ときめきメモリアル大辞典

一流大学

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
Ichinagare university
一流大学【いちながれだいがく】

ときメモ世界で難関と言われる大学。
読みは「いちながれだいがく」だが、『1』での進路相談で先生は「いちりゅうだいがく」と言っている。

この進路になるのは

この進路になる可能性があるのは

また、麻生華澄はここの卒業生でありパトリシアを除く『1』の面々とは同級生という事になる。
同級生としては『3』と『GS1』の面々や『4』の皐月と『GS3』の玉緒もそれにあたる。
ただしエンディングや関連書籍などで学部が明らかになっているのは、『2』のメンバーと農学部進学が明らかになっている守村だけである。
(有沢は弁護士、蒼樹は外交官志望なのでおそらく法学部であろう)

なお『GS1st』の天童壬と『GS3』の桜井琉夏は高校卒業後に一流大学を目指すことになるため、この2人の進路は「浪人」となる。

葉月が「自分の家から近いから」という理由で進学しているので、大学の所在地ははばたき市近郊と思われる。
ちなみにこの理由は、葉月役の緑川光氏がかつて演じていた流川楓(『SLUM DUNK』のキャラ)の「湘北高校」への進学理由「近いから」が元ネタである。

主人公がここに合格するためにはパラメータをかなり高くしないといけない(詳しくは進路にて)のだが、
『3』のみ試験会場で誰かと会ってしまうイベントが発生すると、どんなにパラメータが高くても不合格になってしまう。
また、『GS2』と『GS3』で生徒会のクラブマスターになると推薦で入学できる。
芸術の点数が低い小野田はおそらく推薦入学であろう)

『1』においてはついつい現実と照らし合わせて目指したくなってしまう進路ではあるのだが、
そのためには学力関係が平均的に高いパラメータを維持していないと難しいため、
攻略上クラブマスターを目指しにくく同じ進路に進むにはここにするしかない詩織以外を攻略する時はクラブマスターを目指した方が賢明。
さもないと伝説の樹の下であの子が割り込み告白に来る事も…。

早乙女優美は主人公の1学年下なので進路は「まだ決めていない」だが、
彼女を攻略して主人公の進路がここの場合はクリア時に「来年俺と同じ大学に入るために猛勉強している」といった内容のテロップが表示される。
しかしとほぼ同じ学力だというから相当頑張らないと実現しないだろう。

『2』と『3』は進路固定ではないが、

『2』ではイベントで試験結果が2位になれば比較的簡単に進められる水無月琴子以外をここに進学させる事は容易なことではない。
特に理系の成績が壊滅的である美帆を進学させるのは誘導を駆使しても困難を極めるだろう。
琴子に関してはイベント前の期末テストでも主人公が1位を取らなくてはいけないため、少々条件が厳しいところではある。
その一方で、主人公が華澄を攻略してクリアした時の進路は大抵ここにすると思われるが、誘導したわけでもないのに光の進路もここになることがある。
光のときめき易さと『2』には思考ロジックが内蔵されていることを考えればゲームシステム的な因果関係は分かるが、
エンディング曲を聴きながら他キャラの進路を見始めた矢先に「光の進路:一流大学」を見た時にはおそらく
「大学生になっても爆弾処理に追われる日々」を想像して複雑な心境になるかもしれない。
確率的には極めて低く誘導なしではなかなか見る機会がないと思われるが、人数を少なめに抑えていて2年生終了時までの平日は部活と休養を繰り返していたとしても
3年目に入ってから文系や理系コマンドを多めにしていたりすると、この事態に至ることが稀にある。

『3』ではここに進学できうるキャラの総進路数が最小で12個・最大で18個もあり、しかもどこに進むのかは完全ランダムであるため『2』以上に厳しいだろう。

長年ときメモ最難関の大学であったが、『4』でその地位は超一流大学に取って代わられてしまった。

関連項目