PCデフォルト設定

ボタン配置

B 決定ボタン、小K
中K
M 強K
N キャンセルボタン、小P
G 中P
H 強P
W ↑ボタン
S ↓ボタン
A ←ボタン
D →ボタン
LSボタン、バトル再スタート
K LBボタン
? RSボタン、ステータスの設定切り替え
J RBボタン
Enter スタートボタン
F12 スクリーンショット

PC設定

PC版スト5でXinput非対応コントローラを使う方法

 360用のものか、Xinput対応と表記されているものが対応品 それ以外のXinput非対応品はx360ceの導入が必要になる
  http://www.x360ce.com/Files/x360ce_x64.zip
 1. ダウンロードして解凍、x360ce_x64.exe をコピー
  C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\StreetFighterV  に置きたくなるが、
  C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\StreetFighterV\StreetFighterV\Binaries\Win64  にコピーする必要がある。
 2. x360ceを実行、Create 押す、Next 押す、Finish 押す
 3. コントローラを動かして、正しいボタン割り当てになっているか確認
 4. 使いたいコントローラが Controller1 として認識されているか確認
  一番目のコントローラ(orキーボード)でしかメニュー操作できない
  Controller2 以降として認識されている場合は、他のUSBコントローラを抜いて一からやり直す
 5. SF5を起動すれば使用可能になっている

一時クラスを生成できません~と出る
 Visual C++ Redistributable for Visual Studio 2013 等をインストールする
複数のコントローラつなげてて挿しなおしが面倒
 options → Enable Combining にチェックして、各Controller タブの Advanced → Combine this Controller にチェック

改善する可能性のあるPC設定の書き換え

■ini書き換え
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\StreetFighterV\Saved\Config\WindowsNoEditor\
の下記ファイルに追記→読み込み専用にして保存

●Engine.ini

#垂直同期OFF
[SystemSettings]
r.VSync=0

#同時発音数の設定
[Audio]
MaxChannels=64

#対戦開始前にVRAMデータを全て読み込む #30fps病
&スタッタリング対策
[/Script/Engine.Engine]
bUseBackgroundLevelStreaming=False
SmoothedFrameRateRange=(LowerBound=(Type="ERangeBoundTypes::Inclusive",Value=30),UpperBound=(Type="ERangeBoundTypes::Exclusive",Value=60))


●Scalability.ini

#ポストプロセス設定モーションブラoff #PostProcessQuality
@3=最高設定→@0低設定
[PostProcessQuality@2]
r.MotionBlurQuality=0

[PostProcessQuality@3]
r.MotionBlurQuality=0

Win7の設定

OSの仕様で遅延が発生するためエアロは切っておく。

1.アイコンやタスクバーのない、何もないところで右クリック
2.個人設定をクリック
3.Aeroテーマ以外のテーマを選ぶ(わからなければWindows7ベーシックかWindowsクラシックを選ぶ)

エアロはウィンドウの枠を半透明にするなど余計な処理などをするため数フレーム描画が遅れる。

Win10で設定した事まとめ


  • ウル4PCスレの設定

  • SFVポート開放

  • ゲームラグ対策のWin10で設定できる部分だけ

  • Ping応答設定

  • 垂直同期OFF
\Users<username>\AppData\Local\StreetFighterV\Saved\Config\WindowsNoEditor\
にある"GameUserSettings.ini"の中身下記部分を書き換える
bUseVSync=True → bUseVSync=Fals

  • Win10設定
①設定→システム→通知とアクション:「プレゼンテーション中は…」以外OFF
②設定→システム→通知とマルチタスク:全てOFF
③設定→システム→タブレットモード:全てOFF
④設定→システム→電源とスリープ→電源の追加設定:高パフォーマンス
⑤設定→システム→オンラインマップ:全てOFF
⑥設定→プライバシー:全ての項目をOFF(フィードバックは"しない")
⑦タスクバー右クリック→プロパティ→「タスクバーの端にある…」のチェックを外す

  • Chrome開いてる場合
Chromeの設定→詳細設定「ハードウェアアクセラレーションが…」のチェックを外す。
※SFV動作(GPU動作)が不安定になる為

  • NVIDIA機能(ShadowPlay・SHIELD)を使用する場合
NVIDIAのサービス、スタートアップは停止させず、全て動作させる。
※停止させると1分に1回割り込みが入りfps低下する為

Steam関連

Steam版ウル4スレのテンプレ

●ポート開放
PC版ウル4はSTUNによるNAT越え。ルータがSTUN対応なら自動でポート開放
一部のSTUN非対応機種では手動でポートを開放する必要あり
ポートが開放出来ていないと海外サーバー経由のラグ対戦になります

まず二重ルータ環境になっていない事
http://www.akakagemaru.info/port/tracert.html

次にWinSTUNでルータのSTUN対応を調べましょう
http://sourceforge.net/projects/stun/files/WinStun/0.96/WinStunSetup-0-96.msi/download
STUNサーバーに208.64.201.169を入力してRUN TEST
  • VoIP will work with STUN ならSTUNに対応してるルータ。自動でポート開放されます
  • will not work ならSTUNに対応していないルータ。STUN対応ルータに買い換えましょう(推奨)
 もしくは手動で必要なポートを開けてください(セキュリティ的に手動より買い換え推奨)

フレッツプレミアム用CTUや一部のレンタル用機種ではSTUNの機能が働いてない可能性がある
CTU PPPoEブリッジ ルーター の設定でフレッツ光のCTUでも自動ポート開放できる場合があります
(参照 http://vss.ne.jp/manual/smartcam2/t-2.html ) ※STUNに対応してないルーターもある

ファイアーウォールやセキュリティソフトの設定も確認しましょう
手動でのポート開放はネットワーク機器の説明書を熟読し、ポート開放、ルータの型番などで各自検索
自分で開放した場合ゲーム終了後に閉じるのを忘れない※ポート開放は自己責任です

ウル4で必要なポート
Steam クライアント
UDP 27000 to 27015 (ゲームクライアントトラフィック)
UDP 27015 to 27030(通常マッチメーキングとHLTV)
TCP 27014 to 27050 (Steam ダウンロード)

Steamworks P2P ネットワーキングとSteam 音声チャット
UDP 3478 (アウトバウンド) ※アウトバウンドのみが必須ポート。インバウンドは開けるな

UDP 49152-65535
Steamworksの対戦はUDP 49152-65535の範囲をランダムで使いP2P通信している

■海外サーバー経由のラグ対戦を防ぐ(SF5はCFNサーバなのでポート別?)
ポートが開放出来ていればあとは海外サーバー経由の通信をブロックするとラグ対戦を軽減できます

UDP 4379-4380をルーターまたはWindowsファイアーウォールでブロック
UDP 4379-4380はUDP 49152-65535が開放されてないなど正常にP2P通信できなかった場合、
海外にあるSteamのマッチングサーバーが双方の通信を中継して対戦を開始するためのポートです。
  • ブロックされた場合アンテナは点滅したままか灰色で部屋に入れない

~海外マッチングサーバーへの接続を防ぐWindowsファイアウォールの設定~ Win7
コントロールパネルからWindowsファイアウォールの画面を表示。左の詳細設定をクリック
別窓で『セキュリティが強化されたWindowsファイアウォール』が出るので
左欄の送信の規則をクリック、右欄の新しい規則をクリック
新規の送信の規則ウイザード画面でポートにチェック、次へをクリック
UDPにチェック、特定のリモートポート欄に4379-4380をペースト、次へをクリック
接続をブロックするにチェック、次へをクリック
この規則はいつ適用しますか、次へをクリック
名前を付ける(steamUSF4 等あとで一時無効化できるよう分かりやすく)
完了をクリック。送信の規則だけでなく受信の規則も同じく設定する。

■プチフリーズ対策
2015年4月9日Steamクライアントのアップデートで改善されました
http://www.capcom-unity.com/street_fighter/blog/2015/04/23/usfiv-netcode-improvements-for-steam-live-now
Steam設定のゲーム内サーバーブラウザー:最高ping数/分を1500以下にする
UDPのセッションタイムアウトを30秒など短めに設定してみる
ルーター それなりのショートパケット処理性能と16K以上のNATセッションテーブルを持ってる機種を選ぶ

ネットの設定

PC版SF5(CFN)で使用するポート

TCP ポート 80、443、20002、30840、30850、30870
UDP ポート 30840~30859、30870~30879

回線安定度測定

(コマンドプロンプトの使い方がわかる人用)

■回線安定度測定用bat。以下をcmdにコピペで測定できる。
損失…0%以外が出た場合、やばい。
平均…16ms超えると1f遅延発生(1f=16.6666667ms)
最大…平均値との差が多い場合、通信が安定してない。

@echo on
rem ■東京
PING www.usen.com -n 30
PING 210.253.208.29 -n 30
PING 130.69.251.23 -n 30
rem ■北海道
PING 133.87.1.18 -n 30
rem ■宮城
PING ntp.tohoku.ac.jp -n 30
rem ■名古屋
PING 192.50.56.9 -n 30
rem ■大阪
PING www.ntt-west.co.jp -n 30
PING 133.1.84.4 -n 30
rem ■広島
PING 133.41.4.1 -n 30
rem ■福岡
PING 133.100.11.3 -n 30
@echo off