仮面ライダーキバ キバフォーム

2弾

カードナンバー 2-036 レアリティ R ライダータイプ フィニッシャー
ステータス コウゲキ 400 ボウギョ 450 タイリョク 2150
必殺技 ブラッディーパンチ コスト3 ひっさつ 1300
スロット 拳 80 蹴 60 拳 80 蹴 60 拳 80 蹴 60
アビリティ ライジングしたとき、チーム全体のコウゲキ+100
ライドバースト 仮面ライダーキバ キバフォーム
ステータス コウゲキ 850 ボウギョ 700 タイリョク 2000
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト5 ひっさつ 2350
スロット 拳 90 蹴 60 拳 90 蹴 60 拳 90 蹴 60
バーストアビリティ チーム全体のひっさつ+350 さらにあいてチーム全体のひっさつ-350
解説 拳が80、蹴が60とアイコンが交互に配置されている。良く言えば安定傾向、悪く言えば器用貧乏な感がある一枚。しかしバースト後は一転、チーム全体の大幅な必殺ゲインに加え、さらに相手の必殺も大幅ダウンと出鼻を挫くのに最適な効果だ。出来る限り真っ先にバーストさせて、主導権を握りたいところ。アビリティとフィニッシャーのバースト特性と合わせて火力は十分。あとはスロットに不安のないパートナーと組ませるといいだろう。バースト面のイラストはガンバライドの記念すべき最初のレジェンドレア・1-001。

3弾

カードナンバー 3-046 レアリティ N ライダータイプ アタッカー
ステータス コウゲキ 450 ボウギョ 450 タイリョク 1950
必殺技 ブラッディーパンチ コスト3 ひっさつ 1300
スロット 拳 80 蹴 70 拳 80 拳 80 蹴 70 蹴 50
アビリティ センコウのとき、あいてのチームタイリョクを300吸収する。
ライドバースト 仮面ライダーキバ キバフォーム
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 700 タイリョク 1950
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト5 ひっさつ 2400
スロット 拳 90 蹴 70 拳 90 拳 90 蹴 70 蹴 50
バーストアビリティ バーストしたとき、チームタイリョクが3500以下だと、あいてのチームタイリョクを1200吸収する。
解説 吸血鬼モチーフのキバらしいドレイン系のアビリティを引っさげて続投。うまくいけばジワジワと相手のタイリョクを削りつつタイリョクを増やせる。
条件はあるもののバースト後のスキルで表必殺技一発分のタイリョクを奪えるのも大きい。ただ、センコウを取れなかったり、ピンチにならなければ発動ができないのでその辺りをフォローできる仲間と組ませてあげたい。
ちなみにアビリティでタイリョクを0にすることはできない。(1残る)

4弾

カードナンバー 4-033 レアリティ N ライダータイプ フィニッシャー
ステータス コウゲキ 450 ボウギョ 400 タイリョク 1950
必殺技 ブラッディーパンチ コスト3 ひっさつ 1300
スロット 拳 90 蹴 80 拳 80 蹴 70 拳 50 蹴 50
アビリティ APバトルに勝ったとき、あいてチーム全体のひっさつ-150
ライドバースト 仮面ライダーキバ キバフォーム
ステータス コウゲキ 600 ボウギョ 600 タイリョク 1950
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト5 ひっさつ 2350
スロット 拳 100 蹴 80 拳 80 蹴 80 拳 60 蹴 50
バーストアビリティ バーストしたとき、ライジングパワーが7以上だと、あいてチーム全体のボウギョ-600
解説 2弾と同じフィニッシャータイプで収録。比べてみると、表面のボウギョと体力が低下、スロットも安定型では無くなった代わりに、バーストアビリティによる相手全員ボウギョ-600で 実質バースト必殺の火力が2弾より上・・という、防御の代わりに火力に重点を置いた形になった。またそのバーストアビリティがRP条件となった点も頭に入れておきたい。
ただ、コスト必殺補正が4弾でも続いているという事は、結局2弾と互角となる。

ナイスドライブ1弾

カードナンバー D1-031 レアリティ R ライダータイプ トリッキー
ステータス コウゲキ 500 ボウギョ 550 タイリョク 2250
必殺技 ブラッディーパンチ コスト3 ひっさつ 1400
スロット 拳 80 蹴 80 拳 70 蹴 70 拳 70 蹴 50
アビリティ 1ラウンド毎、チーム全体のひっさつ+150
ライドバースト 仮面ライダーキバ キバフォーム
ステータス コウゲキ 700 ボウギョ 750 タイリョク 2250
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト6 ひっさつ 2350
スロット 拳 90 蹴 90 拳 80 蹴 70 拳 70 蹴 50
バーストアビリティ 2番目にバーストしたとき、チーム全体のひっさつ+450
解説 現行のドライブと同じく喋るベルト繋がりでRで登場。かつキバ初のトリッキータイプで登場となった。毎ラウンドひっさつ+150の表アビリティに加えバーストアビリティは2番目指定の条件だが、表アビリティも加えれば最低2950という強力なダークネスムーンブレイクを決められる。

ナイスドライブ2弾

カードナンバー D2-032 レアリティ N ライダータイプ テクニカル
ステータス コウゲキ 450 ボウギョ 550 タイリョク 2150
必殺技 ブラッディーパンチ コスト2 ひっさつ 1300
スロット 拳 90 蹴 80 拳 70 蹴 70 拳 60 蹴 50
アビリティ ひだりのレーンにこのカードが置かれているとき、チーム全体のボウギョ+150
ライドバースト 仮面ライダーキバ キバフォーム
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 600 タイリョク 2150
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト5 ひっさつ 2400
スロット 拳 90 蹴 90 拳 80 蹴 70 拳 60 蹴 60
バーストアビリティ バーストしたとき、APバトルに勝っていたらチーム全体のひっさつ+400
解説 エンペラーフォームとサガの参戦に伴いテクニカルタイプで続投。また表必殺が初のコスト2でRPを残しやすく表アビリティもレーン指定でボウギョ強化と防衛に特化した能力になっている。
バーストアビリティはAPバトル勝利条件で全体に必殺補強を施すのでこれなら自身のやや低めの必殺を強化できる。

ナイスドライブ6弾

カードナンバー D6-031 レアリティ R ライダータイプ テクニカル
ステータス コウゲキ 500 ボウギョ 650 タイリョク 2000
必殺技 ブラッディーパンチ コスト2 ひっさつ 1550
スロット 拳 90 拳 70 拳 70 蹴 70 蹴 60 蹴 60
アビリティ 2番目にカードを出したとき、チーム全体のひっさつ+200
ライドバースト 仮面ライダーキバ エンペラーフォーム
ステータス コウゲキ 600 ボウギョ 800 タイリョク 2000
必殺技 ファイナルザンバット斬 コスト6 ひっさつ 2600
スロット 剣 100 剣 90 剣 70 蹴 70 蹴 60 蹴 60
バーストアビリティ バーストしたとき、チームタイリョクが3500以下だと、あいてのチームタイリョクを700吸収する。
解説 今回は初のキバフォームからエンペラーフォームにバーストする構成で、前回と同タイプでRへ再昇格。両面共に50無し安定スロットも兼ね備えている。
表アビリティは2番指定で必殺+200とお手軽に発動可能である。あえてバーストせずに毎ラウンド、チームの必殺を強化し続けるサポート役として使うのもありかもしれない。その役割として使うなら、ND1弾キバより強い効果を発揮するだろう。
バーストアビリティは体力吸収だが、3弾Nキバのバーストアビリティはこのカードと同じ条件で500も多く吸収するので、そこが少し残念なところだ。とはいえ、技のダメージに加えて、バーストアビリティで相手のタイリョクを削り、自身は回復するというこの効果はやはり強力。
バーストシーンで、LRキバエンペラーのスペシャルカードスキャン演出がつくことを期待していたが、結局次に出たSRで付くのであった。

バッチリカイガン1弾

カードナンバー K1-025 レアリティ SR ライダータイプ ブレイブ
ステータス コウゲキ 600 ボウギョ 650 タイリョク 2700
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト4 ひっさつ 1400
スロット G 80 拳 80 蹴 70 拳 70 蹴 70 蹴 50
アビリティ 2番目にカードを出したとき、あいてチーム全体のひっさつを150吸収する。
さらに、オイウチ発生率がアップする。
ライドバースト 仮面ライダーキバ エンペラーフォーム
ステータス コウゲキ 800 ボウギョ 1050 タイリョク 2700
必殺技 ファイナルザンバット斬 コスト7 ひっさつ 2800
スロット G 90 剣 80 蹴 70 剣 70 蹴 70 蹴 70
バーストアビリティ バーストしたとき、ひっさつ+1000 アタックポイント+20
さらに、1番目にバーストしたとき、ひっさつ+1000
解説 表面がキバフォームとしてはガンバライジング初のSR登場。前弾に続きキバフォーム/エンペラーフォームの構成だが表面の必殺技がダークネスムーンブレイクに変更されている点と、バーストシーンがLRキバEFのスペシャルカードスキャンのシーンになっている点が大きな違い。
表面アビリティは2番目に出すだけで、相手全員のひっさつを150吸収するもの。相手全員の必殺威力を下げるとともに、自身の必殺威力をグンと上げることが可能である。オイウチ率も上げられるので、通常攻撃でもガンガン攻めることが出来る。ちなみにSRサガとカードを出す順番が重複しないため、順番さえ守れば常時アビリティを発動出来る。
バーストアビリティはひっさつとAPがアップするが、最初にバーストするとチームタイリョクの半減覚悟で副次効果のひっさつ+1000とブレイブの恩恵を得るため、少なくとも4800に達する強力な一撃と後のラウンドでも先攻を取りやすくなるメリットはある。
このカードを「鎧の三重奏」デッキで使うなら753はD2弾を起用して全員でAPを積み重ねていく編成がしっくり来る。

バッチリカイガン2弾

カードナンバー K2-050 レアリティ VR ライダータイプ ブレイカー
ステータス コウゲキ 800 ボウギョ 800 タイリョク 2700
必殺技 ブラッディ―パンチ コスト3 ひっさつ 1550
スロット G 90 拳 80 蹴 70 蹴 70 拳 60 拳 50
アビリティ 1ラウンド毎、ライジングパワー+1 このラウンドのみ、アタックポイント+20
ライドバースト 仮面ライダーキバ キバフォーム
ステータス コウゲキ 900 ボウギョ 950 タイリョク 2700
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト7 ひっさつ 2800
スロット G 90 拳 90 蹴 70 蹴 70 拳 70 拳 60
バーストアビリティ バーストしたとき、ひっさつ+1500 スロットアイコンのアタックポイントを全て+20 さらに、ライジングパワーが9以上だと、あいてチームのタイリョクを600吸収する。
解説 レジェンドVSセレクションの1枚に選ばれて再度高レア化したキバ。バースト必殺技で高威力のダークネスムーンブレイクがようやく見れるようになった。
真の効果はレジェンドVSセレクションCPなので相手チームにイクサがいることでさらに必殺威力がアップされるものの、ブレイカータイプかつ、両面アビリティの取り回しはそれなりに良く、スロットアイコンのアタックポイントを全て+20はスロット自体に補正をかけるため、OCに引っかかりにくい為RPが9以上になったら状況次第だが、早めにバーストもありか。
対イクサ戦でなくても充分戦力となってくれるだろう。

バッチリカイガン3弾

カードナンバー K3-057 レアリティ CP ライダータイプ チェイン
ステータス コウゲキ 600 ボウギョ 850 タイリョク 2800
必殺技 ブラッディーパンチ コスト3 ひっさつ 1700
スロット G 80 拳 80 拳 80 蹴 70 拳 60 蹴 50
アビリティ APバトルに負けたとき、ボウギョ+300 アタックポイント+20 さらに、テクニカルゲージスピードがダウンする。
ライドバースト 仮面ライダーキバ ドガバキフォーム
ステータス コウゲキ 900 ボウギョ 1150 タイリョク 2800
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト7 ひっさつ 2500
スロット G 100 剣 90 剣 80 蹴 70 剣 60 蹴 50
バーストアビリティ バーストしたとき、ひっさつ+1500 テクニカルゲージがアップする。さらに、あいてよりチームタイリョクが多いと、ひっさつ+1000 テクニカルゲージがアップする。
解説 K2弾に続いてCPで続投。かつバースト面はライジング未参戦のガルル・ドッカ・バッシャーを差し置いて中間強化形態のドガバキフォームがライジング参戦を果たした。表面アビリティはAPバトル敗北時にAPが20増えるが前弾とは違い以後のラウンドにも効果が持続する。バーストアビリティは無条件でひっさつ1500アップとテクニカルゲージアップだが、タイリョク優勢時は更にひっさつとテクニカルゲージが増強出来るためバーストするなら出来る限りタイリョク優勢時を狙いたい。

バッチリカイガン4弾

カードナンバー K4-030 レアリティ R ライダータイプ テクニカル
ステータス コウゲキ 700 ボウギョ 600 タイリョク 2150
必殺技 ブラッディ―パンチ コスト3 ひっさつ 1400
スロット G 90 拳 80 拳 80 蹴 60 拳 50 蹴 50
アビリティ チームにブレイカータイプがいるとき、チーム全体のコウゲキ・ひっさつ+100
ライドバースト 仮面ライダーキバ ドガバキフォーム
ステータス コウゲキ 850 ボウギョ 850 タイリョク 2150
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト7 ひっさつ 2450
スロット G 100 剣 90 剣 80 蹴 60 剣 60 蹴 60
バーストアビリティ バーストしたとき、ひっさつ+800 さらに、オイウチ・ミガワリ発生率がアップする。
解説 前回CPの構成が早くもR落ち。表面アビリティは前回オーズと同じ効果であるが、K4弾の時点ではイクササガにはブレイカータイプのカードが無いのでなるべく素手でブレイカータイプのカードと組ませたい。バーストアビリティは前回同様に無条件でひっさつアップとオイウチ・ミガワリ発生率を上げる事ができる。
難点はバースト前が50が2つ、バースト後はやや不安定なスロットとバースト後の必殺コストがCPと同じく7である事か。
ちなみにバースト必殺技は前弾SR同様の武器による攻撃部分をカットした省略版ムーンブレイク・・・解せぬ(後のボトルマッチ2弾からは、完全版へと変わった)。

バッチリカイガン5弾

カードナンバー K5-031 レアリティ R ライダータイプ トリッキー
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 550 タイリョク 2500
必殺技 ブラッディーパンチ コスト3 ひっさつ 1550
スロット G 90 拳 80 蹴 70 拳 70 蹴 60 蹴 50
アビリティ テクニカルバトルをパーフェクトで勝ったとき、あいてチームのライジングパワーを1吸収する。
ライドバースト 仮面ライダーキバ ドガバキフォーム
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 700 タイリョク 2500
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト7 ひっさつ 2600
スロット G 90 剣 80 蹴 70 剣 70 蹴 70 蹴 70
バーストアビリティ バーストしたとき、ライジングパワーが6以上だと、あいてチーム全体のひっさつを300吸収する。
解説 タイプを変更しつつRで続投。
アビリティはテクニカルバトルをパーフェクトで勝つと、相手チームのライジングパワーを1吸収できる。
バーストアビリティは、RPが6以上でバーストすれば、相手チーム全体の必殺威力を300も吸収する事。ただ相変わらず拳→剣になる構成には注意。

バッチリカイガン6弾

カードナンバー K6-032 レアリティ N ライダータイプ アタッカー
ステータス コウゲキ 650 ボウギョ 600 タイリョク 2000
必殺技 ブラッディーパンチ コスト3 ひっさつ 1400
スロット G 90 拳 80 蹴 70 拳 70 蹴 60 拳 50
アビリティ コウゲキ・ボウギョ+300 ただし、ライジングコスト+1
ライドバースト 仮面ライダーキバ キバフォーム
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 700 タイリョク 2000
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト5 ひっさつ 2600
スロット G 90 拳 80 蹴 80 拳 70 蹴 70 拳 50
バーストアビリティ バーストしたとき、ライジングパワーが7以上だと、あいてのチームタイリョクを500吸収する
解説 最近はドガバキへのチェンジが続いていたが、今回はK2弾と同じく一貫してキバフォームのままで登場。
アビリティは無条件で攻防+300を施す代わりにコストが+1増えてしまう。ただ元々コスト3なのであまり気にならない。どうしても気になるのであればコストダウンのアビリティ持ちと組ませて相殺を図ろう。バーストアビリティはキバにとってはご用達となった体力吸収。必殺威力は平凡ながら、体力吸収のおかげで見た目以上の火力を持ち合わせているだろう。
なお表面のイラストは、かつてイベントで配布されたガンバライドのプロトタイプのカードを意識したかのようなイラストとなっている。

ガシャットヘンシン1弾

カードナンバー G1-030 レアリティ N ライダータイプ アタッカー
ステータス コウゲキ 750 ボウギョ 450 タイリョク 2350
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト2 ひっさつ 1500
スロット G 90 拳 80 蹴 70 拳 70 蹴 60 拳 60
アビリティ 必殺技が発動したとき、チーム全体のコウゲキ・ひっさつ+100
ライドバースト 仮面ライダーキバ エンペラーフォーム
ステータス コウゲキ 900 ボウギョ 750 タイリョク 2350
必殺技 ファイナルザンバット斬 コスト7 ひっさつ 2600
スロット G 90 剣 80 蹴 70 剣 70 蹴 70 剣 70
バーストアビリティ バーストしたとき、あいてのチーム全体のボウギョ-400
解説 BK1弾SRの構成で続投。同時にエンペラーフォームとファイナルザンバット斬のN落ちも兼ねている。
アビリティは必殺技が発動する事で攻撃と必殺の2点強化を施す。SRと比べて表必殺が僅かにアップした上にコストも2とダウンしているため、RPを少し多めに残せる点ではこちらが有利。
バーストアビリティは無条件で相手のボウギョを-400も下げる事が出来るため、額面上の火力を出せるだろう。

ガシャットヘンシン2弾

カードナンバー G2-064 レアリティ CP ライダータイプ テクニカル
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 950 タイリョク 3050
必殺技 ブラッディーパンチ コスト3 ひっさつ 1800
スロット G 90 拳 80 蹴 70 拳 60 蹴 60 蹴 60
アビリティ チームタイリョクが7500以上のチームだと、バーストゲージがアップする。 さらに、1ラウンドのみアタックポイント+20 テクニカルゲージがアップする。
ライドバースト 仮面ライダーキバ キバフォーム
ステータス コウゲキ 1350 ボウギョ 1050 タイリョク 3050
必殺技 ドランバレットムーンブレイク コスト7 ひっさつ 3250
スロット G 90 拳 90 蹴 90 拳 60 蹴 60 蹴 60
バーストアビリティ バーストしたとき、ひっさつ+1500 あいてのチームのライダーガッツ率を超ダウンさせる。 さらに、ライジングパワーが8以上だと、ひっさつ+1000 アタックポイント+20
解説 ドラゴンアーツキャンペーン」の一つで、K6弾と同様キバフォームのままとなっている一方、劇中技であり、新バースト必殺技のドランバレットムーンブレイクも手に入れた。
アビリティはチームタイリョクが7500以上にしないといけないが、バーストゲージが上がり、1ラウンド目のみ、AP+20とテクニカルゲージも1段階上がる。
バーストアビリティは、必殺威力の超強化と相手チームのライダーガッツ率を超ダウンさせると同時に、RPが8以上であれば、追加で必殺威力の強化とAP+20も得られる。
余談だが、このカードのバーストブレイク時にはキバの後ろにはキャッスルドランが待機している仕様となっている。

ボトルマッチ1弾

カードナンバー BM1-034 レアリティ R ライダータイプ テクニカル
ステータス コウゲキ 700 ボウギョ 650 タイリョク 2250
必殺技 ブラッディーパンチ コスト3 ひっさつ 1800
スロット G 80 拳 80 拳 70 蹴 60 蹴 60 拳 60
アビリティ 1ラウンド毎、あいてよりチームタイリョクが多いとき、ライジングパワー+1 オイウチ効果がアップする
ライドバースト 仮面ライダーキバ キバフォーム
ステータス コウゲキ 1100 ボウギョ 850 タイリョク 2250
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト6 ひっさつ 2800
スロット G 90 拳 80 拳 70 蹴 60 蹴 60 拳 60
バーストアビリティ バーストした次のラウンドまで、コウゲキ・ボウギョ・ひっさつ+1200
解説 キバフォーム統一ではG2弾のドラゴンアーツ以来の収録。
アビリティはチームタイリョクが相手より多くなければいけないが、RP+1とオイウチ効果がアップする…が、本人のスロットは80止まり。なのでオイウチを出す前にAPバトルに負けてしまった場合やその後にタイリョクが相手より下回った場合は効果が発揮できないのでその点には注意。
バーストアビリティは時間制限付きであるが、自分の能力3つを大幅に強化できる。
カードナンバー BM1-075 レアリティ CP ライダータイプ フィニッシャー
ステータス コウゲキ 1100 ボウギョ 950 タイリョク 3050
必殺技 ブラッディーパンチ コスト2 ひっさつ 1550
スロット G 90 拳 80 拳 70 蹴 60 拳 60 蹴 60
アビリティ チーム相性ボーナスが4以上のチームだと、チームタイリョク+1000 チーム全体のひっさつ+300 さらに、1ラウンド毎、コウゲキ+300 あいてのチームのライダーガッツ率をダウンさせる
ライドバースト 仮面ライダーキバ エンペラーフォーム
ステータス コウゲキ 1400 ボウギョ 1000 タイリョク 3050
必殺技 ファイナルザンバット斬 コスト6 ひっさつ 2600
スロット G 100 剣 80 剣 80 蹴 70 剣 60 蹴 60
バーストアビリティ バーストしたとき、ひっさつ+2000 あいてのチームタイリョク-800さらに、ジャマータイプがいるチームのミガワリ効果・発生率を超ダウンさせる
解説 BM1弾ベストマッチのCPでも収録。もちろん、キバとしては第4弾以来のフィニッシャータイプである…が、表必殺がK1弾やG1弾のダークネスムーンブレイクでは無くD6弾と同じ構成に先祖返りしている。今回、同弾のRのバースト技にダークネスムーンブレイクが収録されたこともあるのだろうか。
アビリティはチームボーナスが4つ以上のチームならばチームタイリョク+1000、必殺+300、更に1ラウンド毎にコウゲキ+300の増加と相手のガッツ率を下げる事ができる。基本的にはイクサやサガと組ませて「鎧の三重奏!」を狙いつつも、キックマスターなどを狙うのもいい。
バーストアビリティは必殺+2000に加えて相手のタイリョクを800も下げるが、更にジャマータイプがいるチームのミガワリ関連を超ダウンさせるというもの。つまり前述した「鎧の三重奏!」でK5弾SRイクサをチームに入れていた場合はこちらにもその効果がかかってしまうため、注意が必要となる。
ちなみに表面イラストにはキャンペーンカードのキーアイテムであるタツロット、手にはザンバットソードを持ったキバが描かれている。

ボトルマッチ2弾

カードナンバー BM2-029 レアリティ N ライダータイプ チェイン
ステータス コウゲキ 600 ボウギョ 600 タイリョク 2300
必殺技 ブラッディーパンチ コスト3 ひっさつ 1550
スロット G 90 拳 80 拳 80 蹴 70 拳 60 蹴 50
アビリティ ひっさつ+400 さらに、1ラウンド毎、バーストゲージが上がりやすくなる
ライドバースト 仮面ライダーキバ ドガバキフォーム
ステータス コウゲキ 800 ボウギョ 600 タイリョク 2300
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト7 ひっさつ 2500
スロット G 90 剣 90 剣 80 蹴 70 剣 60 蹴 60
バーストアビリティ バーストしたとき、あいてよりチームタイリョクが多いと、ボウギョ+500 ひっさつ+1000
解説 2号ライダー特集で名護さんが次ナンバーでSRで再登場した事から、前回に引き続きNで登場。そしてK5弾以来となるドガバキフォームで収録となった。
アビリティは必殺+400と1ラウンド毎にバーストゲージを上げやすくさせる。一方のバーストアビリティもタイリョク多い条件でバーストしても全く上がらないボウギョを強化しつつも、必殺+1000を施すという、Nにしてはそこそこの能力。
しかしセールスポイントがあり、バースト必殺がこれまでの低レア収録のドガバキと異なり何と初出のK3弾CPでブーストチャージを大成功しなければ見れなかったバッシャーマグナム&ガルルセイバー連続攻撃付きでの収録というポイントがある。今回、ガンバライダーのライダーフィニッシュに本技が報酬に抜擢されたのも関連したか。

ボトルマッチ6弾

カードナンバー BM6-032 レアリティ R ライダータイプ トリッキー
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 700 タイリョク 2300
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト3 ひっさつ 1700
スロット G 90 蹴 80 拳 70 拳 70 拳 60 蹴 50
アビリティ 1番目にカードを出したとき、テクニカルゲージスピードがダウンする。
ライドバースト 仮面ライダーキバ エンペラーフォーム
ステータス コウゲキ 1050 ボウギョ 900 タイリョク 2300
必殺技 ファイナルザンバット斬 コスト5 ひっさつ 2800
スロット G 90 蹴 90 剣 70 剣 70 剣 70 蹴 60
バーストアビリティ 1番目にバーストしたとき、ひっさつ+800 さらに、ライジングパワーが8以上だと、あいてのチームのオイウチ発生率をダウンさせる。
解説 BM1弾以来のキバ→エンペラーの構成で収録し、G1弾以来のダークネスムーンブレイクとなっている。

ライダータイム1弾

カードナンバー RT1-029 レアリティ SR ライダータイプ ブレイカー
ステータス コウゲキ 900 ボウギョ 900 タイリョク 2950
必殺技 プラッディーパンチ コスト4 ひっさつ 1650
スロット G 90 拳 80 蹴 80 拳 60 蹴 60 蹴 50
アビリティ ①ゲキレツ・キックアイコンに止めたとき、AP+10 相手全体の攻撃を100吸収
②4R目開始時に、AP+20 バーストゲージが超絶アップ
ライドバースト 仮面ライダーキバ ドガバキフォーム
ステータス コウゲキ 1200 ボウギョ 1050 タイリョク 2950
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト8 ひっさつ 2850
スロット G 90 剣 80 蹴 80 剣 70 蹴 70 蹴 60
バーストアビリティ ①バーストしたとき、攻撃・必殺+2000 相手のガッツ率をダウン
②1R毎、防御+500 ただし、体力-1000
解説 1年ぶりにバースト面にドガバキフォームを引っ提げてキバがまさかのSR再登場。今回10周年バインダーに兄さんとのメモリアルタッグフィニッシュが実装される事で前祝いとしての登場となった。
…が、今弾のSRの中ではイマイチと言わざるを得ず、アビリティはゲキレツかキックアイコンに止める事でAP+10と相手の攻撃吸収が出来るが、ゲイン値はたったの100。全体吸収で合計300になるのだが、正直力不足が否めない。更にアイコンもゲキレツを除けば拳2、蹴3の割合なので発動しにくい。よってゲキレツアイコン増やしを持つカードと合わせてゲキレツアイコンを多めにしておきたい。また2つ目の効果もバトル後半となるラウンド4まで待たなければならないが、その割には自分のみでAP+20とバーストゲージ超絶アップと一見地味。一応単なるバーストゲージアップでは無いのはありがたいところか。
バーストアビリティはドガバキ始動のSRのバーストアビリティに攻撃強化、1ラウンドずつ防御アップの効果が追加されており、ブレイカータイプな事もあって元のSRより更に攻撃重視型の能力となった。ただしその反面デメリットの体力マイナスのゲイン値が-1000に上昇しており、元のSRと同じように早期バーストすると徐々にタイリョクが-1000されていくためラウンド4までバーストせずに表アビリティで蓄積させておき、2つ目の効果が発動するラウンド4で同時にバーストする方という方針で使おう。
逆に2つ目のアビリティの効果を捨てて早めにバーストする場合は早期決着をつける算段かタイリョク回復持ちを入れておく事も考えたい。
カードナンバー RT1-030 レアリティ R ライダータイプ ブレイブ
ステータス コウゲキ 650 ボウギョ 700 タイリョク 2150
必殺技 ブラッディーパンチ コスト2 ひっさつ 1550
スロット G 90 蹴 80 拳 70 拳 70 蹴 60 拳 50
アビリティ ①キックアイコンに止めたとき、攻撃・必殺+300
ライドバースト 仮面ライダーキバ キバフォーム
ステータス コウゲキ 1200 ボウギョ 850 タイリョク 2150
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト5 ひっさつ 2750
スロット G 90 蹴 80 拳 70 拳 70 蹴 70 拳 70
バーストアビリティ ①バーストしたとき、必殺+800 オイウチ・ミガワリ発生率がアップ
解説 低レアは他のライダー同様に基本フォーム統一で登場。
SR同様アビリティはアイコン指定だがキックアイコン指定のみとなっており、スロットの割合もSRと真逆の拳3、蹴2と発動しにくい。場合によっては踏み倒す手もあるが、ブレイブタイプなので早めにバーストするとSR以上にタイリョクが大幅に半減した状態で強いられるのがネック。幸いアイコンは素手のままな上に最低でも70、ブレイブボーナスで120まで伸ばせるので素手のダブル・トリプルアタックを揃えるならこちらを使うのもありか。

ライダータイム3弾

カードナンバー RT3-064 レアリティ CP ライダータイプ トリッキー
ステータス コウゲキ 600 ボウギョ 950 タイリョク 3050
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト4 ひっさつ 2000
スロット G 80 拳 70 蹴 70 拳 70 拳 70 蹴 60
アビリティ ①テクニカルバトルに勝ったとき、相手全体の防御を300吸収 ガッツ率をダウン さらに、パーフェクトで勝っていると、AP+30 仲間の平成ライダーの防御+300
ライドバースト 仮面ライダーキバ キバフォーム
ステータス コウゲキ 1050 ボウギョ 1100 タイリョク 3050
必殺技 覚醒! 運命の鎖を解き放て!!/2008 コスト7 ひっさつ 3250
スロット G 100 拳 80 蹴 70 拳 70 拳 70 蹴 60
バーストアビリティ ①バーストしたとき、必殺+2000 チーム全体の必殺+500
②バーストした次のR開始時、RP+5 相手の体力を700吸収
解説 アーマータイムVSカメンライドキャンペーン」のカメンライド側のトリを飾るのはキバ。
今回のアビリティは防御吸収を重点に置いた形となっており、テクニカルバトルで勝てば相手の防御300吸収、ガッツ率ダウンと自分の防御を上げつつも相手全員の防御を下げてダメージアップさせると攻防一体をこなし、更にパーフェクト勝ちしていれば追加でAP+30と平成ライダー指定で防御+300の補正が付く。AP+30系の効果はほとんどの場合、次ラウンド制限までという条件があるものの本カードはその制限も無くパーフェクト勝ちすれば蓄積するので、先攻は取りやすい。が、肝心のテクニカルゲージ面は手薄なのでそこは他の仲間でカバーしよう。
バーストアビリティは必殺+2000、チーム全体必殺+500に加えてバーストした次ラウンドにRP+5と相手の体力700吸収できると、キバお馴染みとなった体力吸収系だが今回は速効性が無いのが難点。よってミガワリバーストで行う方が得策か。

ライダータイム4弾

カードナンバー RT4-031 レアリティ LR ライダータイプ メカニカル
ステータス コウゲキ 700 ボウギョ 800 タイリョク 3700
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト4 ひっさつ 1850
スロット G 90 拳 80 拳 70 蹴 60 拳 60 蹴 60
アビリティ ①1R毎、必殺+400 RP+1 相手のRPを1吸収
②1番目にカードを出したとき、RPが7以上だと、AP+20 RP-5 相手全体のスロットのAPをリセット
ライドバースト 仮面ライダーキバ キバフォーム
ステータス コウゲキ 1550 ボウギョ 1250 タイリョク 3700
必殺技 ドランバレットムーンブレイク コスト10 ひっさつ 3650
スロット G 100 拳 90 拳 70 蹴 70 拳 60 蹴 60
バーストアビリティ ①バーストしたとき、チーム全体の必殺+2000 全てのチームのテクニカルゲージをリセット
②1R毎、RP+5 相手のテクニカルスピードを超絶アップ
解説 RT4弾のメカニカルLRを飾るのは前回に続いて高レアで続投したキバ。愛機・マシンキバーがスペシャルスキャン演出と表面イラストで登場したこともあってバースト必殺技はブロンブースターを使用した必殺技かと思ってしまうが、その予想に反して無難にG2弾CP以来となるドランバレットムーンブレイクで実装となった。
アビリティは1ラウンドずつ必殺+400とRP+1に加えて相手のRP1吸収という物だが、正直力不足なのが否めない。というのも2つ目の効果は1番に出せばAP+20と相手のAPリセットができるが、その条件にはRP7以上で出さなければならない(しかもRP-5減る)ため、最初からAPを盛ってくる相手にはやや遅れが出てしまうか。とはいえ、ラウンド1で先攻を取ってラウンド2で2つ目を出せば結構な物になるのでうまく立ち回りたい。
一方のバーストアビリティは1つ目は必殺全体強化の代わりに全てのチームのテクニカルゲージがリセットされてしまうもの。相手に対抗してこちらもテクニカルゲージを盛った状態でバーストしてしまうと、こちらもリセットされてしまうため注意が必要。が2つ目の効果で自チームにはRP+5補強かつ相手のテクニカルゲージスピードを超絶アップの妨害を施せる上に「1ラウンド毎」なので何度でも蓄積させられる。この事もあり、このカードをバーストするまではこのラウンド持ちのテクニカルゲージアップでカバーしておきたいところだ。
ただし本弾になって現れたシグルドには要注意。あちらは初のメカニカル封印を引っ提げているので、バーストゲージが溜まってもラウンド1でのバーストは控えておくべきか。

プロモーションカード

カードナンバー PD-061 レアリティ N ライダータイプ パッション
ステータス コウゲキ 500 ボウギョ 450 タイリョク 2100
必殺技 ブラッディーパンチ コスト2 ひっさつ 1350
スロット 拳 80 蹴 80 拳 70 拳 70 拳 60 蹴 60
アビリティ 2番目にカードを出したとき、あいてチーム全体のボウギョ-150
ライドバースト 仮面ライダーキバ キバフォーム
ステータス コウゲキ 700 ボウギョ 500 タイリョク 2100
必殺技 ダークネスムーンブレイク コスト5 ひっさつ 2400
スロット 拳 90 蹴 90 拳 80 拳 70 拳 60 蹴 60
バーストアビリティ バーストしたとき、あいてチーム全体のボウギョ-400
入手方法 ガンバライジングチョコウエハース第2弾
解説 プロモではあるが、キバ初のパッションタイプで登場。表裏ともに、相手のボウギョを下げる効果である。
表アビリティの発動条件は簡単で、1ラウンドごとに相手のボウギョをどんどん削れるので、自分チームの攻撃・必殺のダメージをアップすることができる。
ラウンド3でバーストするとしたら、相手全員のボウギョが850も下げることができる。この能力を使えば、仲間の攻撃や必殺技の大きなサポートになるので、プロモのNとしては、強力なカードと言えるであろう。
ちなみに、D2Nバロンは表裏ともにこれと同じアビリティである。

ガンバライジングデータ


人間とファンガイアのハーフである紅渡が変身した姿。