牙狼-GARO- -月虹ノ旅人-

登録日:2023/12/03(日) 22:44:57
更新日:2024/01/28 Sun 03:22:16
所要時間:約 11 分で読めます





――我を目覚めさせたのは――

――希望の光の声――



――それは、父の夢だった。

俺がまだ幼い頃、父は異郷の地へ旅立った。
母を捜すために。

この世には、人を喰らう魔獣がいる。
奴らは陰我のある人間に憑依して、人の世界に潜んでいる。

魔獣ホラー
古より存在する、人間の天敵。
しかし、ホラーにも天敵が存在する。
魔戒騎士。ホラーを切り裂き、人を救う『守りし者』。

俺の父は魔戒騎士だった。
そして、俺は父から牙狼(ガロ)の称号を受け継いだ。

父は旅立つ時、俺に言葉を残した。
それは―――

『必ず戻る。信じて待ってろ!』


雷牙 (はし)れ速く!
闇を抜けて天に届く炎になり
咲き誇れ! 切り開け! 未来(あす)

雷牙 何のために生まれ
そして 何処へ帰る?
お前だけが 蒼き闇を照らす光



―想いは希望となり、未来へと受け継がれる――。―


夜の月が虹を放つとき、愛する旅人愛する者の元に帰ってくる。



牙狼<GARO>




【概要】


2019年10月4日に公開された雨宮慶太原作の深夜特撮シリーズ「牙狼-GARO-」の劇場版。
魔戒ノ花』の続編であり、冴島雷牙シリーズ(所謂『雷牙狼』)の一区切りともいえる作品。

延期を重ねた結果、『神ノ牙-JINGA-』と同時期の制作になり、神ノ牙を優秀なメンバーに任せ、雨宮監督が牙狼シリーズを離れていたスタッフを招集。
その結果、アクション監督の横山誠を筆頭に第1作を制作したメンバーがそろったという。

今作は、冴島鋼牙シリーズ(所謂『鋼牙狼』)に終演した歴代牙狼登場俳優が集結。
序盤の街には松山メアリ、黒ノ列車の車内には藤田玲小西遼生渡辺裕之がカメオ出演している。
他にもクロウの回想で毒島エイジ役の哀川翔が登場、あらかじめ予告編PVで明かされた通りバラゴ役の京本政樹が特別友情出演となっている。

前半は『蒼哭ノ魔竜』を彷彿とさせる雨宮ワールドが炸裂。
黒ノ列車を舞台に、『銀河鉄道の夜』を思わせる幻想的な世界が展開。そして後半は魔戒騎士の熱い戦いが繰り広げられる作品に仕上がっている。

主題歌は、JAM Projectの『雷牙-月虹ノ旅人-』。
『魔戒ノ花』OPの『雷牙~Tusk of thunder~』を歌詞を変え、バラード調にした楽曲。



【あらすじ】


ある日、ホラー討伐から帰ってきた雷牙は、マユリに乞われてカオルのアトリエを案内する。その帰りに、謎の仮面の男・白孔の襲撃に遭い、マユリが連れ去られてしまう。

黒ノ列車に乗ったマユリを追いかけ、列車に飛び乗った雷牙は謎の少年・バデルに出会い、マユリの待つ先頭車両へ向かう。

白孔の正体とは?バデルの正体とは?謎だらけの状況の中、雷牙の前に現れたのは、思いもよらない懐かしい人物だった。



【登場人物】


  • 冴島雷牙(演:中山麻聖)

黄金騎士・牙狼の称号を継ぐ魔戒騎士。

ホラー・ルトとの戦いの後、屍人に邪気を注入されてしまい、様子がおかしくなる。ザルバに英霊の塔に行くことを薦められるが、白孔の襲撃でマユリが黒ノ列車に乗ってしまったことで、黒ノ列車に飛び乗ることに。

バデルの助けもあり、黒ノ列車の先頭に辿り着き、白孔との戦いの中、父・鋼牙を信じきれなかった自分自身に気づき、自分の弱さだと恥じる。


  • マユリ(演:石橋菜津美)

かつて、エイリスとの戦いで雷牙やクロウとともに戦った魔導具の女性。戦いの果てに特殊な能力を失っている。そのため、雷牙たちの力になれず悩んでおり、カオルのアトリエへ向かい、雷牙たちの力になるヒントを探そうとする。

最近は、魔導具や薬の材料となる花を育てており、四道法師や媚空に送っている。



  • クロウ(演:水石亜飛夢)

幻影騎士・吼狼の称号を持つ魔戒騎士。雷牙やマユリとともにエイリスを討伐した。中盤から登場する。


  • 倉橋ゴンザ(演:螢雪次朗)

冴島家に代々仕える執事。


  • バデル(演:佐藤大志)

黒ノ列車で雷牙が出会った少年。黒ノ列車に乗らないように雷牙に忠告するが無視される。その後も、黒ノ列車を降りるように雷牙に薦めたり、策を弄して強制的に雷牙を降ろそうとする。

黒ノ列車の牢で雷牙とバルチャスを行い敗北するが、なぜか雷牙とともに特別ルールで牢屋を出ることが叶った。


  • 白孔(演:松田悟志)

英霊の塔へ向かう雷牙とマユリの前に現れた白い仮面の男。黒ノ列車にマユリを乗せ、雷牙を誘き出す。

当初は完全に仮面で隠れて顔が出ない役で、かつアクションができないと困る役柄という難しいポジションだった。雨宮監督が目を付けた松田悟志は、それでも演じたいと雨宮監督に願い出たことから実現した。



  • 冴島カオル(演:肘井美佳)

序盤にマユリと雷牙が訪れるアトリエの主で、雷牙の母親。






【魔戒騎士】


  • ガロ

三世代に渡り冴島家に受け継がれてきた黄金の鎧。序盤のホラー・ルト戦では、轟天を使用する。

冒頭に屍人のおびただしい邪気を受けてしまい、邪気が溜まった状態になってしまう。そのため、雷牙は英霊の塔に向かうのだが...。


冒頭には、説明のために初代牙狼第1話の映像が使われている。

  • クロウ

狼と鳥の姿を使い分ける濃紺の鎧。今回はほぼ鳥の姿しか登場しない。




【用語】


  • 黒ノ列車

赤目へ向かう汽車。白孔に操られたマユリが乗車し、雷牙もそれを追う。時間によって、次の列車への扉が開く仕掛けになっている。

鎧男が違法に乗車した乗客を牢屋に送るが、バルチャスに勝った者は特別ルールに該当すれば誰か1人と一緒に牢屋から出られるというルールが存在する。


  • 月虹蝶

黒ノ列車で雷牙とバデルが目撃した生物。捕まえると虹色の石に変わる蝶。石は旅人のお守りとなる。時空を超える力が存在する。バデルの一声で雷牙も掴もうとするが、英霊の塔に送られそうになったため離してしまった。


  • 英霊の塔

ガロの英霊たちが眠る場所。月虹蝶の登場シーンで登場する。




【余談】


  • 四道法師の登場シーンもあったが、2018年2月21日に大杉漣氏が亡くなったため、本作では言及だけとなった。大杉氏が亡くなったショックで筆がしばらく止まってしまったと、雨宮監督がインタビューで吐露している。

  • 冴島大河役の渡辺裕之氏が2022年5月3日に亡くなったため、牙狼シリーズでは本作が遺作となった。




大河 その想いは刃となり
時を超えて 受け継がれる
金色の伝説と共に

鋼牙 けして消えぬ血の絆を
愛と呼ぼう
お前たちが 月に託す願い きっと……



バカな……たった一つの項目で……!?

一つではない!

この項目には、たくさんのwiki篭りの想いが込められている!

そして共に戦った、盟友の姿を刻んできた!

この項目は、その想い・姿を希望として未来へ運ぶ項目なのだ!!





この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2024年01月28日 03:22