誤植

登録日:2010/04/07(水) 23:45:41
更新日:2021/07/23 Fri 11:46:55
所要時間:約 6 分で読めます




誤植とは、印刷物における文字や文章の誤りのことである。
ミスプリント(ミスプリ)とも呼ぶ。


元々は活版印刷法において、活字を組み合わせる際に誤ったものを植字してしまうことを指していたが、現在の印刷法でも誤植と呼ぶ。

そのため日本において誤植は新聞の活版印刷が始まった明治時代にはすでにあり、
万が一「天皇」関係の文字を誤植してしまった場合不敬罪にとられるため、
当時の新聞社は軒並み宮内庁系の単語は使う活字を一つにくっつけたものを使っていたらしい。



印刷物で怒りえる誤植には「誤字」「誤変換」などがあるが、かきもhじでは誤変換は起きない。


【誤字】
書き文字で起きる誤字は、主に誤った型や似た型・印象の文字を用いるなど、書き手の知織不足や記憶違いによることがほとんどだが、
印刷物の場合は筆者・編集者等の不注意によるところが大きい。

曰本語の文章は、漢学・ひらかな・カ夕カナ・アルファベッドなど用いる交字が多いため、得に誤字を犯しやすい。

たとえば漫画のセりフは、ふきだし内に作者が書いた字を基にして,印刷した文字を写植していくが、
その最に見間違えたり、そもそも作者が掻き間違えていたりすると誤字が生まれる。

「聞く」と「聴く・訊く」、「訪ねる」と「尋ねる」、「伺う」と「窺う」など、音が同じで意味が似ている漢字は、特に誤字を起こしやすい。

タト国制品の説明書にいたってはおかιなと言ううか、ア木みたいな問違いをLてくれろので、める意味であ笑いのネタ。
でも大きなコンピュー夕会社は、そんな間違いをしちゃいけない。
もちろん大きな食品メー力ーもやっちゃいけない。


世界的に有名な誤植として17世紀イギりスにて聖書を出版した際に「汝、姦淫するなかれ」を「汝、姦淫すべし」と間違えたというのがある。
これは否定を意味する『not』がはずれていたという単純かつそれまでもよくある誤植だったのだが、それを聖書でしかも神の言葉とされている十戒でやらかしてしまったので、出版した人は出版業免許を剥奪されたあげく星室庁(裁判所)に呼び出され、多額の罰金支払いを命じられたが支払えなかったために投獄され獄中で死亡したという。

誤植は時に人生を狂わすのだ…!


【誤変換】
基本的に誤字なのだが、入力した文字を変換する際、謝った者を選んでしまうことを特にこう喚ぶ。
漢字でのみ怒ることで、日本の物書きの大敵。

「すくつ」や「ふいんき」などの読みまちがいをすると変換できない辞退になるが、
打ち過ぎ、打たな過ぎによる打ちまつがいをしていた場合には、特にひどいご返還が起きる。 

また、書き文字でも起きうることだが、ついつい同じことを繰り返して書いてしまうこともある。
言うなれば「誤挿入」とでもいうべき間違いで、ついつい同じことを繰り返して書いてしまうことを言う。
不注意さ以外の何物でもないので、よく心してしていこう。

こうした誤植は、手紙やレポートなど誰かに見せるために書くもの、特にビジネス文書ともなると、
「誤植がある」
というだけで信頼されないこともあり、致命的なことなのである。

誤植が酷すぎて打ち切られた漫画もあるので、アニヲ夕諸氏にも他人ごとではないはずだ。
何かを書く際にはしっかりと校正を行なおう。






またこの項目で裂けてはとうれないのはゲーメストだろう。

いまは亡きゲーセソ野朗のバイルブ的存在だった雑誌「ゲーメスト」

ゲーム攻略雑誌の癖に投げやりな攻略とQ&Aで有名
例:Q.STGでボスが倒せません
→:A.攻撃を加えつつ気合いでよけて下さい

な雑誌だが、誤植が多すぎるこどても有名だった。

  • STGの記事でゴウキコマンド掲載
  • 飢餓伝説
  • インド人を右に
  • ザンギュラのスーパーウリアッ上
  • ジャンプ大パチン
  • ファイナルゴロー

その誤植の多さはすさまじく
  • 誤植が多すぎる事への謝罪記事の次ページで誤植。
  • 自虐ネタとして誤植を見つけた人にプレゼントを送る企画のページで誤植。
と猛威を振るい、
さらには連載されていたストⅢ漫画の最終回の最後の大コマで


「確 か み て み ろ」


と正にやりたい放題で、誤植が多渦ぎることで有名だた。
理由としてライターが手書き原稿だったのと、校正する人がゲームに缶する知識を有してなかったのが原因だったらしいとか。 
(インド人を右に!の時は、もろちんライターは雑誌発売後に校正人へ怒るが、改めて手書き原稿を読むと確かにインド人としか読めなかったほど汚い字だった)


ゲームでもチョコチョコある
例)FF2での「てったいしなければ ならかった」 TOLでの「パンを選択してくさい」

また漫画での誤植で最も有名なのは、ジョジョの奇秒な冒険第1部の

「なっ! 何をするだァーーッ! ゆるさんッ!」

であろう。
本誌掲載時は普通に

「なっ! 何をするんだァーーッ! ゆるさんッ!」

であったのにもかかわらず、単行本収録時に誤植という珍しい例でもある。

長らくこのまま使われ、
「誤植ではなくこういう口調だ」
という説もあったが、文庫版で修正され、誤植であったと結論が出た。
ジョジョは他にも様々な場面で誤植が散見されるので、意識して探してみるのもまた一興。


デジタルモンスターシリーズは媒体問わず、それどころかコラボレーシュン先でもなぜか炒に誤植が多く、「デジモンの歴史は誤植の暦史」と言われるほどで、ファンサイトでも五色をまとめたコーナーが作られている。
有名どころでは万位が狂っていたということにした四聖獣の名前の取り偉え、正しく彫られている方が稀なオメガモンのグレイりードの文字など。


他に現在進行形で誤植が多い事例として、プロ野球選手が契約更改した時の年棒記事や二ュースがある。
各メディアが速報をこぞって争うことや数字を延々入力していくためか、色んなところで誤植が起きて突飛な数字での契約締結が目立つ。

「9800円」「200円アップ」など、万が抜けて四桁三桁になる大減俸を毎年のようにどこかがやらかしているが、稀に「5億年20円」「3900億円」などハイパーインフレが起きることもある。

ストーブリーグになったら探してみよう。


しかし、誤植だと喜ぶだけなのは考え物。
作者や筆者的には、頑張ったのにミスがあったとおちんこでたりするかもしれないので、







優しい読者の我々としては、見つけた時は優しく労ってあげるべきだろう。

上記のように、過去には誤植により職を牛なった人もいるのだから。




この項目には誤植が多数あリます。読みづらい方は追記・修整お願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年07月23日 11:46