スノッラ出版

すのっら しゅっぱん

グラ・バルカス帝国の出版社。
ゴシップ誌『フリッグデイ』を出版している。

中央暦1643年6月に出版したフリッグデイにて、『温室育ち グラカバル殿下の遊惰な日々』という見出しの記事を出し、同記事内で「グラカバルは安全な場所にしか行けない臆病者」という趣旨の批判記事を出した。

……のだが、それを当のグラ・カバル本人が読んでしまったことで、当人は最前線であるバルクルスへの視察を強行。
結果、カバルは第二次バルクルス基地攻撃に巻き込まれて捕虜となり、さらに負傷したことで日本に治療のため移送。さらにをそれを受けた帝国が前代未聞の大艦隊を日本に向けて派遣するも大惨敗し、帝国が滅亡しかねない大損害を受ける一因となってしまった

なお、カバル出発直前の時点で王款庁職員らは同記事の記者を不敬罪で逮捕し、『フリッグデイ』そのものも休刊に追い込むことを決意している。

書籍6巻の付録には6月のフリッグデイの見出しが載っているが、その見出しも『巻頭特集・実録! 特務軍司令ミレケネス大将閣下の麗しきお姿』だの、『外務省のアイドル・シエリア嬢 爛れたレイフォリア勤務!?』だの、いかにもゴシップ誌である。

関連項目
用語グラ・バルカス帝国

※既存のコメントに返信する場合、返信したいコメントの左側にチェックを入れて下さい。
過去のコメント
  • というかそんな記事書いて不敬罪とかにならんのかね?グ帝のあの社会ならそんな法律ありそうだけど。 - 名無しさん (2024-05-24 23:18:33)
    • カバルが前線行き言いだしてから不敬罪にするって決めた辺り、不敬罪は存在するけど検閲はしてないんじゃないかな。検閲してたら事前阻止できた……と思う。まぁ結果論だけど。 - 名無しさん (2024-05-25 18:44:43)
  • 本土攻撃の恐れがある程厳しい状況になった現状での、これらゴシップ誌がどうなっているか見てみたいものだ。 - 名無しさん (2024-05-30 17:59:10)
  • グ帝戦後に宝大陸社と提携しそうw - 名無しさん (2024-05-31 09:17:21)

ここを編集
〔最終更新日:2024年05月29日〕

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年05月29日 19:22