レック・イット・ラルフ


"I'm Gonna Wreck IT!"

(こわしてやる!)

+ 日本語吹替声優
かぬか光明
予告編
山寺宏一
作品全般

ディズニーのアニメ映画『シュガー・ラッシュ』の主人公。
1980年代のアーケードゲーム『フィックス・イット・フェリックス』の悪役で、
同作の登場人物であるジーン達に住処の森を追い出され、その場所にマンションが建った腹いせで暴れるようになった。

……と言う設定の下にマンションを殴り壊し、『フィックス・イット・フェリックス』の主人公・フィックスの妨害をするのが仕事。
だが、内心ではフィックスのようなヒーローになりたいと思っており、憎まれ役を演じ続ける事にすっかり嫌気が差していた。
ゲームの悪役達のグループセラピー「悪役お悩み相談会」で他の参加者達から諭されるも納得がいかず、溜まりに溜まった不満が爆発した彼は、
ヒーローの証であるメダルを手に入れて皆を見返してやろうと考え、他のゲームの世界へ旅立つ。
FPS『ヒーローズ・デューティ』の世界でなんとかメダルを入手したものの、
同作の敵役である「サイ・バグ」に追われる内にレースゲーム『シュガー・ラッシュ』の世界へ迷い込んでしまう。
そこでプログラム上の不具合により共演者達から疎まれていた少女・ヴァネロペと出会うが、それはゲーム世界を巻き込んだ大騒動の始まりだった……。


MUGENにおけるレック・イット・ラルフ

RoySquadRocks氏が製作したものが公開中。
ドットは『フィックス・イット・フェリックス』内での8ビットを再現しており、
通常技のモーションを描き足すなどして格ゲーキャラに落とし込んでいる。
操作方法は6ボタン方式で、赤いキノコマークにザンギエフのパンツ、チェリーボムを投げる等の原作を意識した技を繰り出す他、
ストライカーとしてヴァネロペやフェリックスを呼び寄せる事もできる。

AIはデフォルトで搭載されており、defファイルを使い分ける事で強さを3段階に調整可能。
なお、最高レベルのものはWinMUGEN用かMUGEN1.0以降用かを選べるので、必要に応じて使い分けられたし。


「俺は悪役、それでいい。ヒーローになれないのは悪い事じゃない」

出場大会



最終更新:2022年05月18日 23:45
添付ファイル