陽泉高校

登録日:2012/03/16(金) 16:18:13
更新日:2018/08/15 Wed 19:30:56
所要時間:約 4 分で読めます




陽泉高校とは、『黒子のバスケ』に登場する秋田の強豪校である。


●経歴
IHでは3位。紫原は赤司に「出るな」と言われたらしく、氷室はこの大会時期にストリートで練習中だった。
桐皇に対して準優勝を許すが、実際この2校がやり合ったらどうなるか気になるところだ
準決勝で桐皇に負けたのか洛山に負けたのかは不明。

WCではシードとして組まれたため、試合数は誠凛より1回少ない3回。


●特色
桐皇とは対極の超DFチーム(そう言えば正邦も)。
2m超の選手達が得点の要であるシュートやリバウンドを根絶やしにする。なので「絶対防御(イージスの楯)」と呼ばれる。厨二とか言わない。
紫原の加入からはその守備力にも磨きがかかり、なんと、WC2回戦3回戦ともに無失点と驚異的なスコアで勝ち進んできた。  
バスケで最も重要視される体格を高い水準で揃え、キセキの世代のセンター紫原、キセキに迫る実力を持つシューター氷室を有する優勝候補の一角といえる。


●メンバー

  • 岡村建一
3年生主将。200cm/95kg/パワーフォワード/4番。

モテたくてバスケを始めたらしく、氷室を羨ましく思っている。一人称は「ワシ」。口癖は「んじゃま、○○しようかい」。チームのフレンドリー担当。
しょっちゅう部員や監督からいじられるが、ここぞと言う時はキャプテンシーを発揮できる頼れる主将。
好きな食べ物はプリンで1kg食べられるくらい大好き。オフにはスイーツめぐりしているとか。


  • 福井健介
3年生副主将。176cm/67kg/ポイントガード/5番。

岡村イジリ担当で、後述の劉と共に「アゴ」とか「モミアゲ」とか呼ぶ。曲者揃いの陽泉で一番普通とか言わない。


  • 劉偉(リュウウェイ)
2年生。203cm/87kg/スモールフォワード/11番。
中国辺りからの留学生と思われ、語尾に「アル」が付く(言われてみればアジアの顔付き)。
語尾は漫画的なお約束というわけではなく、使っていたらいつのまにか定着したいわゆる自覚的なキャラ付けである。
岡村イジリ担当2号。だが彼より年下とか言わない。足は(バスケプレイヤーとしては)速いほうではないが水泳は得意。


12番。ガードでイケメン担当。


9番。センターで魔王担当。


  • 荒木雅子
黒髪ロングに黒スーツの美人女監督。元日本代表らしく分析力に優れるが、それ以上にチームに喝を入れ力を引き出すことを得手としている。
クールビューティーに見えて熱い女性。まさこちんと呼ぶとキレる(呼ぶのは紫原だけだが)。実は元ヤン。
桐皇の原澤監督を苦手としているが、過去に何があったわけでもなく、純粋に苦手なタイプらしい。

コーチ&マネージャー人気投票では3位。

好物はいちごパフェ。かわいいなおい。





追記・修正は陽泉ファンがお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/