ぎんぎつね

登録日: 2012/05/01(火) 21:53:34
更新日:2018/05/19 Sat 12:21:06
所要時間:約 3 分で読めます




は落合さよりが「ウルトラジャンプ」で連載している神道漫画(動物マンガ)。

小さな稲荷神社の跡取り娘であるまことと狐の神使の銀太郎を中心に、
その家族や友人達とのほのぼのとした日常を学校や様々な神社を舞台に描いている。


この度、アニメ化が決定した。
製作は「侵略! イカ娘」シリーズや「カンピ オーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~」のディオメディアが担当。



登場人物

・冴木まこと
CV:金元寿子
この漫画のヒロインかつ主人公。16歳の女子高生。
普通の人には見えない神使を見ることができる神眼を持つ。

江戸時代から続く稲荷神社である冴木神社の跡取り娘。
父親と2人(銀太郎を入れて3人?)暮らし をしていたが、後に2人(?)ほど居候が増 えた。

明るく人当たりの良い性格で、困った人(神使を含む)を放っておけないお人好し。
その人柄のため、神使を含めた色んな相手に好かれる。
銀太郎とは喧嘩しつつも、仲が良い様子。


・銀太郎
CV:三木眞一郎
冴木神社の神使で銀色の狐の雄。
神使であるが面倒くさがりやで、一日のほとんどを寝て過ごしている。
好物はみかん。

口は悪いがまこととは、なんだかんだ言っても仲が良い。


・冴木達夫
CV:関俊彦
冴木神社の宮司でまことの父親。
飄々とした性格でつかみ所がないがまことや神社のことを大事に思っている。
まことと違って神眼は持ってないため、銀太郎のことは見えない。

かつては酒蔵の跡取りだったが、冴木神社に婿入りした。


・神尾悟
CV:小野賢章
まことの家に居候している男子。
まことと同い年で学校も一緒。部活は剣道部に所属している。
居候する前は叔母夫婦に育てられていたが、仲は良くない。
複雑な過去を持っているため、コミュニケー ションがうまくなくまこと達とも他人行儀で接していた。

まことやその友達、剣道部の仲間たちとの交流で少しずつ心を開いて来ており、
不器用なりにコミュニケーションを取ろうとしている。


・ハル
CV:藤村歩
悟に付いてきた神使。
子狐の女の子。80歳前後だが神使としてはまだまだ子供。
生意気な性格で、悟以外には暴言を吐く。
クリームパンが好物。


・池上ユミ
CV:赤﨑千夏
まことのクラスメイト。おしゃべりで勝気な今時の女子。
ある事件がきっかけで、まこととは親友になる。


・船橋日輪子
CV:小清水亜美
まことのクラスメイト。
真面目だが融通が効かない。委員長の様な性格。

当初ユミとは不仲だったが、
ある事件をきっかけに、まことやユミと仲良くなる。


・高見義友
CV:平田広明
達夫の友人で、かつて神主をしていた。
43歳だがルックスがよいため女性にモテる。
現在居酒屋の店主をしており、若い女性に人気があるらしい。
冴木神社が忙しい時期には臨時神主として達夫たちを手伝うこともある。


・金次郎
CV:井上和彦
銀太郎の元相方。
狐の雄の神使。冴木神社で銀太郎と一緒に神使をしていたが、
100年ほど前に出て行ってしまったらしくその無事を含めて消息不明。
銀太郎と違い、無口で大人しく思慮深い性格。



用語

・神使
定住が出来ない神々の代わりに神社に住んでいる神の使い。
様々な動物の姿をしており、仕える神によってその神使の姿は異なる。
普通の人間には見ることができず、神社の跡取りなどがもつ神眼によってのみ認識ができる。


・神眼
神社の直系の跡取りに受け継がれてきた能力(?)。
一つの家系には同時に二人以上神眼の持ち主はおらず先代が亡くなった時、次代に発現する。
その性質上まことや悟のように若くして神眼を得るものは少ない。



余談

このマンガの舞台が神社なのは、
作者の落合さよりの『神社が好き』という理由によるもの。
単行本の最後には神社での作法、神社の歴史、神主さんの衣装などのおまけマンガが掲載されている。





追記修正は、神使が視える人がお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/