クロウベア


ナムコのRPG『テイルズオブデスティニー』(PS2版)に登場するモンスター。
大きな爪を持っただから「クロウベア」。シンプルな名前である。
白い体毛と赤い目、名前の頭文字から「QB」と呼ばれることも。

ストーリーの最序盤のダンジョン「裏山」に出現する。
周囲の敵の中では飛び抜けて高い攻撃力を持ち、その爪の一撃は驚異。
特に高難易度では即死レベルのダメージを叩き出し、これから進む道の険しさを2周目プレイヤーに教えてくれる。
だが攻撃が大振りで術に対する耐性が低いため、逃げ回りながら術で攻撃するとよい。

色違いの別キャラとして「エッグベア」という卵生の熊も存在し、共に様々なシリーズに登場している。
特に『テイルズオブエターニア』においては、リッドが序盤に退治したエッグベアが、後の極光術習得の試練に思わぬ関わりを見せてくれる。


MUGENにおけるクロウベア

オキナ氏によるものが公開されている。
基本的にモンスターで体が大きいため、二段ジャンプやしゃがみといった動作はできない。
モンスターであることを反映して、LIFEは若干多目の1200。
爪による大技や火炎放射などの必殺技も使い勝手がよく、
ゲージなしの飛び道具こそ無いものの「猛襲撃」「爪牙斬」「熊爪連牙斬」の連係攻撃は強力。
空中からも攻撃可能であり、攻撃範囲も広いため戦いやすい。
ただしその図体故に食らい判定が大きく、コンボや飛び道具には弱い。
ちなみにこのキャラの必殺技名は全てオリジナルである。
まあ、原作のメインキャラからしてこんな名前の技ばっかりだからある意味雰囲気は合っている。

AIはデフォルトで搭載されているが、ゲージMAXだと強力な必殺技を優先的に使う傾向があるため、
製作者曰く「常時ゲージMAXでは使用しないで欲しい」との事。

出場大会

出演ストーリー



最終更新:2021年12月04日 10:35
添付ファイル