罪木蜜柑

登録日:2012/09/17(月) 02:26:41
更新日:2021/06/29 Tue 14:25:57
所要時間:約 5 分で読めます






ゲロブタですみませぇーん!



罪木蜜柑(つみきみかん)とは、ゲーム『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』の登場人物である。



人に奉仕することを生きがいとしている《超高校級の保健委員》の肩書を持つ女子高生。

ざんぎりにカットされた赤紫っぽい黒の長髪に、困り眉と泣き黒子が特徴的。
制服の上から白いエプロン風の看護服を着ており、保健委員らしさの表れなのか左腕と右脚には包帯を巻いている。
またスタイルも中々のもので、バストサイズは89cm。身長165cmに対し体重は57kgと、他キャラと比べ「ややぽっちゃり」だと錯覚しそうになるが、
むしろ『ダンガンロンパ』シリーズの他の女子の方が全員「痩せすぎ」なのであり、彼女の数値は至って標準値の健康体。

十分美人なのだが何故か自己評価が異常に低く、口を開くと挙動不審になりがちで、かつ空回りがち。
嫌われることを極端に恐れているようで、何かあるととりあえず脱ごうとしたり身体に落書きさせるなどして相手の機嫌を取ろうとする。
少々ベクトルこそ異なるものの、ある意味狛枝以上の後ろ向きな性格の持ち主。その性格故か、これまで友人にもあまり恵まれてこなかった様子。



「あっ、そうだ。実はウミガメの産卵の真似とかも得意なんですよ?」


そんな罪木の性格は、彼女の過去に大きく起因している。

話を聞いていくと、友人に恵まれてこなかったどころか、余興で虫を食べたり借金の連帯保証人になったりダーツの的になったりと、
洒落にならない壮絶なイジメを受けていたという。「家でも外でも際限なくぶたれた」という発言から、家庭内でも虐待を受けていた様子。
彼女の髪が不揃いになっているのもイジメの名残。プロフィールの「大きすぎるもの」が嫌いという記述からも、彼女の暗い過去が見えてくるようだ。
さらには《超高校級の保健委員》になった経緯すらも、「怪我しても誰も治してくれないから自分でやってる内に得意になった」というのだから、言葉に詰まる。
彼女が抱える複雑な本心は、彼女との通信簿イベントを通して知ることが可能。

コロシアイ修学旅行中でも西園寺に度々ボロカスに罵倒され、その度に泣かされるのがお約束。
それでも「この島では誰も自分を傷つけない」と日向に語る辺り、なんだかんだで仲良くやっているようだ。


また、かなりのドジっ娘である。
よく何もないところで独創的な転び方をしては、その太腿やパンツを大胆に披露し(一章だけでも2回)、男性プレイヤーの尻尾を堅くさせるなど、
本作のお色気要員のような扱いもしばしば。身体に巻いている包帯も、イジメの名残というよりは普段からよく転ぶことによるものらしい。

「ふゆぅ」「うゆぅ」が口癖であり、話し方もややおっとりめである。
敢えて悪く言えばちょっと媚びてるとも取れそうな感じであり、もしかしたらその辺りがいじめられていることの遠因になっているのかもしれない。
別に本人に自覚は無いだろうし、どっちにしろいじめを受けていいような理由になる訳がないことは当然ではあるが。


ドジっ娘という医療関係者にとっては致命的な属性を持つ彼女だが、《超高校級の保健委員》の肩書は伊達ではなく、その実力は本物。
人体への理解に優れ、一章ではなんと検死役まで務めるなど、もはやその技術と知識量は医者の領域に達している。

ただし彼女が献身的であることの背景には、「病気や怪我をした人間は自分より弱く、自分の言うことを何でも聞いてくれるから」という、少々歪んだ考え方がある。
ネガティブすぎる罪木に戸惑いながらも優しく接してきた日向もこれには薄ら寒いものを感じており、「少しずつ彼女のことを理解できていると思ったのはまったくの幻想だったようだ」と思い直す。


本編のおまけ要素であるアイランドモードでは、最初は自分を虐めない日向に戸惑いながらも、徐々に信頼を寄せるようになる。
仲良くなればなるほどヤンデレっぽくなるのは気にしてはいけない。
エンディングではなんと結婚の約束をする。「日向さん専属ナースです!」「あれこれしたい放題ですよ!」 爆発しろ。
漫画『だんがんアイランド ココロ常夏、ここロンパ♪』でも彼女が主役の回がある。モノクマ「リア充爆発しろ」

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期のおまけモードである超高校級の才能育成計画では、怪我をした大和田や食生活の偏りで体調不良を起こした山田の手当てをしたり、体育祭で仮病でベッドに居座る連中に振り回されたりと、やはり保健委員らしいイベントが多い。
「転んでしまいましたー」も複数のイベントで健在。さすがに画像までは用意されていないが
また腐川の小説を愛読しているらしい。













以下、一章のネタバレがあります。

























パーティー中に突如発生した停電。

無事電力が戻り、明かりに照らされて日向たちの前に現れたのは、《超高校級の保健委員》罪木蜜柑の、変わり果てた姿だった………






























\ パ カ ー /





まぁ、転んだだけなんですけどね!

スカートは完全にめくれあがり、両腿の付け根やその間にある素敵な部分まで露わになり、股間にはテーブルから落ちた料理がぶち撒かれ、
繋がった腸詰が手に絡まって立ち上がれない…という、かなり上級者向けなポーズを見せてくれる。けしからん。


しかし裁判においては、ぶっちゃけこの子がいなければ全員オシオキされていたレベルの大活躍を見せる。
検死によって十神の死因を特定し、がクロとして投票される流れを止めるのに一役買う。
さらに前述の恥ずかしいポーズが、なんと真犯人を追い詰める最大の証拠となった。





「あっ、そうだ。実は追記・修正も得意なんですよ?」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年06月29日 14:25