎悪の中、日本と一部の旧属領からの支援でどうにかこうにか食いつながねばならない国の舵取りとか、凄まじい重圧だよなこいつも… - 名無しさん (2019-09-17 21:14:43)
  • 久しぶりに登場のカイオスさん、激おこプンプン丸状態で再登場。 - 名無しさん (2020-06-23 20:16:00)
    • まあ、あれは怒るよな。というか怒らないのは国家主導者(実質)として駄目だし。しかし怒りながらも日本の性質を理解した上で行動しているのは優秀な証左ですね。 - 読歩人 (2020-06-27 19:47:44)
      • 裏でリームの軍事施設だけを破壊しろと厳命してるかもしれんな。 - 名無しさん (2020-10-08 20:52:40)
  • 日本「ちなみにリーム在住の日本人は一緒に攻撃してないよね?」カイオス「あ」 - 名無しさん (2020-12-04 12:22:31)
    • 事前の状況を考えて欲しい。リームにいた日本人は全員とっくに逃げ出しているよ。 - 名無しさん (2020-12-04 12:55:45)
      • 資産凍結の際、個人所有の資産まで凍結したらしいから、日本人はリームでやっていけなくなる - 名無しさん (2020-12-18 00:19:59)
      • 日本人だけ国外退去見送りって書籍になかったっけ? - 名無しさん (2020-12-18 23:55:55)
        • まだ書籍はそこまで行ってない - 名無しさん (2021-07-04 09:40:58)
    • そもそもリームが裏切った時点でグ帝が駐屯地作る事ぐらい予測できるだろうし、早々にみんな出ていくでしょう。 - 名無しさん (2021-06-04 08:55:22)
  • しかし傲慢なパ皇の政治家にしては一貫して私利私欲で動いてない男だな。たいしたもんだ。 - 名無しさん (2021-04-24 16:34:11)
  • 日本に近い軍事技術を持ったグ帝の人間の日本の軍事力への認識を考えると、兵器の概念も異なるパ皇のカイオスが書物を見ただけで日本の軍事力を正確に把握したのは凄いと思う。 - 名無しさん (2021-07-04 15:56:34)
  • まだ強気だったころのカイオスさんが再び漫画に登場 - 名無しさん (2021-08-01 02:43:36)
  • 彼の屋敷は海に面してるってあったけど、どうやってパ皇の哨戒網を気づかれずに突破したんだろう - 名無しさん (2021-09-01 02:32:21)
    • 潜水艦使ったんじゃないかな? - 名無しさん (2021-11-20 22:43:16)
    • カイオスさんが自分と懇意にしている軍人や商人に船を用意させた可能性もある。「監査軍の指揮権を持つ」「自分の息がかかった近衛兵がいる」「独自に日本の書籍を手に入れる伝手がある」立場だしそれくらいは出来そう。 - 名無しさん (2022-01-26 23:05:26)
      • あちこちにシンパや協力者多いし手駒にジーミ王国の隠密抱えてるし人心掌握術半端ない人間だな。外交手腕でエルトに水を空けられていたのは穏健派だったからかもしれない。 - 名無しさん (2022-08-13 20:46:34)
  • コミカライズ更新。まさかのカラーページ。以前登場した時より美形になっとる。 - 名無しさん (2021-10-13 11:55:15)
  • ブログ最新話でまたカイオスの有能さが発揮された。 - 名無しさん (2022-05-23 01:46:41)
  • この人珍しくまともな皇国人ですね - 名無しさん (2023-02-18 22:06:46)
  • カイオス酒場何杯ラジオ聞くと飲んだお酒仕事モード入る - 名無しさん (2023-06-18 19:02:58)

ここを編集
〔最終更新日:2024年02月05日〕
+ タグ編集
  • タグ:
  • 登場人物
  • パーパルディア皇国

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年02月05日 21:05

*1 皇帝が停戦の意思を見せていないのと、軍部がある程度健在な状態でクーデターを起こしても、国民の支持が得られないことが原因。

*2 失敗に終われば本人どころか一族郎党に至るまで処刑される可能性もあったため、並々ならぬ覚悟があったようだ

*3 クーデター直後は暫定国家元首。のちに首相へと収まった。

*4 彼の祖国への想いは皇族よりも、国家や国民に向けられている様で、日本に追い詰められる中で「奴等(ルディアスとレミール)が日本に行けば皇国民の犠牲が少なくなるのに」と不満を漏らす場面がある。

*5 コミカライズ版では朝田に「なぜ命をかけてまで国を救おうとするのか」と問われた際、嘲りや罵りに耐え、髭を剃る暇も無いほど国益のために奔走する朝田自身を引き合いに出し「外交官の性(さが)」であると朝田に言わしめた。

*6 日本側の出方に関する推測や対応が一切ない再建案だったため。他の出席者は自信を取り戻したような表情をしており、全く問題に気づいていなかった。カイオス曰く「現実から目を背けた馬鹿が雁首を並べている」

*7 ルディアスやアルデ達は、対日戦の失策も含めカイオスの能力を軽んじた事を大いに後悔しており、後に日本へ連行され東京の発展度を目にしたレミールは、日本へ使節団の派遣を検討していた彼に先見の明があった事を屈辱を感じながらも認め、悔やんでいる。

*8 プレストーク式の無線機は、ボタンから手を離さなくては向こうの話は聞けないのです。

*9 第1外務局長室に入る前に「何度見ても嫌になる」「本来、自分が使うはずだった部屋の扉」という独白がある

*10 この人物が誰かは不明で、当初は彼がカイオスだと思う読者も一定数いた。コミカライズ版では朝田たちと会談した人数が五人から三人に減っており、原作でカイオスと共にいた四人の内の誰かである可能性がある。

*11 ついでにこの時、シオス貿易商の推薦品として「薄い本」(ケモミミ少女系の同人誌)も勧められたが、顔を赤らめつつも流石にこれは断っている。

*12 お互いの送受信に用いる物理もしくはデジタル通信での論理チャンネルを分けておき、どちらも常に送信できる「全二重方式」。