Android

登録日:2022/01/23 Sun 16:25:57
更新日:2022/04/10 Sun 10:12:53
所要時間:約 4 分で読めます




Androidとは、スマートフォン等のモバイルデバイスに用いられるOS(オペレーティングシステム)の一種。
2022年時点の正式な最新バージョンは「12」。

【概要】

Apple社が送り出したiPhoneの対抗勢力として登場した、モバイル向けのOS。

当初はそのまんまAndroid社が開発していたが、2005年にご存知Google先生が子会社化。今ではiOSと勢力を二分する程の代表的なプラットフォームとして海外ではiPhoneより普及しているとも言われ、少なくとも日本ではiPhoneかこちらの二択になる程の普及率を誇る。

その開発の門戸も非常に広く、それゆえガラケー天下の日本でこれに乗り換えようとしたメーカーは大半が扱いきれずに消えていった

もし興味があるなら、システムイメージやドライバ関係を公式配布しているGoogle製Pixelシリーズか、もしくはNexusシリーズをお古で探すのがオススメ。
これらは過去のバージョンに戻すことも非常に簡単で、アップデートの頻度も高く、普段遣いでも優秀だ。新しいバージョンの度に実験台にされるので、ある意味では不安定とも言えるが。

【iOSとの比較】

iOSとの大きな違いといえばやはり開発者向けのポータルやマニュアルの豊富さと、カスタマイズ性の高さ
ベースのLinuxだけではスマホの部品やアプリに対応しきれず、他のオープンソースのプログラムを色々追加したらしい*1ので、厳密にはUbuntuやMintなどの遠い親戚といったところだが、Linux同様中核部分もオープンソースとして広く開放されている。
iPhoneがあまり手を付けない低スペック向けや電池持ち重視の、メモリやCPU等ガン積みしたハイエンドスマホも可能で、やろうと思えばアプリは勿論、オリジナルのOSすら制作できる。
もっともPCや市販のデバイスで動くように最適化する必要があるので、動作が不安定にもなりやすい。
特にAndroid黎明期のガクガクした挙動を知る人なら、専用に作られているiPhoneのスムーズな動作が如何にありがたいかわかるであろう。

安物からハイエンドまでカバーできるのがAndroid、お高くはなるが相応の性能や品質を約束してくれるのがiPhoneといったところだろう。


【亜種】

Android TV

文字通り、AndroidをベースのOSとして作られたテレビ及びそのソフトウェアのこと。
テレビというよりもテレビサイズのタブレットにアンテナ差し込み口とフルセグが付いたものと言ったほうが近いかも。

Android GO

マップと位置情報を利用したゲーム…ではなく、低スペックなデバイスでも動かせるように開発された、軽量版のAndroid。
ストアにある「GO」と付いたアプリはこれ向けのもので、通常版よりも更にシンプルで軽いのが特徴。

【用語・小ネタ】

スマホやタブレットの基本的な使い方は各々で覚えて頂くとして、ここではAndroid独自の特徴やよく見る用語などを独断と偏見で紹介。

ランチャー

何かの武器ではなく、ロックを解除してすぐに出てくる待ち受け画面のこと。PCで言うデスクトップ。
デフォルトのものが気に入らなければ、ストアから無料も含めて多数あるものをダウンロードして置き換えられる。
あのマイクロソフト製のもあるよ!

GooglePlayストア

Androidのアプリをダウンロードする為の公式ストア。
実はこれを使わずにネットに落ちているインストーラを使ってもアプリをインストールできる。
しかし開発のしやすさがそのままウイルス等にも繋がっているので、油断は禁物。

AOSP

「Android OpenSourse Project」の略。要するに変な改造がされていない純粋なAndroidを開発する公式ポータルのこと。ちなみにGoogleのプレイストアすらも入っていない。

開発者向けオプション

普通に使う分にはほぼ縁が無いであろう、専門的な設定を弄れる隠し項目。隠しコマンドとしてデバイス情報の「ビルド番号」を連打すると表示されるようになる。怖くなってもすぐオフに戻せるのでご安心を。
代表的な項目としては画面のアニメの速度を変えたり無効にできる「○○アニメスケール」。画面描画をソフトウェアでなくGPUに多く負担させることで処理が速くなる「GPUレンダリング」「HWオーバーレイを無効」が有名か。
重いスマホを復活させる手段としてよく挙がるが、大抵電池の減りも早くなるので一長一短だったりする。

fastboot

電源を入れようとしたら突然画面が出てきてビックリした人も多いかもしれない。
PCで言うところのBIOSメニューに該当する。機種によって変わるが一般的に呼び出し方は「電源ボタンと音量−を長押し」。
ただこの画面だけでは殆ど操作できないので、基本はPCとつないで操作する。

ADB

PCからコマンドライン入力でデバイスを操作できるデバッグ用のツール。
導入するのはひと手間かかるが、コマンドプロンプト(もしくはPowerShell)を弄れる人ならここからアプリをインストールしたりリカバリーしたりアップデートしたりも可能。

root権限

権限が取得できると通常では使えない設定やアプリもできるようになる管理者権限のこと。OSがバグりかねないレベルの深い設定やアプリが使えないように大抵はロックされている。
調べると取得方法が出てくることがあるが、「脱獄」という俗称があるように、基本的に改造と同じ扱いとなるので自己責任。
不便で仕方ないなどの理由がない限りは極力ロックしたまま使うことをオススメする。

イースターエッグ

これも隠し小ネタの一つ。
端末情報のAndroidバージョンの項目を数回タップすると隠し画像を見ることができる。

恐竜ゲーム

Androidの標準ブラウザは「Google Chrome」であるが、Chromeにもイースターエッグがある。
ネットワークに繋がず立ち上げるか、chrome://dinoをアドレスバーに入力すると、ドットの恐竜が表示されるが、実は彼をタッチするとちょっとしたミニゲームができる。
走る彼をジャンプさせて鳥やサボテンといった障害物を避け、どこまで走れるかチャレンジするというもの。
もちろんAndroid版Chromeにもしっかり存在する。



追記・修正はAndroidのGoogleChromeからお願いします。



※以下、本wikiにおける注意点

「い、嫌…!お、お許し下さいご主人様!」
「このエントリーモデルの私めに、所要時間30分超の項目を編集なんて、私の標準ブラウザにはその…お、重過ぎて入りません…」
「お願いでございます…そ、それだけは!私のメモリもプレビューもおかしくなってしまいます……あっ」
「そ、そんな、おま環だなんて、お…お許し…お許しを……どうか正常な私のままでいさせてくださいまし…」
「ひぐぅ…ら、らめ、れ…す…ごしゅじん、さ、ま…変換とバックスペースをそんなにた、叩かれるとわくたしこ、こわれるうぅぅ……ガクッガクッ」

「Chrome」は応答していません。
アプリを終了する
待機
フィードバックを送信


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年04月10日 10:12

*1 アプリの出すデジタルな信号をメモリやCPU等が「物理的に動く」(もしくはその逆)様に通訳するのがLinux(カーネル)の役目だったが、スマホ独特の難解な言語が新しく増えたので他のプログラムにそこを任せている