ジュエルペット サンシャインで使用された曲

登録日:2012/10/01(月) 01:26:43
更新日:2019/01/26 Sat 13:53:36
所要時間:約 5 分で読めます




『子供向けアニメ』という事に囚われず異彩なキャラ、不条理なギャグ、非常に濃いパロディを詰め込んでいたジュエルペット サンシャイン

その中でも本アニメとは関係ない映画や他番組、歌手の版権曲を原曲のまま流すというパロデイをやったことから、
以前から同じパロディをやっていたアニメ版銀魂にあやかって『女児向け銀魂』という異名が付けられた。
因みに銀魂二期も同時期に放送しており「向こうがあれだけやるならこれは大丈夫だろう」とお互いのスタッフが意識していたらしい。
使われる曲はメイン視聴者である子供の親どころか祖父母じゃないと知らないような昔の曲が多い。


当初は使用料等の問題から原曲を使用せず似たような曲を使う予定だったが監督もイマイチに感じてしまい、
音響監督の岩浪美和氏が「本物を使わないと意味がないね」と言ってくれた為、使えるなら使おうという話になり原曲使用が解禁された。

しかしそれは同時に「自重という名のダム」が決壊することを意味するのであった…


◇使用された曲

映画「アルマゲドン」の主題歌。7話、23話で使用。
収容所が大爆発を起こし、メインヒロイン達が燃え盛る炎の中から現れるシーンで使用された。
初めての原曲使用でもあり、話もサンシャインのギャグ全てを詰め込んだカオスな内容だった為7話は伝説の回とも呼ばれている。
23話でも↑の回想シーンで使用された。

  • SHOW ME(森川由加里)
ドラマ「男女7人秋物語」の主題歌。14話、45話、46話で使用。
元ネタがトレンディドラマの主題歌な為か、アニメでもトレンディドラマを彷彿とさせるシーンで使用。
ドラマが放送されたのは1987年なので、メイン視聴者の子供の若い親世代でも厳しい。

  • 夏のお嬢さん(榊原郁恵)
17話で使用。
貝殻やヤシの実、海草で作ったビキニを着て海ではしゃぐ女子高生達のシーンで流れた…ふぅ。
しかし17話はそんなお色気をぶっ飛ばすようなカオス回でもあった。

  • TALK SHOW(鉄腕ミラクル・ベイビーズ)
バラエティ番組「ねるとん紅鯨団」のオープニング曲。21話、26話で使用。
ナレーションの皆口裕子が初代ナレを務めていた為か当時を再現しながら
ちょっと待ったコール→「お願いします!」→「ごめんなさい!」までの告白タイムのパロディをやった。
他にも26話「合コンデビューでイェイ!」で使用されたが朝の子供向けアニメで合コンって…

  • A Hard Days Night(ビートルズ)
「ビートルズがやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ!」の挿入歌。25話で使用。
「アイドルがファンから追いかけられる」というシチュエーション繋がりで流れた。

  • Flashdance... What a Feeling(アイリーン・キャラ)
映画「フラッシュダンス」の挿入歌。25話で使用。
本家の激しいダンスシーンを2頭身のマスコットで完コピするという非常に気合の入ったパロディは笑うどころか感動させられてしまう。

  • TRUTH(THE SQUARE)
F1グランプリのテーマ曲。31話で使用。
購買で5個限定発売の「ジュエルパン」をめぐって競争するシーンで使用。
豊崎愛生がバイクのエンジン音やシフトチェンジ、ドップラー効果まで全て口で再現した演技は必聴。

  • The Sound of Silence
  • Scarborough Fair/Canticle(サイモン&ガーファンクル)
映画「卒業」のテーマ曲、挿入歌。35話、36話で使用。
ヒロインの花音と御影が駆け落ちするシーンで流れた。
元ネタは「結婚式の最中に花嫁を奪う」という超有名シーンを生み出した映画でもある。

  • 神田川(南こうせつとかぐや姫)
36話で使用。
曲に合わせて花音と御影が銭湯から出るシーンから使われている。
夕焼けと古いアパート等も相まってノスタルジーな気分にさせてくれる。
なお、くどい様だがジュエルペットの放映時間は朝である。

  • Born to Be Wild(ステッペンウルフ)
映画「イージー・ライダー」から。39話で使用。
元ネタと同じくマスコットが荒野をバイクで只管走っているシーンで使用。
放送日は大晦日で唯一地域による放送日のズレがなかった回でもある。
38話の次回予告では沢城みゆきと豊崎愛生が原曲が分からなくなる程度に歌っていた。

  • マカロニ刑事のテーマ
「太陽にほえろ!」より。41話で使用。
チターナが刑事のように聞き込みを続けるシーンで流れた。

  • Show Me Your Firetruck
映画「バックドラフト」のメインテーマ。43話で使用。
元ネタの名シーンを再現したシーンで流れる。「料理の鉄人」でも使われていた曲でもある。

  • 悪女(中島みゆき)
49話で使用。
ジュエルランドを作った女神ジュエリーナ様が飲んだくれているシーンで使用。
勝手な想像とはいえ女神様の扱いが酷い。

  • CAN'T UNDO THIS!!(MAXIMIZOR)
ジュリアナ東京で有名な曲。49話で使用。
メインヒロイン達がジュリ扇を手にボディコン姿でお立ち台で踊るシーンで流れた。
一人だけもっと古いゴーゴーを踊っていたりする。
この回から話もパロディもギャグもラストスパートをかけている。

  • 愛をとりもどせ!!(クリスタルキング)
テレビアニメ「世紀末救世主伝説 北斗の拳」のオープニング曲。50話で使用。
赤ちゃんマスコットのラブラがラブラ北極拳(北斗百裂拳)を繰り出すシーンで流れた。
皆口裕子による千葉繁風のナレーションもあり、男性キャスト達に指導して貰ったというエピソードがある。
銀魂では原曲ではなく似た曲が使われた為、その点では銀魂を越えてしまった。

  • ルビーの指環(寺尾聰)
51話で使用。
サブタイが「ルビーの指輪イェイッ!」だった為予測していた人も少なからずいた。
50話での次回予告で斎藤彩夏が「歌って欲しいけどそのまんま歌っちゃいけない」という音響監督からの無茶ぶりに答えて歌っていた。



追記・修正は元ネタを全て知っている人にお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/