見殺し先生(漫画)

登録日:2020/6/2 (火曜日) 4:51:10
更新日:2020/06/11 Thu 13:17:25
所要時間:約 10 分で読めます





ごめ・・・気持ち悪いからトイレ行かせて・・・。



見殺し先生とは和田海里による日本の漫画作品である。電子書籍媒体に2017年に連載された。

世界観は同じだが登場人物を一新した続編の見殺し先生家畜生徒にされてと見殺し先生セレブ教師と貧民生徒がある。



ストーリー


中学一年生の12歳の美少女峯野彩菜はある日、イケメン教師の担任館山から「先生の姪の名前も「彩菜」って言うんだかわいい名前だよな」と言われ「そうなんですか・・・」と答える。

名前を褒められ質問に答えたことが彩菜を地獄に突き落とすこととなり、いじめグループのリーダー山田輝月らに凄惨ないじめを受けることになる・・・。

登場人物


◇峯野彩菜
トイレ、トイレに・・・。
本作のメインヒロインで心優しく礼儀正しい黒髪のショートヘアが美しい12歳の美少女女子中学生。幼いながらもなかなかの巨乳である。家族は彼女と両親の三人家族。「そうなんですか」と答えたことで地獄へと堕ちる。

美少女だがオナラウンチがかなり臭いことが暴露された。

◇山田輝月
罰としてお前今日一日ノーパンな」
いじめグループのリーダーだがツインテールの美少女である。母親は権力者の狂人。


◇館山
見た目も中身もイケメンの担任教師。いじめを止める為に対処するが彼の精神はそれに敗北する。

◇女子生徒
大半がいじめに参加する。

◇男子生徒
いじめには傍観者。

以下ネタバレ注意。


いじめ

まずは彩菜を無視することから始める。その後は彩菜は「ダサ子」呼びし、クモのおもちゃを頭に被らせるというショボいいじめをする。

小学生かお前ら。しかし館山が注意してエスカレートすることに・・・。

パンツ剥ぎ取り

告げ口と逆恨みした輝月らは彩菜を四つん這いにさせスカートを捲り上げ、白くて可愛い彩菜のパンツを露出させる。輝月は彩菜のパンツをダサパンと呼んでいるが、かなりセクシーで可愛いパンティである。さらにこの時彩菜のパンツの肛門部分が黒くシミている為、彩菜は朝、排便時に尻の穴を拭かなかったようである。

輝月はそのまま彩菜のパンツを剥ぎ取り、取り巻きの女子二人が「無修正彩菜12歳デビュー」と称しながら、彩菜におっぴろげ開脚をさせ彩菜の女性器肛門を男性生徒らに見せ付ける。美少女の生女性器と肛門を見た男子生徒らは「うわ、やっべー。」「うわぁ」などと歓声を上げる。

さらに輝月は手にしていた彩菜のパンツを窓から放り投げる。抵抗して自由になった彩菜は男子生徒らに拾われる前に植え込みに落ちていたパンツを取り返し早退する。

彩菜は問いただされ館山に相談するが事態はさらに悪化するのだった。

お漏らし

館山は輝月の母親に相談するが、母親は権力者の狂人だった。怒りの母親や同僚教師により館山は疲弊し、いめじを止められなくなる。そんなある日、給食にヨーグルトが出てしまう。母親が恥をかいたとまた逆恨みする怒りの輝月は彩菜に体調のヨーグルトを食わせるフードファイトをさせる。食べていく彩菜だったが腹痛を感じ、


「ブウウウッ、ブー」


と排便前の臭いオナラをしてしまい臭いを嗅いだクラスメイトに「うわ。クサッ」と言われてしまう。限界を迎えた彩菜は輝月に「トイレに行きたい」と訴えるが、転ばさてしまい限界を迎え


「ブッ」


と再び放屁し・・・。


「ブバッ
ブリュブリュブバババ
ブババッブバッ」

なんと彩菜はパンツの隙間からウンチを漏らしてしまう。

男子生徒らにウンチを見られ「クセエー」「オエエエ」と侮辱されながら館山にも「幼稚園児でもクソを漏らさない」と罵倒される。自分でウンチを片付けジャージに着替えトイレに佇む彩菜。

翌日、彩菜はいじめにあっていたことを携帯電話で様々な人物に一斉送信。館山にもそのメッセージが届く。

その頃、教室では首を吊った彩菜の体が一人悲しく揺れていた・・・。




追記・修正よろしくお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/