R-TYPE FINAL 2

登録日:2021/05/06 (木曜日) 13:10:35
更新日:2021/06/11 Fri 22:55:58
所要時間:約 7 分で読めます






Final Mission:作戦終了






R-TYPE FINAL 2



●目次


【概要】


2021年4月29日(Steam版のみ5月1日)に発売されたR-TYPEシリーズ久々の、そしてまさかの横スクロールシューティングの新作である。
R-TYPE FINAL』からは実に18年ぶり、ジャンルがSLGだった『R-TYPE TACTICS II -Operation BITTER CHOCOLATE-』からでも12年ぶり。
発売・開発はグランゼーラ。PlayStation 4、Nintendo Switch、Xbox One(Series X/S)、PC(Steam、GOG.com、DMM.com、Microsoft Store)向けに販売されている。


2019年4月1日に開発を発表し「どうせまたエイプリルフールだろ…」という大方の予想を覆し、後日正式に開発されていることが公表された。
グランゼーラとしては初のクラウドファンディングで開発資金を募り、僅か一日半で初期目標を達成。
その後も2回に渡って追加募集が行われ、R-TYPERの期待とそもそも新作を出してくれるという喜びが寄せられた作品となった。


ゲームエンジンはアンリアルエンジン4を採用しており、波動砲をチャージすると背景に光が反射したりと非常に美麗。
OPムービーや出撃シーンも凝っている。デモスキップで飛ばすだろうが。


タイトルがツッコミどころ満載?大丈夫、 オプションでタイトルを自分好みに変更可能だ。 ついでにステージ名も自分好みに変えられる。
何を言ってるんだ?と思うかもしれないが、本当にそうなるから仕方がない。タイトル変更機能解禁時のメッセージはある意味必見。



【システム】


基本システムは『FINAL』準拠で、波動砲とフォースといった基本武装に加え『デルタ』からお馴染みのDOSEシステムも搭載。
従来通りの戻り復活のため少し古臭さは否めないが、コンティニュー時も中間からの復活となっているのでクリア出来ずに延々と同じステージの繰り返し…というのは軽減されている。

難易度は初期5タイプが用意されており、最低難易度の「プラクティス」だと最初からフォースを装備した状態で始まるが、高難易度だと敵の出現数が増えたりする。
最高難易度の「R-TYPER」をクリアするとさらに上級の難易度が追加される。


『FINAL』同様に多数の次元戦闘機を開発しながらステージを攻略していくスタイルが採られているが、使用する機体はステージクリア時やコンティニュー時に変更することも可能なのでステージに合わせた機体で出撃できる。
一度クリアしたステージはスコアアタックモードから単独でプレイする事も可能。
また、今作ではステージエディット機能が用意されており、好きな順番に並べ替えてステージをプレイ出来る。
DLCにて過去作をオマージュしたステージも配信中。クラウドファンディングのバッカーは無料でダウンロード可能。


機体の開発・鑑賞が行える「R's Museum」ではパイロット視点でミュージアム内を歩き回ることが可能で、コックピットまで再現された次元戦闘機を自由に眺められる。
機体の開発は、今作ではステージをクリアすることで入手できる資源を消費して開発していく事になる。
一部機体は特定のステージをクリアしたり、特定の機体を開発する事が条件でアンロックされる。パスワードロックされている機体も存在するが、現在は公式Twitterでパスワードが公開されている*1

使用する機体はミュージアム内から選択して格納庫に登録することで使用可能になる。
格納庫では機体のカラーリングを変更したりショップで購入できるデカールを貼ったり、装備するミサイルを選択するといったカスマイズが行える。


ゲーム開始時にはパイロット登録を行うが、後からデータを変更することも可能。
パイロットスーツやポーズを変えたり、次元戦闘機と一緒にスクショも撮影できる。
余談だがポーズの中には両手を広げたりヒーロー着地を決めているものなどネタ満載。


【ステージ】


●mission 1.0 調査・放棄された宇宙都市
残骸と化した宇宙都市の内部を進んでいくステージ。
全体的に初代1面のオマージュが強く、出現する敵や敵編成にその名残が見られる。


ボス:氷の中でうごめくモノ
シリーズお馴染みのアイツが環境システムが停止して発生した氷の結晶の中に覆われた状態。腹から生えた頭部だけを出して攻撃してくる。
主な攻撃は天井や地面を走る煙の中から発生する低速弾と口から発射するビーム。




●mission 2.0 破壊・侵された植物工場
虫系の敵や巨大な食虫植物が登場する生物系ステージ。
難易度が高くなるとそこら中に触手が生えてくる。


ボス:ヤテベオルクス・ハーベスター
初代のドップに似たコンテナ型ボス。前後どちらかに弱点となるコアが付いている。
狭い通路内を移動しながら触手を生えさせるだけだが、パターンはランダムのため上手く立ち回らないと本体と触手に囲まれて死にやすい。



●mission 3.0 突入・奪われた人工知能研究所
恒例の巨大戦艦ステージ。『』の浮遊戦車オーライなどが登場する。


ボス:D・コア
巨大戦艦「ディストラクション」のコア。初代のグリーン・インフェルノのコアのオマージュ。



●mission 4.0 掃討・宇宙基地跡地の生命体群
初代4面をオマージュした細胞壁に覆われたステージ。バイド・システムαの編隊が多数登場。


ボス:リリル・プロトタイプ
天井から吊り下げられた巨大な球体。根本に回転するコアが付いている。
弾を発射するスライム状の物体を出す他、ブースターを吹かして本体を揺らしてくる。



●mission 5.0 潜行・巨大結晶群生地
クリスタルに覆われた海底洞窟が舞台となるステージ。壁面で反射するスプリクヴァルが厄介。
ボス戦前に出てくるアイテムキャリアーが出す4つのアイテムのどれを取ったかで以降のステージが分岐する。


ボス:ウロボロス
大量の雑魚を引き連れ、自機を追ってくる。上から降ってくる岩塊を避けながら戦う。
難易度が上がると雑魚を吐き出す速度が上昇するため、大量の弾幕を張りつつ誘導する必要がある。



※以下ネタバレが含まれますので、未プレイの方はご注意ください。









【オマージュステージ(DLC)】

DLCとして、過去のR-TYPEシリーズに登場したステージを再現した追加ステージがプレイ可能になる。
ただし一部難易度が緩和していたり、逆に経験者殺しの要素が追加されていることもあったりする。






追記修正はパイロット登録をしてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年06月11日 22:55

*1 その前にすでに解析されて出回っていたための措置と思われる