ときめきメモリアル大辞典

館林 見晴

最終更新:

tokimeki_dictionary

- view
だれでも歓迎! 編集

Miharu Tatebayashi
館林 見晴【たてばやし みはる】

ときめきメモリアル』に登場するキャラクターの一人で、隠し攻略キャラ(隠れキャラ)の一人。

プロフィール

誕生日 1979年3月3日 趣味 主人公を見つめること
星座 魚座 所属部 無所属
血液型 A型 進路 主人公と同じ
身長 153cm 一流大学[1]
3サイズ B81 W58 H82cm (1年目) 電話番号 □□△-××□△
B82 W58 H82cm (2年目) テーマ曲 恋、おやすみなさい
B82 W58 H83cm (3年目) 声優 菊池志穂

概要

入学式の日に主人公に一目惚れして以後、主人公の事を影から見つめてきた女の子。
見つめるだけでは物足りなくなったらしく、たびたび主人公に偶然を装ってぶつかってきたり、間違い電話を掛けてくる。
また彼女の髪型は「コアラの髪型」と言われている。

ときメモにおける元祖隠れキャラと言っても過言ではないだろう(正体が判明するまでは「謎の女」表記)。
期末テストの結果発表や間違い電話と偽った留守番電話で名前が確認できるものの、本人の口から名前が聞けるのはエンディングの時のみ。
また1回通しでプレイすればまず出現するのに、こちらが会いたいと思う時に限ってなかなか登場しないなどなど
隠れキャラらしく他のキャラに比べて出番が少ないことも余計に健気さを際立たせているように思われる。

しかし、主人公は廊下でのぶつかり、留守電共に嫌気がさしているような発言もあり、
留守電などはもし着信拒否をされたら彼女はどうしたのか、気になるところでもある。

他にも体育祭の時には密かに主人公を応援していたり、遊園地でのデートの際には巨大な殺人コアラ像の陰に潜んでいたりもするが、
遊園地での服装は真冬でもタンクトップ一枚だったりする。寒くないんだろうか?
密かに『DSV』でも遊園地で主人公を遠くから見ていたりする。わざわざ隣町の遊園地まで出張ってきてくれるその姿勢は嬉しいやら怖いやら複雑なところ。

主人公に対するアプローチの方法を見る限り頭が良さそうには見えないのだが、そんなイメージとは裏腹に
学業成績は相当優秀であり期末テストでは如月未緒紐緒結奈より上位に入る事も多い。
ほぼ伊集院レイと同レベルの学力の持ち主である。
主人公に告白した場合、同じ進路に進む事ができる(クラブマスターの場合は一流大学に進学する)ため、学力の高さは頷ける物があるのだが。

また、ゲーム本編では「内気で主人公を一途に想っている」という部分くらいしか見えなかったが、
ドラマCDやドラマシリーズなどの関連作品で彼女の様々な部分が見え(友達との関係や明るい性格など)、そこで尚更好きになった人は多いだろう。
そして彼女に唯一用意されたスチルイベントが「222イベント」といわれる「最初で最後のデート」で、その演出で更に高まっているのではないだろうか。
しかしこの「222イベント」、元祖のPCエンジン版には存在しないので、PS版他から入った方でPCエンジン版をやりたいと思う人は要注意。

文化祭弁論大会ではプレイの進行によって彼女が弁士として登場する。
もしかしたら文芸部所属の可能性もあるが、持ち前の妙な行動力で乱入しただけかもしれない。
ときめきの放課後』の文化祭では他のクラスの模擬店(喫茶店)でウェイトレスをしている。
彼女曰く「他のクラスの友達に頼まれた」との事なので、他のクラスにも友達がいることが見て取れる。

ほとんどのプレイヤーが、狙って攻略した訳ではなく初心者のうちにクリアしてしまったのではないだろうか。
そうでなくても初心者にとっての救済キャラとしての側面があるため、
ゲームの攻略のこつを分からぬまま爆弾を爆発させてしまい、伝説の樹の下で待っていた彼女に救われた、というプレイヤーも多いだろう。

ときめきメモリアル対戦ぱずるだま』では、通常のラスボス藤崎詩織だが、
詩織をプレイヤーキャラとした場合のみ、最終戦で「詩織勝負!」の声とともに全身をコアラのぬいぐるみで覆った謎のキャラと戦うことになる。
しかし、声で正体はバレバレとしか言いようがない。
ちなみにコアラ(館林)と早乙女好雄伊集院レイの3人はプレイヤーキャラとしても使うことができるが、機種によっては対人対戦のみとなる。

人気の高さからか、ドラマシリーズ最終作の『旅立ちの詩』ではサブヒロインとして登場。シリーズを通してのメインヒロイン詩織と同列に扱われている。
美樹原愛と同じクラス(3年J組)でもある。公式イラストの1枚には2人のツーショットのものも存在する。

『2』のサブストーリーズ最終作の『Memories Ringing On』にも詩織とともにゲスト出演している。

館林を演じた菊池志穂さんは1996年12月13日(『1』の約2年後)に発売された『トゥルー・ラブストーリー』(アスキー)に
メインヒロイン・桂木綾音役で出演しているが、彼女は完璧超人でありながら主人公に一目惚れしており、
出会いイベントの中に主人公とぶつかるというものがあるというある意味パロディキャラともいえる。

脚注

  1. ^主人公がクラブマスター進路の場合

関連項目