ミオスタチン関連筋肉肥大

登録日:2014/08/08 (土) 21:33:30
更新日:2019/11/20 Wed 22:23:28
所要時間:約 4 分で読めます









ミオスタチン関連筋肉肥大とは、筋肉が発達を続ける特異体質である。





【ミオスタチンとは?】
ミオスタチンとは、動物の体内で生成されるタンパク質の一種。
このミオスタチンは、筋肉の成長を抑制する働きを持っており、これによって筋肉は成長の速度を適度に保っている。
(高負荷のウエイトトレーニングを行うと生成量が少なくなり、それが筋肥大の一因と言われている)
このミオスタチンによる筋肉の成長の抑制が、極端に機能しない体質を、ミオスタチン関連筋肉肥大(またはミオスタチン欠乏症)と呼ぶ。
現在、全世界で100人ほどが確認されている。


【ミオスタチン関連筋肉肥大のタイプ】
ミオスタチン関連筋肉肥大には2つのタイプが存在する。

タイプ1:筋細胞がミオスタチンを受容しない。
体内で生成されたミオスタチンを、筋細胞が受け付けないタイプ。
この場合、筋肉量は常人の1.5倍に達するとされる。

タイプ2:ミオスタチンの生成が極端に少ない。
ミオスタチン遺伝子の変異により、ミオスタチンの生成量が少なくなるタイプ。
この場合、筋肉量は常人の2倍にまで達するとされる。


【問題点】
異常な筋肉量を賦与するミオスタチン関連筋肉肥大だが、同時に問題点も存在する。
筋肉が猛スピードで成長する為、摂取したカロリーの殆どが筋肉に費やされるのだ。
幼児期の人間は、脳の発達の為に体脂肪が必要なのだが、ミオスタチン関連筋肉肥大と診断された幼児は、生後5か月ほどで十字懸垂の姿勢を取れるほどの筋力を得たものの、割れた腹筋が浮き出るほどに体脂肪が少なかった為、1日に何食も大量の食事を取る必要があった。


【その他】
現在では、筋ジストロフィーや骨粗鬆症の治療に利用できるのではないかと期待されており、今後の研究が注目されている
また、人間以外の哺乳動物でも同じ症状が時折見られ、ベルギアン・ブルー(Belgian Blue)と言う品種の牛は、
品種改良によってミオスタチン関連筋肉肥大を固定化された非常に赤身の多い牛だが、母体の筋肉量の多さから自然分娩が不可能で帝王出産が必須となっている。


追記・修正お願いします





























さて、現実世界でも注目されているミオスタチン関連筋肉肥大だが、こんなおいしい特性をバトルマンガ界が放っておくはずがない。
数こそあまり多くないものの、この特異体質を持ったキャラクターが数名生まれている。
ここでは、その中でも有名なキャラを一部紹介していこう。









以下、各作品のネタバレを含みます。
















いわば その巨躯によって滅びた太古の生物より進化した・・・まさしく超人

昔話で語り継がれた 人並外れた力を持つ超人伝説の正体はこれなのかも と笑っていました

男の名は・・・警視庁密葬課 箕輪勢一


箕輪勢一(嘘喰い)

嘘喰いに登場するキャラクター。警視庁の密葬課という架空の課に所属している。
警視庁の地下迷宮を用いた賭郎勝負に参加し、主人公・斑目獏側の戦闘員マルコや、賭郎立会人の一人・門倉と戦う。
一度はマルコを出し抜き一方的に暴行するも、直後の再戦でマルコが極上の戦士として謎の覚醒。大ダメージを受け敗戦する。
死こそ免れたものの瀕死の重傷を負い、膨大なカロリー消費を補う為のチョコバーを食いつくし飢餓に陥った為、錯乱状態となる。
その後、仲間の天真征一を捕食。
更にルールを無視して獏を襲おうとした為、相打ちに近い形で門倉に粛清された。

ミオスタチン関連筋肉肥大ながら、見た目は痩せ型。
その理由は、筋肉、骨、腱が高密度に圧縮された天与の筋骨を持っているからであり、体重は見た目からでは想像出来ないほどに重い。
戦績こそ奮わないが、単純なパワーだけならば嘘喰いキャラの中でも上位に入るレベルと思われる。















あのお方は 暗黒街に君臨し 多くの弟子を持ち

世の政(まつりごと)を掌握しておられる・・・・

あたしらは 彼師(かのし)に敬意を込めて━━━こう呼ぶのです

偉大な指導者(グランドマスター)・・・・と


G.M(バキ外伝 疵面)

バキシリーズの外伝に位置する作品・バキ外伝 疵面(スカーフェイス)に登場するキャラクター。
暴力組織「源王会」の八代目会長にして、暗黒街に君臨する闇の帝王。
あの柳龍光(バキ)の師・マスター国松に多くの殺法術を授けた、通称偉大な指導者(グランドマスター)。
先天性の過度な筋肉の発達(恐らくミオスタチン関連筋肉肥大と思われる)により骨格の成長が阻まれ、身長は1mにも満たない。
また、男性ホルモンの分泌が強すぎる為、髪が生えておらず、いつもカツラを被っている。
そのハンプティ・ダンプティのような見た目とは裏腹に戦闘力は高く、成人男性の足を片手で掴んで振り回したり、人の頭を簡単に握りつぶせるパワーを持つ。
また、周囲の者に幻覚を見せ、精神的にも視覚的にも相手を翻弄しながら戦う事が可能。
疵面の主人公・花山薫と戦い、幻影や人質を使って花山を翻弄。最後は複数名の部下に花山を狙撃させ、瀕死に追いやった。
その後、花山の敵討ちを誓った登倉(レックス)と戦い、戦闘技術を駆使して優勢に勝負を運ぶものの登倉の体力を削りきるには及ばず、偶発に近い反撃から畳み込まれるようにダメージを受け、登倉の次は花山を倒さなければならない状況に心が折れギブアップ宣言による敗北を喫する。













横綱は神の依り代と言われている

誰もそんな事信じていないし 俺だって信じていない

だがもし本当に神というものがいて 依り代を必要としているのなら

全人類の中から━━ いや・・・地球上のすべての生き物の中から

神は金隆山を選ぶだろう


金隆山 康隆(喧嘩商売)

喧嘩商売(漫画)に登場するキャラクター。史上最強の力士と呼ばれる大横綱。
2mはあろうかという身長と、200kg近い体重を持つ巨漢力士。
しかしその体は全身が膨大な筋肉で覆われており、力士というよりは巨大なボディビルダーのような体型をしている。
入門以来、「突っ張り」「張り手」「閂(かんぬき)」「鯖折り」を自ら禁じ手としており、常に余力を残しながら戦う。
それでも未だに負けを知らず、843勝0敗0休という圧倒的な成績を残しており、誰もが認める史上最強の力士として君臨し続けている。
作中では対人の戦闘こそ行っていないが、「遊び(本人談)」として、体重1tの闘牛横綱・黒王號と立ち会い、これの突進を受け止め、合掌捻りで投げ飛ばしている。

喧嘩商売では、ネット上のブログを参考にミオスタチン関連筋肉肥大の説明が詳しく行われている。
その中の説明で「金隆山の体内では、ミオスタチン遺伝子の変異と、筋細胞のミオスタチン非受容が重なって起きている」とされ、その筋肉量は常人の2倍を大きく上回るとされている。
四つの禁じ手と、圧倒的な戦績から、モデルは江戸時代に存在した力士の雷電 爲右エ門と思われる。








追記・修正は十字懸垂の姿勢でお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/