花咲薫子/キュアフラワー

登録日:2010/07/13(火) 21:48:43
更新日:2018/06/09 Sat 19:09:43
所要時間:約 5 分で読めます




花咲薫子

(声:坂本千夏)

年齢67歳。
つぼみの祖母で元大学教授の陽一を息子に持つ。
植物園の園長にして博士。

旧姓は五代。なんとどっかの冒険家と同じである。
史上最年少で全日本空手大会を制した猛者でもあり、格闘業界関係者の間では、そちらの実績で名が通っている。
ただし婚前すなわち旧姓での活躍だったため、その業界に身を置くいつきは五代姓を聞くまで当人と気付かなかった。

現在の髪型はソバージュヘアー。
昔「こころの大樹」について研究をしていたところコッペと出会い、伝説の戦士・キュアフラワーとして戦った。



○キュアフラワー
聖なる光に輝く一輪の花 キュアフラワー!

薫子が変身する史上最強のプリキュアである。

パートナーはコッペ様。
コッペ様も若い頃があったんだろうか……。
現在薫子が年おいてしまっていることもあり、史上最年長のプリキュア。またの名をキュアババア。
アクア?ベリー?ムーンライト?めじゃないめじゃない

かつて、砂漠の使徒のリーダーである砂漠の王デューンをボッコボコに叩きのめして表舞台に出られないようにしたが、
今はお年のせいか変身することは出来ない。というかデューン戦でココロパフュームが壊れてしまっている。
でも身体能力は低くない様子。
物語終盤でスナッキーに変装したえりかといつき相手に戦おうとした一幕も。

若い頃にプリキュアであったということで、2010年に67歳となったと仮定し、基本プリキュアは中学生だということで計算すると、
キュアフラワーが活躍してたのは1957年頃、昭和の真っ只中、冷戦時代である。(ただし一時的な雪どけ期)
日本ではその年、フランク永井の「有楽町で逢いましょう」がヒットした。
ただし劇中の台詞だとこころの大樹の研究している最中にコッペ様と出会ったということなので、
研究ということは大学生かそれ以上である可能性のほうが高く、となると変身時期は20歳前半とも推測される。

恥ずかしくなかったんだろうか……。
1963年頃というと、ジョン・F・ケネディ暗殺の時期である。
先に上げた冷戦は変換期を迎え、日本は高度成長期突入という揺れる時代だった。

ちなみに後にデューン等から50年前という言葉が出てきたため、最低でも17歳くらいにはプリキュアになっていた可能性が高い。


デューンの回想とともにキュアフラワーの1シーンがついに初登場。
マントを羽織り、パッションのようなロングヘアーであるなど、
雰囲気としては時代錯誤というか時代を先取りしすぎなファッションっぽい形で登場した。

史上最強というからには恐ろしい技をたくさん持っているに違いない。

そして第44話でついに変身。現役時代の姿に若返り、伝説の戦士に恥じぬ実力を見せつけた。
月影ゆり/キュアムーンライトが保持していたプリキュアの最年長記録を同作品内で更新するという暴きょ…偉業である。

なお、本来変身する予定はなかったのだが、坂本女史が監督に「自分もプリキュアをやりたい」と頼み込んだ末に、
一度限りの奇跡という扱いで登場することになった。
もちろん声優は変わらないまま。なので、外見の割に声が老け011101001000001001001111001010011…


【必殺技】

第44話で復活するまで一切不明だった。
下記に書かれているのは既存のプリキュアが放った技を元にしたジョークである。

○フラワー・美尻拳(びしりけん)
孫のつぼみにも受け継がれたプリキュアの秘技。ブロッサムは普通におしりパンチだが、フラワーは最強なのでお尻もふつくしいのである。
当時は誰も文句を言わなかったが現代では禁術とされてしまった。 

○フラワー・流星落とし(りゅうせいおとし)
キュアマリンにマリン・ダイブとして無意識に受け継がれた必殺技。
ただしマリンとは異なり回転しながら落下する。かつての幹部達はこの技でいくつも骨をへし折られたという。

○フラワー・百花繚乱(ひゃっかりょうらん)
ブロッサム・フラワーストームの元。
ブロッサムは桜の花びらをまとうが、こちらはいろんな花びらで突撃する百花というだけにその中には毒のある花も含まれているため、大ダメージは免れない。

○プリキュア・大爆発(だいばくはつ)
キュアムーンライトがフローラルパワー・フォルティシモを単独で使えるように、フラワーは単独で大爆発が使える。
この技を使う時は、普段クールで穏やかなフラワーの顔も「>∇<」となる。
が、使用後はスッと元に戻る。

○プリキュア・花鳥風月(かちょうふうげつ)
携達散(ケータッチ、声:マーク・大喜多)を使い、異世界の戦士キュアブルーム・キュアイーグレット・キュアブライト・キュアウィンディを召喚する必殺技。
この際フラワーの身体にはデータカードダスのカードが身体に張り付く。

○プリキュア・千波万波(せんぱばんぱ)
フラワーにおける○○フォルテウェイブ。
ブロッサムとマリンは一発ずつを放つが、フラワーはエネルギー弾を連射することが出来る。
一つ外れても二発三発と襲いかかるため、敵は逃れることが出来ない。

○プリキュア・明鏡止水(めいきょうしすい)
フラワーの究極必殺で、フラワー版フォルティシモ。後輩達がフォルティシモの記号を描くのに対し、こちらは明鏡止水とモヂカラで描く。
石破天驚K (ry…
予備動作が長く隙ができてしまうため、その前に相手を弱らせておくかコッペ様が結界を張る必要がある。
鏡の字をよくフラワーが間違えるためコッペ様も大変だったとか。
発動するとフラワーの身体が金色に輝き、瞬時に相手を貫いてしまう。当時のアニメイターはおかげで枚数が削減出来たと感謝したという。


以下本編で登場した技。
○フラワーカーニバル
花から生み出した分身で攻撃する。

○フラワーキャンドル
相手を花の上に乗せ回転させる。


君も夢のなかでフラワーの勇姿を見ることが出来たなら教えて欲しい、彼女の勇姿を!


尚、本文は大半は某動画大百科より。



なにかあったら追記・修正してね

この項目が面白かったなら……\ポチッと/