マーガレット

登録日:2009/09/27(日) 02:10:40
更新日:2020/05/17 Sun 20:46:27
所要時間:約 4 分で読めます




1.キク科の多年草。

その辺の花壇によく植えられている。名前的にはマルゲリータと同義。



2.集英社が発行している少女漫画雑誌。

「アタックNo.1」「ベルサイユのばら」「エースをねらえ!」等が掲載され、少女漫画界を代表する雑誌だが、
近年、他誌に押される形で発行部数は伸び悩んでいる。


3.ONE PIECEの登場人物。
CV:浅野真澄

女ヶ島(アマゾン・リリー)の戦士。


4.うえきの法則の登場人物。
CV:池田秀一

ロベルトの父であったが、ロベルトと同じく…


5.ペルソナ4に登場する、ベルベットルームの住人。
CV:大原さやか

イゴールの秘書的存在。
通常は招かれる客人によって、誰が役目を務めるのかが変わるのだが、彼女は前任の者がいなくなった為に呼び出された。

コミュニティ発生はイゴールがベルベットルームにいない時に発生する(5月19日以降)。
コミュの対応アルカナは『女帝』で、MAXアイテムは白蝶貝のブローチ、ランクMAXで解放されるペルソナは氷結属性と回復属性を得意とするイシス。
コミュニティは他の者達とは違い、特定のスキルを習得したペルソナを見せることでランクアップする。前作の依頼にあったものがコミュ活動になった。
尚、他のコミュニティと最も違う点は、作中で時間経過せずにランクアップすることである。故に、1日でコミュMAXが可能。

コミュ活動では、ジャアクフロストという言葉を噛んだり(本人曰く噛んでないが、アニメでは言いなおそうとしてまた噛んだ)、
カラスはカラスでも、ヤタガラスはなんだ?(A.ヤタガラス)等とドジっ娘な面が見られる。りせも認める美人なので赦してあげて下さい。




以下、ネタバレ





彼女は前任者エリザベスおよびテオドアの姉である。彼女は、エリザベスがどうして現世へと旅に出たのかが分からなかった。
我らが番長こと主人公ならその答えを示してくれるのではないか?と考えた。
妹の旅を愚かな事だと思い、止めさせようとしていたが、主人公と触れ合ううちにその考えを改める。



さらなる?ネタバレ





彼女の得た答えは『愛』であった。姉も妹のように主人公を愛してしまったのだ…………。

主人公が都会へと帰る日に、コミュニティのランクがMAXの人の後日談を知ることが出来るイベントで、おそらく接吻をされる。
目を閉じらされている為に詳細は不明。

また、主人公への愛の告白?を聞くには彼女に勝たなければならない。


エリザベスは1人で行かなければならなかったが、マーガレットは4人でも可能。
ただ、あの恐ろしい攻撃は存在するので全能の真球は外すことをオススメする。エリザベスでのずっと俺のターンの攻撃である。


あと、主人公が招待状を貰って行かないと放置プレイになるとか、宙にカードと一緒に浮いてるとか、天国に流れ星とか、恋人にできないとか言ってはいけない。


アニメでは第19話『It’s School Festival Day! Time to Have Fun!』にて学園祭に占い師マギーとして出張し、
悠(主人公)の女性関係について占おうとしたが、止められた。

「お客様の女関係は」
「そっとしておけ…!」


ライブでは、妹と再会をはたして、取り乱してイゴールを困らせたとか……………。

そして『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』にてDLCキャラとして参戦。
キャッチコピーは『満を持して、女帝降臨! イケメン飼いのドS秘書』。アルダー、クー・フーリン、ヨシツネという三種類のイケメンペルソナを使い分けるトリッキーなキャラとして使用される。

ペルソナカードは何と最多の8枚であり、その分非常にペルソナ依存が強い。
ペルソナ枚数が多い割には体力はいたって平均的(番長と同じ)。
彼女の技には敵ともども一定数体力を回復する(ただし敵の回復量はマーガレットと比べると少な目)「メディアラハン」や生当てや8の倍数のヒット数の時に当てると大幅に威力のあがる「八艘飛び」などのトリッキーな技が多い。
一撃必殺技は「明けの明星」。ヒットするとダメージ数が99999になる。
中下段技や飛び道具や逆ギレによるコマ投げという技のラインナップは随一だが5や2Aの外した時の隙が非常に大きい、中~長距離なら得意だが近距離戦が非常に苦手といった欠点をもつ中~上級者向けのキャラといえる。

家庭用からの参戦のためかスコアアタックで彼女と戦うことはないのだが、アーケード版では足立やマリー共々スコアアタックモードで戦えるように。
当然彼女にもボス仕様が存在するのだが、エリザベスの姉に恥じないくらいの超大幅強化されている。
その内容は、
  • 体力が24000に上昇。
  • 移動速度が高速化。
  • 攻撃力が通常時の約2.5倍
  • SPゲージの回収量が大幅上昇。
  • 逆ギレの威力が7000程に大幅上昇、投げ抜け不可能、のけぞり中やられ中でもつながる、発動すると相手を吸引するように。
  • 5AやA連で出てくる光弾が端までとどくように。
  • 5B・JBがワイヤー吹き飛ばし技に変更・
  • 足払いがガード不能に。
  • スキルをスキル・逆ギレで任意にキャンセル可能に。
  • パワースラッシュ発動後、即行動可能。
  • 八艘飛びの威力大幅上昇、ガード不能。
  • メディアラハンが自分のみ体力を瞬時に全回復するように。
  • 明けの明星の攻撃範囲が全画面でガード不能。
もう、めちゃくちゃ
体力がボスエリザベスを抜いて一位になっただけでなく、圧倒的な火力とリーチでこちらを瞬殺してくる姿はまさにトラウマ。
おまけにスキルの任意キャンセルや移動速度の高速化で動きについていくのにも一苦労。
おまけに八艘飛びを生当てで喰らおうものなら12000ダメージを叩き出されて即K.O。そして一撃必殺技をこちらが空中にいる時に発動されるとどうしようもない。
仮にペルソナブレイクさせてもこちらを致命傷になる攻撃を持っているためどの道油断はできない、と原作の隠しボスにふさわしいくらいの性能をしている。
アーケード版スコアアタックのボスマーガレットはボスエリザベス共々当然難易度ノーマル以降の最終ステージ(例外あり)にいるのだが、とあるコースではボスエリザベスとボスマーガレット両方と戦わないとステージクリアできないコースもある



あなたが私の項目を追記・修正するのもまた運命。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/