少女革命ウテナ

登録日:2011/02/07(月) 22:15:25
更新日:2019/08/01 Thu 22:25:14
所要時間:約 5 分で読めます




『少女革命ウテナ』はテレビ東京系で1997年に放映された『学園アニメ』。

…と言い切ってしまっていいのかとも思うが、「鳳学園」という、世界から断絶されたかの様な、閉ざされた空間が舞台装置として重要な役割を占めている事は間違いない。


宝塚歌劇団・往年の少女漫画の演出手法を基本に、一見「無関係だろ」と思われる様な小道具の唐突な出現・赤を基調にした奇抜な色彩設計・最初から作り物であることを示唆する背景を一体化させた前衛的な演出、哲学的且つ舞台的なケレン味のある言い回し、バトルパートにはJ・A・シーザーによる壮大でおどろおどろしくアングラな合唱曲等を多用している。その結果、初見ではとっつきにくい独特の世界観を作り上げている。

しかし、主題は飽くまでも「既存の価値観への猜疑」「少女・少年達の成長譚」であり、その行きつ戻りつながら前進するキャラクター達の生き様に惚れこんだ者は多く20年以上経った今尚コアなファン・フォロワーとなった作品は多い。

1999年、『少女革命ウテナ〜アドゥレセンス黙示録〜』として映画化。


〈主な登場人物〉
天上ウテナ
CV川上とも子
鳳学園中等部二年。幼い頃に出逢った王子様に憧れるあまり、自身が気高い心を持った王子様になる事を誓った男装の少女。
友達の若葉の為に西園寺に怒鳴り込んだ事をキッカケに、生徒会メンバー達の決闘ゲームに身を投じ、姫宮アンシーとエンゲージする事となる。

薔薇の花嫁としての運命を甘受するアンシーに心を砕き、彼女を救おうとするが、それはあまりに過酷で数奇な道程だった・・。
薔薇の色は白。

姫宮アンシー
CV:渕崎ゆり子
デュエリストの勝者とエンゲージする『薔薇の花嫁』

決闘ゲームに勝ち抜くと彼女と「世界を革命する力」が与えられると、「世界の果て」からの手紙には書かれている、らしい。
一見、従順で我が無いかの様に振る舞っているが、その内面に恐ろしく深い業を背負った“魔女”

■桐生冬芽
CV:子安武人
テーマ曲「封印呪縛」「何人も語ることなし」「寓意・寓話・寓エスト」
鳳学園高等部二年。生徒会会長。
デュエリストで薔薇の色は。「世界を革命する力」を手にする為に、色々と策略を巡らすが、次第に本心からウテナに惹かれていき、プレイボーイを卒業する事となる。

■西園寺莢一
CV:草尾毅
テーマ曲「When Where Who Which」「肉体の中の古生代」「バーチャルスター発生学」
高等部二年。剣道部主将で生徒会副会長だが、他のメンバーからは『道化』呼ばわれされている。男尊女卑で単純。エンゲージを解消されてからもアンシーと交換日記を続けていたが、冬芽に日記を捨てられる。
「永遠のもの」に憧れ、決闘ゲームに参加する。薔薇の色は薄緑

通称ワカメ

■有栖川樹璃
CV:三石琴乃
テーマ曲「天使創造すなわち光」「わたし万物百不思議」
高等部一年。フェンシング部部長代行。縦巻きロールで隠れ百合。
「奇跡の力」を否定しながらも、同時に強く欲している。
利害関係では無く、自身の信念のためにウテナに決闘を求める。
薔薇の色はオレンジ

ウテナとは二回決闘しているが、二度ともイレギュラーな事態により敗北している。

■薫幹
CV:久川綾
テーマ曲「スピラ・ミラビリス劇場」「平俗宇宙に不滅の皇帝」
中等部一年。
幼い頃に双子の妹に感じていた「輝くもの」をアンシーから感じ取り、決闘に参加する。
薔薇は

生徒会メンバーで唯一ウテナ達と良好な関係を築いている。
アンシーを清純で可憐な女性だと思っているが…。


桐生七実
CV:白鳥由里
テーマ曲「ラスト・エヴォルーション」「天然同胞宮殿遠近法の書」
冬芽の妹。
病的なブラコンでウテナやアンシーに嫌がらせするが、その度に、牛になったりとか象に蹴飛ばされたりとかロクな目に合わない。
ある朝、自分のベッドに「謎の卵」を見つけるが自分が産んだと思い込むおっちょこちょい。案外母性が深いのかもしれない。
生徒会メンバー中唯一『革命』を求めていないデュエリスト。
ある事がきっかけで自分と冬芽との血縁関係を疑われ、精神的に追い詰められるがれっきとした冬芽の血縁上の妹である。
しかし「王子様の妹」の立場を追われ「魔女」として学園内での地位を失う様はかつてのアンシーの過去を思わせる。
薔薇は黄色

■御影草時
CV:緑川光
テーマ曲「ワタシ空想生命体」
高等部三年。黒薔薇会主宰。
若葉や枝織、梢や茎子達一般生徒の「心の闇」を突き、黒薔薇のデュエリストに仕立てあげた。
実は何年も歳をとっていないらしい。

■千唾馬宮
CV:川村万梨阿
御影の傍らにいる美少年。だが、実は・・・、

■篠原若葉
CV:今井由香
テーマ曲「幻燈蝶蛾十六世紀」
自称「ウテナの大親友」。
明るく優しい本当にいい子なのだが、アンシーには複雑な感情を抱いている。

■薫梢
CV:本多知恵子
テーマ曲「架空過去形<禁厭>まじない」
幹の双子の妹。
関係は破綻しているが、本心では幹を求めている。ヤンデレ。

■高槻枝織
CV:西原久美子
テーマ曲「地球は人物陳列室」
樹璃の想い人。
見た目は控え目で清楚だが、かなりの性悪。
映画版では更にビッチ度が増していた。

■石蕗美蔓
CV:矢島晶子
テーマ曲「円錐形絶対卵アルシブラ」
初等部の生徒。冬芽に憧れ、七実の「お兄様」になろうとする。
やってる事はだいたいストーカー。

■土谷瑠果
CV:佐々木望
テーマ曲「天使アンドロギュヌス」
高等部二年。長期入院していたが、生徒会メンバー、そしてデュエリストとして学園に復帰する。
樹璃と枝織を執拗に傷つけ、追い込むが、その真意は全て樹璃への想いゆえだった。
薔薇は水色


■鳳香苗
CV:衣笠愛
テーマ曲「不人幻魂合体術」
理事長の娘で暁生の婚約者。アンシーが苦手。
林檎食べ人形と化す。

■苑田茎子
CV:中川玲
テーマ曲「成熟年齢透明期」
■大瀬優子
■脇谷愛子
七実の取り巻き三人娘。
「その他大勢のわき役」
だが、彼女達にも思惑はある。



鳳暁生
CV:小杉十郎太
テーマ曲「体内時計都市オルロイ」
鳳学園理事長代行。アンシーの兄。
「世界の果て」の正体であり、かっての王子様、ディオス(CV:結城比呂)のなれの果てでもある。
デュエリスト達による決闘ゲームを仕組み、「失われたディオスの力」を取り戻そうと、アンシーを操り、ウテナを誘惑する。
映画版ではミッチーこと及川光博が演じ、キャラも役割も変わっていた。

■チュチュ
CV:こおろぎさとみ
アンシーのペット、もとい友達。
……猿、なのか?バナナが大好き。
大嫌いな西園寺と中身が入れ替わった事がある。
「七実の卵」から産まれたのは2代目らしい…。

■影絵少女
A子
CV:川村万梨阿
B子
CV:こおろぎさとみ
C子
CV:渡辺久美子
「かしらかしら、ご存知かしら〜♪」
演劇部の生徒…なのか?彼女たちの影絵は、難解な物語のテーマを要約している。


「卵の殻を破らねば、雛鳥は生まれずに死んでいく」
「雛は我らだ」
「卵はWikiだ」
「Wikiの殻を破らねば、我らは生まれずに死んでいく」
「Wikiの項目を追記せよ」
「Wikiを更新するために!」

「お願い、示して」
「Wikiを更新する力を!」





Wikiを更新する力を!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/