ラブレイ=デシ・ミリア・ミスウィ・ヘルツァーヴィヤ
理語: lablei-deci mili'a micwi helzarvija
ラブレイ=デシ・ヘルツァーヴィヤ
生年月日 シンテーア暦1730年13月1日
出生地 ファルトクノア共和国
民族 ラッテンメ人(人型ラーデミン)
最終学歴 ヴェフィス国立研究院大学
時代 ポスト・イェスカ時代の哲学
地域 リパラオネ思想
学派 レヴェン学派後期第二世代、新イェスカ学派(アイン・イェスカ主義)、民主イェスカ主義、憶論、憶理学、経済学
研究分野 政治哲学、社会哲学、道徳哲学、文学批評、近代批判、管理主義
主な概念
影響を受けた人物 ターフ・ヴィール・イェスカレクタール・ド・シャーシュレシェール・ヴェンタフアンハルティア・ド・ヴェアンターフ・ヴィール・ウォルツァスカイユエスポーノ・ドーハシェルケン・スカーナなど
影響を与えた人物

ラブレイ=デシ・ミリア・ミスウィ・ヘルツァーヴィヤ(アイラニーヤ語:lablei-deci mili'a micwi helzarvija)または単にラブレイ=デシ・ヘルツァーヴィヤ(シンテーア暦1730年13月1日 - NNNN年N月N日)は、ファルトクノア共和国出身の哲学者、思想家である。独裁政治・獣人差別が台頭するファルトクノアから亡命し、様々な国を転々としながら哲学・形而上学研究を推進し、戦前ファルトクノア政府を批判して「近代全体性・仕切りの暴力性」批判を通して形而上学的な暴力性と社会の連関について分析した。省略名称であるデヘルと良く呼ばれる。経済学者としてアポラの中長期経済計画にも関わっている。


生涯

幼年時代

シンテーア暦1730年13月1日、ファルトクノア紛争の直後にアイラニーヤ人の両親の元、ラブレイ=デシ(lablei-deci)家に生まれる。父も母もアイラニーヤ系の貧しい賃金労働者であったが、デヘルを高等教育機関に向かわせることに心酔していた。

大学時代

ファルトクノアから脱出

その後


アポラ経済政策において

  • 中長期経済財政
  • デス・ラペア計画(中断)

思想

→「思想」を参照。
最終更新:2020年05月19日 13:10
添付ファイル