STAR DRIVER 輝きのタクト

登録日:2010/10/03(日) 21:10:52
更新日:2019/10/12 Sat 14:55:49
所要時間:約 7 分で読めます




さあ祭の時間だ


綺羅星!


\綺羅星!/\綺羅星!/\綺羅星!/




2010年10月から2011年4月にかけて放送されたアニメ。製作はボンズ。
OP:1.GRAVITY 0/Aqua Timez
  2.SHINING☆STAR/9nine
ED:1.Cross Over/9nine
  2.Pride/SCANDAL


監督にソウルイーターや桜蘭高校ホスト部の五十嵐卓哉。脚本に少女革命ウテナやトップをねらえ2!を手掛けた榎戸洋司といった優秀なスタッフを迎え、声優陣も豪華な面々が出演している。


ヤングガンガンのCMにて告知され、しばらくして同誌にて漫画連載が開始された。しかし、

  • キャッチコピーが「颯爽登場、銀河美少年。」
  • メカが一見ダサい
  • 敵がみな怪しい仮面をつけている
  • 彼らの挨拶が「綺羅星!」
  • ポーズも相俟って「キラッ☆」を彷彿させる
…etc.

ということで早速ネタにされてしまった。


「銀河美少年(笑)」「この挨拶は流行らないwww」「爆死臭がする」など心ないコメントが多かったが、PVが公開され番宣が始まってからは「意外とイケるんじゃね?」といった好意的な意見も増え、2010年秋アニメのダークホース的地位を確立。
多くの謎を残したものの、スタドラらしい熱く勢いある展開で最後を迎えた。


交響詩篇エウレカセブンで有名な村木靖が特技監督を勤めているため、戦闘描写の出来は素晴らしい。しかし、その戦闘シーンは平均5分弱と短め。その分気合いの入った作画だが、不満な人も多い。
最終話では最高の板野サーカスを見せつけ、『TVアニメ史に残る最終回』と言われ、多くのファンを魅了した。


放送前は出来が心配されていたが、斜め上を突っ走ったストーリーとキャラクター、視聴者のツッコミを体現したようなテロップ、挿入歌、お色気など内容は好評で、むしろ別の意味で心配する人が続出している。

第5話は色んな意味で伝説

そして度重なるエロ描写のため遂にBPOから睨まれる事に。間違いなく人妻女子高生と某保健医のせいである。フヒヒ


放送は終了してしまったが回収されていない伏線、意味深な終わり方など続編の可能性は十分ある。…と思ってたら、この度なんと映画化が決定した。


◆ストーリー
日本の彼方に浮かぶ緑豊かな島、南十字島。ある夜、この島の浜辺に、ツナシ・タクトというひとりの少年が辿り着いた。
本土から身一つで泳いでやってきたという、この少年は、島にある南十字学園高等部へと入学。
明るく前向きな性格で、アゲマキ・ワコやシンドウ・スガタら、個性豊かな学園の生徒たちと出会い、交流を深めていく。
だが、この南十字学園には大きな秘密が隠されていた。
地下に眠る、巨大な人型の像「サイバディ」
約20体ほどあるというこの巨大な像をめぐって、人々はみなそれぞれに秘密を抱えていた。
“綺羅星十字団”を名乗る謎の秘密結社の暗躍。巫女たちの歌声。
そしてタクト自身もまた、大きな秘密を抱えていた……。
青い空と青い海に囲まれた南国の島を舞台に、恋あり夢あり友情ありの『青春の謳歌』が今、始まる。
(公式サイトより)


◆用語
サイバディ
本作のメインロボ。

綺羅星十字団
南十字島で暗躍す

○四方の巫女
南十字島に存在する四方の封印を司る四人の少女。封印と同じく皆水、気多、日死、ひが日死が存在する。
巫女の由来は東西南北ではなく正しくは島の風土が由来となっている。
西は日が沈み死ぬから日死
東はその逆なのでひが日死、ひがは逆を意味する
北は火山(気)の噴煙が多い事を表す、気多
南は広大な海を表す皆水(みなみず)から皆水となる
歴代のスガタは必ず巫女の一人を娶っている。

○ゼロ時間
動きだしたサイバディを閉じ込める四方の封印の異空間。通常時間とは時間が断絶している。サイバディ搭乗者以外は球体桟敷と呼ばれるに球体に包まれる
ゼロ時間から現実時間に戻ってくると時間の差はゼロになる。

○第1フェーズ
サイバディとアプリポワゼしたスタードライバーがサイバディを用いず現実空間で発揮出来る「何か」
能力ではなく「何か」と書いた理由は必ずしも超常の力が手に入る訳では無くドライバーによって発現の仕方が千差万別な為。
サイバディの能力に由来する力を発現する者も居れば、只単に身体機能が底上げした程度の者居る。
第1フェーズは必ずしも一つとは限らず複数



◆登場人物

○ツナシ・タクト
(CV:宮野真守)
主人公。銀河美少年。無自覚の一級フラグ乱立魔。
青春を謳歌するためと父親を一発ぶん殴りに南十字島に泳いでやってきた少年。
「アプリボワゼェェェ!」と叫ぶことでオサレな格好の銀河美少年に魔法少女並に気合いの入った演出で変身し、22体目のサイバディ「タウバーン」を操ることができる。
口癖は「It's a ○○!」。
タウのシルシを持つ銀河美少年で、四方の封印の影響を受けず最初から第3フェーズに至っているなど謎が多い。
第1フェーズの能力は彼自身も現在は解っていない。


○アゲマキ・ワコ
(CV:早見沙織)
ヒロイン。明朗快活な大食い娘。
サイバディの封印を保つ“四方の巫女”のひとり皆水の巫女。
最終回の発言は高校生らしいとも取れる。

○シンドウ・スガタ
(CV:福山潤)
南十字島の名家の一つシンドウ家の御曹司。「スガタ」とは代々ザメクのシルシを持つ者に引き継がれてきた名である。
クールかつフランクなイケメンで学園内の人気は高い。
シンドウ流古武術の師範代で、王のサイバディ「ザメク」とアプリボワゼする資格を持つ。
第1フェーズは「王の柱」
非常に高い攻撃力を持つ巨大な光の柱を発生させる。
やたらと王の柱を使いたがるが、その都度ワコに止められる。
綺羅星十字団第1隊【エンペラー】代表『キング』となった


●綺羅星十字団
詳細は綺羅星十字団を参照


●夜間飛行
○エンドウ・サリナ
(CV:坂本真綾)
演劇部「夜間飛行」の部長
タクトと同じで島の出身ではなく3年前に東京から引っ越してきた。何故か綺羅星やサイバディなどの島の秘密に精通している人物。
タクト達のよき相談相手でありサリナ自身もタクト達仲良し三人組を信頼している。

○副部長

もふもふきゅーきゅー。
かわいい。副部長マジ狐。しかし公式によると狐に酷似した謎の生物

○スガタメ・タイガー(左)/ヤマスガタ・ジャガー(右)
スガタに仕える二人の少女。
武術の腕前は一流でスガタとワコの護衛も務めているが、ザメクのスタードライバーであるスガタが島を出ようとした場合に殺害する役目も背負っている。
タイガーはスガタに淡い恋心を抱いている。二人ともシンドウの分家筋の為、苗字に「スガタ」が入っている。


●四方の巫女

○サカナちゃん
(CV:戸松遥)
気多の巫女。ヌンナのスタードライバー。封印を解放させられ、ヘッドの下で軟禁されていた。現在は一人旅の真っ最中。
彼女の話す「イカ刺しサム」の物語はサイバディから得た記憶を下地にした物語。
封印解放前はヘッドと恋人に近い関係だった。

○ヨウ・ミズノ
(CV:日高里菜)

日死の巫女。学園きっての不思議ちゃん。
タクトに初めての恋をする。
動物と話したり不思議な呪文を教えてくれたりと魔女っ子ミズノとしても有名。
ヘッドによって封印が解かれた後は、母親にケジメをつけるために島を出ている。マリノと共に…
部屋に前期OPを担当したAquaTimezのポスターが貼ってある

●その他

○ツナシ・イクロウ
(CV:柴田秀勝
タクトの祖父ちゃん。武術の師でもある。
タクトに様々な助言と共にタウのシルシを譲った先代タウの銀河美少年。
元々はタクトの父親に当たる実の息子にシルシを譲るつもりだったが彼に銀河美少年としての心の資質が無かった為に諦めた過去を持つ。

○マキバ・シンゴ
ヘッドとうほっな関係にあるかもな人。
シンのシルシを持ち、ヘッドにシルシを継承するはずだったが現在深い眠りについている。後に目覚め、ヘッドにシルシを譲渡した。




君の追記・修正はもう輝いている!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/