イモラ


円谷プロの特撮作品『快獣ブースカ』に登場する怪獣
『ブースカ』は宇宙人や超常的存在がそれなりに登場する特撮ホームコメディだが、
同作に登場する巨大怪獣はこのイモラが唯一である。名前の由来は「芋虫」から。
プロットではまんま芋虫の怪獣の予定だったらしいが、屯田大作役の宮本智弘氏が『ウルトラマン』第25話に出演したことで、
その返礼の意味も込めて『マン』に登場したバニラのスーツを改造したデザインが採用されたらしい。

箱根に旅行に出掛けたブースカや子供達が地獄谷で見つけた卵が温泉の熱で孵化して誕生した怪獣で、
正面のツノを点滅させる特徴がある。
光線などの特殊能力は使用しなかったが、貨物列車やコンビナートを軽々と破壊するほどの怪力に加えて、
風船爆弾を喰らっても全く効かずにケロっとしているほどの頑強さを持つ。
しかも上記のように生まれたてのため、成長した場合さらに驚異的存在となった可能性もある。

コンビナート地帯で暴れ回ったが、最終的にブースカにより口の中にダイナマイトを投げ込まれ、
内側からの爆発で倒されて、魂は安らかに昇天して行った。


MUGENにおけるイモラ

カーベィ氏の製作したキャラが公開中。
残阳伏羲氏から提供されたバニラのスプライトを改変して作られたキャラで、改変は禁止とのこと。
基本攻撃も火炎を吐いたりと元ネタと共通した技が搭載されているが、
超必殺技に原作で見せた岩を投げる攻撃があるなど、差別化はされている。
AIもデフォルトで搭載されている。
参考動画

出場大会

  • 「[大会] [イモラ]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2022年07月04日 00:55