鬼滅の刃

登録日:2016/08/11 (木) 21:26:00
更新日:2021/04/19 Mon 14:40:29
所要時間:約 23 分で読めます





純 和 風 剣 戟 奇 譚


 鬼 滅(きめつ)(やいば) 


これは、日本一慈しい鬼退治



『鬼滅の刃』とは2016年11号~2020年24号まで週刊少年ジャンプで連載された漫画。単行本全23巻。
作者は吾峠(ごとうげ)呼世晴(こよはる)
作者の初の連載作であり、世界観や設定は作者の読み切り作品、『過狩り狩り』を前身としている。
読み切りは現在も公式サイトで閲覧可能。
2018年にTVアニメ版の制作が決定、19年春アニメとして放映した(後述)。

そしてアニメの影響か、社会現象級の大ブームを巻き起こした。

既刊も含めてコミックスの売上が集英社のスタッフもちょっと見たことがない、と語るほど急激に伸びた。
なんとあの『ONE PIECE』を抜いて2019年で最も売れたコミックスという偉業を成し遂げている。

その後、嵐のような売れ行きが続く中、本編はアクセル全開のまま完結へと至った。


●目次


【概要】


本作の特徴は、その何とも味のある画風と独特のセリフ回しとシリアス&ギャグの緩急と妹・禰豆子(ねずこ)の可愛さ、そしてアクの強い強烈なキャラの個性。
デッサンはちゃんとしているが「きれい」とは言えない画風のため、まずそこから人を選ぶ。あえて言うなら「荒いが味のある絵」。
容赦ないシリアス通しな物語でありながら、作者独特なセンスによるセリフ回しと唐突なギャグがあちこち盛り込まれているのが特徴。
そんな面白エッセンスと決して挫けず一貫した行動原理で動く主人公により読後の印象は陰鬱で終わらない。
勢いのあるハード展開の途中で唐突にギャグにハンドルが切られて即座に戻るというアクロバットな流れが多い。

また、伏線を張ってある程度推測の余地を残しつつも読者の予想をいい感じに凌駕し、それでいてあえて要らん所は予想通り、と話のメリハリがしっかりしている。
これらの要素が高密度でぶち込まれた結果、賛否はあるものの掲載順は中位で安定するようになった。


そして、敵味方問わず様々なベクトルで独特な面白さや存在感を持っており、多くのキャラに相応の人気がある。
またキャラ造形が巧みで、初登場時と後との印象の違いで読者の手のひら返しがよく発生する。
一方で主人公だろうが大なり小なり人気を獲得したキャラだろうと容赦なく瀕死の重体にまで追い込む作風なため、「ご都合主義でいいから」と切実に願われる時もある。
これも、何ともリアルで説得力のある、本作の登場人物たちの「厚み」ゆえのことだと思われる。
その週の話を面白かったと評する言葉として、「刃」にかけたのか「光っている」と語るファンがちらほら。最近では「輝いている」とも。


前述のように絵柄はかなり個性的。
平面的でかつ黒ベタを多用する画風であり、切り絵っぽいだの版画みたいだのと形容されることも。
加えて目が ・ ・ になっている独特のデフォルメ(通称:かんたん作画)も特徴の一つ。全ての出番においてこの描写だったモブがいたが、違和感がほぼない。
作画の負担軽減の一面もあると思われるが、ギャグとシリアスでの使い分けはしっかりできている。

しかし動きのある戦闘描写はまだ経験不足な所が見受けられる。ただし、コマ割りや静止状態の画はなかなかで、動きについても改善されていっている。
逆に言うとまだまだ発展途上であり、現時点でも話作りとキャラの魅力だけで安定しているということである。
そして、連載期間中に粗さなどは順調に改善して言っており、進行形で成長が楽しめる漫画ともいえる。
無論、絵的に受け付けない人もおり、あまり脱いだりもしないと、そちら方面でファンを引き込む気はなさそうである。


一方人を選ぶ要素といえば、「設定の目新しさのなさ」「主人公の性格」「ブレがちなパワーバランス」「唐突なギャグ」などが挙げられる。

ギャグはセンスの問題が絡むのでしょうがない部分もある(アニメにおいて善逸が約28秒もの間汚い高音で騒ぎまくるのを面白いと思うか否かがひとつの基準)。
また展開の都合上矢継ぎ早で説明が劇中で納まらない事が多いのもポイント。例を挙げると…
  • 炭治郎が長男だから我慢する(時代背景)と発言し、匂いで「感情」を嗅ぎ分けられる(所謂水素の音と同じ理論)
  • 禰豆子だけがなぜ意思の力だけで人性を保っていられるのかが後半になるまで語られない(劇中最大の秘匿情報だった為)
  • 最強の一角であるはずの柱に2年ばかり訓練しただけの新人が頭突きを食らわせる(実は複数の要因が絡む)
…などなど、斜めに見れば気になる要素は序盤から目白押しなため、これらの要素の捉え方で評価が分かれる。
(つまり、好きになれない場合はとことん好きになれない。これが人を選ぶ所以である。)

他にも
  • 主人公(真面目コミュ障)やヒロイン(妹で都合上出番が限られる)がジャンプのそれらしくない
  • 人気が出たサブキャラも容赦なく永久退場させる
  • 心情描写を明確な言葉にせず表情に含ませたりして見せる
…と近年のジャンプでも少数派であること間違いなしの展開が頻繁に出てくる。
とりわけ戦闘において主人公補正の効きがすこぶる鈍い*1
但し、それでも比較的ネガティブな気分にはならず、感心したりハラハラさせるのがこの漫画である。
上記の通り展開の取捨選択が大胆で、他の漫画なら1話費やしそうなところをざっくりと数ページ(下手をすると数コマ)で終わらせたりすることも度々ある。
ただし、ちゃんと理解できるレベルの内容となっているので結果、内容がかなり濃くなっている。


2017年には集英社のプッシュ枠となり露出も増え、元々単行本への追加作業などが多い。
その上に結構な頻度で発生するセンターカラーなどから察せられる仕事量から、体調を崩さないか心配する読者もいた。
後述のTVアニメ版の好調も手伝い、ジャンプのトップクラスの漫画の一角に踊り出た矢先の2020年24号を持って本編は完結した。
かつてのジャンプにありがちだった「人気が出たら引き伸ばし」ということもなく*2、その後は別作者による派生作品や作者による短編スピンオフなどの展開となっている。

また、漫画原作といえばアニメや映画などのメディアミックス作品、スピンオフなどでトラブルが起きて質が悪くなる……というのはあるある話*3
だが、この作品に関しては制作時期などの理由から目立った質の劣化が無く、外れを引くことがまずないのもメリット。

単行本では、善逸の髪の色やらのおまけ話やカバー下にある表紙の改変イラスト、巻末のキメツ学園などおまけ要素も色々入っている。
また、本誌掲載時の画から細かい所をあれこれ加筆修正しており、1つの巻で100以上の修正が加えられたりすることも。
時には「掴む」を旧字体に直したりなど、「こんな修正する!?」と思うところまで手が入っている。
どこが修正されたかはまとめWikiに載っているので興味が向いたら調べてみるのもあり。
単行本発売日にタイミングを合わせたのか、直後の本誌では小話とリンクするような内容が入ることがある(単行本を読んでなくても問題はない)。

あと武器が刀だったり、山の中など文明から離れた場所で戦うことが多かったりするので偶に忘れがちだが、舞台設定は大正時代である。



【作者】


作者の吾峠呼世晴は本誌のコメント欄や単行本の折り返しなどでは「眼鏡のワニ」という姿で描かれる。
なので、愛称として「ワニ(先生)」と呼ばれることも。
曰く、「食いついたら離れない=ずっと読んでもらえる漫画を描きたい」とのこと。
ジャンプ本誌の作者コメント欄では度々奇行もとい、やらかした行動の報告と食べ物の話がやけに多く、天然もしくはドジっ子と思われる。
+一部抜粋する。
一部抜粋する。
  • はじめましての皆さん 君は絵がちょっとアレだからとにかく絵をがんばろう、もっと定規を使おうと申し訳ないくらい担当さんにエールをもらった峠です。描いてる途中、定規を使うのは背景だよ 人物には使ってないよねって心配されました。 相当アホだと思われていますけども 実際そうなんですけども よろしくお願いします。(名前が峠になっているのは誤字だったのかどうかは今もって不明)
  • 嬉しいときスキップする癖を今年中に必ず直す。(2016年の話。結局達成できたのだろうか)
  • 最近漫画の専門用語をたくさん覚えて鼻高々(コメントは鬼滅22話時点である)
  • 実年齢が自分が思ってたより1個若かったので得した気分(数え年で間違えて把握していた?)
  • ぶつかったので慌てて謝罪したらマネキンだった。
  • 断水の日を間違えて、断水でもなんでもない日に1人で断水していた。
  • この入浴剤溶けないなーと思っていたらキャンディだった。
  • ドッグフードを食べた(疑惑)。
  • 元旦に滑り台から転落した。

単行本ではおまけ話などで何とも感情豊かな様子を見せ、1巻から最終巻まで読者への感謝の言葉を絶やすことはなかった。
変なワニだが、本人曰く人見知りだそうで町で知り合いを見かけても逃げてしまうらしい。
個性的な作品の作者であることに加え、上記の天然ドジッ子気質も相まって一部読者からは謎の生き物や萌えキャラ扱いをされている。

一方「怖い話は考えただけでちびってしまうので書けない」「自分の好きなキャラが傷ついたりすると可哀想だからあまりやりたくない」など…
作中でやっていることを棚に上げて書くような若干サイコな一面もあり、一部読者からは「冷血動物(ワニだけに)」「本物の鬼」「ワニ辻無惨」扱いもされている。



【あらすじ】


時は大正、炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、彼が家を離れた一夜の間に家族を皆殺しにされたことで一変する。
唯一生き残ったものの鬼に変貌した妹・禰豆子を人間に戻すため、また家族を殺した鬼を討つため、兄妹は故郷を旅立った。


【作中用語】



今作における人類の敵。
不老不死に限りなく近い肉体を持ち、人を喰らい続ける人外の怪物達。
人間を捕食して力を付けた鬼は血鬼術(けっきじゅつ)と呼ばれる異能を操るようになり、人類にとって更なる脅威となる。
詳しくは個別項目にて。

十二鬼月(じゅうにきづき)
鬼舞辻が選別した鬼舞辻直属の配下である12体の鬼の精鋭集団。
大量の人肉を喰らって強大に成長し、鬼舞辻に素質を認められ、更に多くの血を与えられた鬼のみが列せられる所謂幹部ポジション。
序列は「上弦」と「下弦」に分かれ、それぞれ壱から陸が存在する。
特に上弦のメンバーは100年以上代替わりしておらず、柱を含めた鬼殺隊員を山ほど屠り続けてきた、他の鬼とは比べ物にならない理不尽な強さと厄介さを持つ化け物揃い。

鬼殺隊(きさつたい)
古の昔より存在し、鬼と戦ってきた政府非公認の人喰い鬼討伐組織。
所属する隊士は「鬼狩り」「鬼殺の剣士」と呼ばれ、その数は総勢およそ数百名。
何者が鬼殺隊を率いているのかは謎に包まれており、各隊士の動向は伝令役とも言うべき鳥「鎹鴉」(かすがいがらす)によってのみ把握される。

隊の構造の詳細や、隊士の用いる武装、技術などの関連用語については個別項目にて。

(はしら)
鬼殺隊で最も位の高い九人の剣士。各人の流派に応じて、「○柱」(○には漢字一文字)という称号がつく。
彼らは文字通り鬼殺隊の柱であり、皆が十二鬼月をも正面から切り伏せる程の実力を持つ。

藤襲山(ふじかさねやま)
鬼殺隊入隊最終試練の試験会場となる山。
鬼が嫌がる藤の花が年中山中辺り一面に狂い咲いており、生け捕りにした弱い鬼を中に放して試練に用いている。

狭霧山(さぎりやま)
鱗滝が住む山。標高が高く、頂上付近は極めて酸素が薄い。
炭治郎と禰豆子、鱗滝の下で育った弟子達にとっては第二の故郷。

稀血(まれち)
稀少な体質を持った珍しい人間のこと。鬼の大好物。
鬼がこの稀血の人間の肉をその身に取り入れた場合、一人分で数十人分もの養分を獲得出来る。
ちなみにこの用語は『鬼滅』内の造語ではなく、実際に存在する(Rh−などが該当する)。



【登場人物】

【メインキャラクター】


竈門炭治郎(かまどたんじろう)
声:花江夏樹
この物語の主人公。元々は山奥で家族と細々と炭焼きで生計を立てていた13歳の少年。
しかしある日突然全てを鬼に奪われ、たった一つの希望にすがり2年間の修行の末、鬼殺隊に入隊した。

竈門禰豆子(かまどねずこ)
声:鬼頭明里
ヒロインであり炭治郎の実の妹。登場時の年齢は12歳で美人と評判の竈門さん家の娘さん。
ある事件により人から鬼へと変化してしまったが、人を襲わない鬼となる。

我妻善逸(あがつまぜんいつ)
声:下野紘
炭治郎と同期の鬼殺隊隊士であり、愛すべき馬鹿もしくはヘタレ。一言でいえばやる時はやるヘタレ。
起きている時はまともに戦えないが、意識が飛んでから本領発揮というギリギリな特性を持つ。

嘴平伊之助(はしびらいのすけ)
声:松岡禎丞
同じく同期…だが色々とイレギュラーな手順で合格した猪突猛進猪少年。ゴリ細マッチョ。
被っているのは山の主と言われた猪の頭で、その中身は顔だけ美少女。頭の中身は猿。

不死川玄弥(しなずがわげんや)
声:岡本信彦
炭治郎・善逸と同期で最終試練に合格し、鬼殺隊に入隊した。顔に大きな傷がある。
せっかちで血の気が多く、「色変わりの刀」を欲するあまり揉め事を起こした。

栗花落カナヲ(つゆりかなを)
声:上田麗奈
同じく同期で最終試練に合格し、鬼殺隊に入隊した少女。選別時も服さえ汚さず突破した実力者。
何故か他人と積極的に関わりを持とうとせず、殆ど口を開かない。


登場人物(鬼殺隊)


設定や数が多くキャラも濃いので、各キャラの詳細、隊の構造の詳細、隊士の用いる武装、技術などの関連用語は個別項目にて。

産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)
声:森川智之
鬼殺隊当主、すなわち組織のトップ。病に侵されており額から目元にかけて火傷のような痕で覆われている。
下の者からは「お館様」と呼ばれ慕われており、彼の方も隊士らのことを「私の剣士(こども)」と愛おしさを込めて呼ぶ。


冨岡義勇(とみおかぎゆう)
声:櫻井孝宏
『水柱』
炭治郎と禰豆子の前に最初に現れた鬼殺隊士。炭治郎は彼に道を示され鬼殺隊を目指すことになる。
とある事情からかなりのコミュ障。

胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)
声:早見沙織
『蟲柱』
常に笑顔を絶やさない美しい女性。鬼を殺す時も笑顔で語り掛けながら殺す。
鬼の首を切れないほど非力だが、毒を用いて鬼を絶命せしめるという特殊な戦い方をする。

煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)
声:日野聡
『炎柱』
梟のようなどこを見ているのかわからない目と、金髪の先が赤色に染まった燃え盛る炎のように見える髪が特徴的。
明るく爽やかで優しく熱血な兄貴分。

宇髄天元(うずいてんげん)
声:小西克幸
『音柱』
二刀を背負った大柄で筋肉質な男。かなりのイケメン。
顔がピアスや宝石などの装飾品でにぎわっており、物事の尺度を派手/地味で語る。実は元忍者。

甘露寺蜜璃(かんろじみつり)
声:花澤香菜
『恋柱』
…大丈夫、君の目も頭も正常だ。おかしいのは作者のセンスだから
まさかの戦闘属性「恋」。予想の斜め上を突き抜けた設定は読者の腹筋を滅殺した。
とても大きい激しくとても大きい。そして強い

悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)
声:杉田智和
『岩柱』
「南無阿弥陀仏」の文字が染め抜かれた羽織と数珠を纏った仏僧のようなムキムキの巨漢
盲目であり三白眼どころか瞳が描かれないので初見では若干不気味に見える。

時透無一郎(ときとうむいちろう)
声:河西健吾
『霞柱』
最年少の柱。小柄で長い髪に女性的な顔立ち。だが男だ。
非常にマイペースで他人の事に関心を寄せず、いつも空を眺めている。

伊黒小芭内(いぐろおばない)
声:鈴村健一
『蛇柱』
蛇を体中に巻き付かせ、口元を包帯で隠した人物。オッドアイで左右の瞳の色が違う。
陰険で疑り深い性格で喋る際に「ネチネチ」という効果音がつく。

不死川実弥(しなずかわさねみ)
声:関智一
『風柱』
体中に傷がある男性で、初登場時も傷が増えていたらしい。もちろん、顔も凶悪。
疾風というより暴風・台風という印象の人物である。
担当声優は某国民的アニメのいじめっ子金持ち。もしくは素手でMSを破壊する男
初登場時は見た目通りの粗暴なキャラと思われていたが……。



鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)
声:大塚芳忠
狭霧山に住む常に天狗の面を付けた老人で、鬼殺隊隊士の育成者「育手」の一人。
竈門兄妹の身を預かり、炭治郎に修行をつけ「水の呼吸」を伝授する。
かつては彼も前線で戦っており、「柱」に選ばれたほどの実力者だった。

鋼鐵塚蛍(はがねづかほたる)
声:浪川大輔
日輪刀を製作する刀鍛冶の一人で、常にひょっとこの面を被っている。
最終選別以後に炭治郎が振るう刀は彼の手によるもの。
他人の話をまるで聞かない自己中心的な性格で、剣士の負傷を心配するどころか刀の損傷にキレて炭治郎を追っかけ回す困った37歳児。



登場人物(鬼)


鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)
声:関俊彦
1000年以上前に最初に鬼になった存在で、唯一その血によって鬼を作り出す能力を持っている。
つまり、炭治郎の家族を滅ぼした張本人。
事実上最強の存在であるが、その思想や行動原理には謎が多い。

珠世(たまよ)
声:坂本真綾
医者の女性。炭治郎もドキッとする美人。
実は鬼であるが無惨に敵対し、医者としての技術で自分をいじって鬼舞辻の呪いを外している。年齢は200歳以上。
詳しくはの項目にて。

愈史郎(ゆしろう)
声:山下大輝
珠世によって生み出された、唯一鬼舞辻とは無関係の鬼。手の平返しに定評がある少年
珠世が大好きで、珠世のことを全てに優先する。
詳しくはの項目にて。



【その他の登場人物】


【一般人】


三郎(さぶろう)爺さん
声:てらそままさき
炭治郎の住んでいた山の麓に居を構える傘職人。
「夜には人喰い鬼が出る」と言い、炭治郎に一晩の宿を貸す。
もし炭治郎を泊めていなければ、竈門一家は全滅していた。

和巳(かずみ)
声:酒井広大
目の前で「沼の鬼」に恋人を奪われ、「突然消えた」という突飛な話を信じられない彼女の家族から罵られ、見る影もなくやつれてしまった。
炭治郎が件の鬼を討伐してくれたが一足遅く、残念ながら婚約者は既に帰らぬ人となってしまっていた。
その際、悲しみのあまり炭治郎に辛く当たってしまうが、自分よりも年下の少年とは思えない程に鍛え上げられた手と
自身と同じ悲しみを背負っている眼に気付き即座に謝罪している。
怒りによって心を奮い立たせ歩き出した炭治郎のように、その優しさが新たな一歩を踏み出せると祈りたい。

里子(さとこ)
和巳の恋人であった少女。故人。
「沼の鬼」に喰い殺されており、髪飾りだけが遺品として残った。

トキエ
炭治郎が駆け付けた際、「沼の鬼」に拉致されていた。
料理上手で、3人の男性に求婚されているほどモッテモテ。

うどん屋の(とよ)さん
声:岩田光央
東京府で夜泣きうどん屋を営む頑固一徹坊主頭。浅草生まれの浅草育ちらしい。
作者曰く、そばも作れる。どちらも絶品。

やっちゃん一家
やっちゃんとその兄と兄嫁の3人家族。
鬼舞辻に絡んだばかりにやっちゃんは頭骨が砕け、兄は汚い花火になった。
兄嫁はグロ肉よりも酷い有様になってしめやかに消滅。
アニメ版ではそのグロさに拍車がかかった。なんてところに力注いでるんだ。

(きよし)正一(しょういち)てる子
響凱の屋敷で炭治郎が出会った兄弟。
正一とてる子は鬼に攫われた長兄・清を追って来たものの、その住処に入れず立ち往生していた。
清は炭治郎をして「嗅いだことのない」血臭の「稀血」を持つ。
そのため響凱に狙われ、拉致され、彼を巡って争いが起きるが、鼓を奪って事なきを得る。
正一は無様な善逸の言動とそれに反する実力を目の当たりにした。
ちなみに、正一はこの時の一件で善逸に強いと誤解されており、同行を懇願された。
清はそのままだとまた鬼に襲われる可能性が高いため、藤の花の香袋が鎹烏から与えられた。
炭治郎達の活躍のおかげで全員が生存し無事に帰路についた…が、凄まじい疲労感に襲われたという。
多分、その半分は善逸と伊之助のせい。

鬼舞辻の妻子
声:皆口裕子(妻)/白石晴香(娘)
鬼舞辻が人間社会で暮らすための隠れ蓑としているらしき母子。妻の方は(れい)という名前らしい。
娘は鬼舞辻と血の繋がりがあるのかどうかは不明。それどころかその後無事だったかさえ不明。
2人が自分達にとっての夫・父の本性を知っているのかも不明。

竈門炭十郎(かまどたんじゅうろう)
声:三木眞一郎
炭治郎らの父親。物語中では既に故人。炭治郎がつけている耳飾りの前の持ち主だが、継承の経緯などは不明。
回想中では体が弱く床に臥せっており、頬がこけているなど非常に弱々しい様子を見せながらも、その優しい眼差しは息子そっくりである。
詳細は不明だが、「ヒノカミ神楽」の継承者であり、これにより病弱でありながら雪の中で神楽の舞を踊っていられる。
誰かとの約束で耳飾りと神楽を継承し続けるよう、炭治郎に伝えている。
病弱なのが先天的なのかは不明だが、病弱な状態から確実に子供を2、3人も作っている点は別の意味で気になるところである。

魘夢の手下
夢を操る下弦の壱・魘夢に幸せな夢を見せてもらうために従っている人間たち。汽車の車掌と男女2人ずつの5人が登場。
鬼殺隊に察知されることを警戒した魘夢により、夢の中で「精神の核」を破壊する刺客として送り込まれる。
少なくともその1人は何度か実際に核の破壊を行っている様子で、他の3人に説明をしている。
もっとも、魘夢は人の不幸が大好きな真性クズであるため、本当に幸せの夢を見せてくれるかは心底怪しい。*4
しかし、彼らは知らなかった。攻撃対象である4人のうち、3人が外れであることを。
かくして不幸にも外れを引いた3人はそれぞれ
…と散々な目に遭っている。
当たりは当たりで泣きたくなるくらい澄んだ青空と水面のおかげで戦意喪失を免れない。
「もうヤダこの人たち」
無事に脱出できた彼らの感想はそんな所だろう。

鯉夏花魁(こいなつおいらん)
炭子こと炭治郎が潜入した遊郭「ときと屋」の人気花魁。
新入りの炭子に優しく接し、人望も厚い。
結婚前夜で遊郭を抜けようとしたところを鬼に襲われるが、炭治郎に助けられる。

お奉行様

とある鬼の回想で登場。江戸時代で故人。目つきが悪いが、観察眼や実直さを備えた好漢。
鬼になる前のその人物を捕らえ、盲目であるということが嘘であると的確に看破し、その罪を裁こうとした。
処刑の前にその人物が鬼と化して殺されてしまうも、殺される寸前でさえ毅然とした態度を崩さず、いつかその罪が裁かれるであろうことを突き付けた。
まさに漢と言える姿勢から登場コマ数わずか1桁という出番の少なさながら、その男前っぷりを読者に印象付けている。
おかげでそいつの回想コラ画像でも高確率でそのまま残っていた。
第二回人気投票では、その鬼の7倍近い票数を獲得した




【アニメ版】


「Fateシリーズ」でお馴染みの「ufotable」制作で順次アニメ化

【竈戸炭治郎立志編】

2019年4月~9月に全二十六話で放送。原作1話~53話(1巻~7巻序盤)をアニメ化。

OP:紅蓮華/歌.LiSA
ED:from the edge/歌.FictionJunction feat. LiSA
挿入歌:竈門炭治郎のうた/歌.椎名豪featuring中山奈美(第十九話)

次回予告は単行本に掲載してる設定裏話の「大正コソコソ噂話」を映像化。*5

なお、多分スタッフの何割かは本作のファンであろうことが伺えるほど、力の入れ方が半端じゃない。
特に第十九話「ヒノカミ」は後半のシーンが劇場並のクオリティを持った物凄い作画を披露し各サイトで「最高の神回」と評価が高い。
他作品では主人公や黒幕などの主要なポジションを多く担当する豪華声優陣も多数ゲスト出演している。
そんな人気声優を起用した一発キャラがあっさり退場する様はなかなかエキセントリック。再登場を期待したけどそんなことはなかったぜ。
その結果、最終話放映後に発売された最新刊は売り切れ報告が相次ぎ、既刊を含めて販売ランキングの大半を占有した書店もあった模様。
場所によっては少し前に売り出した小説や設定資料集すら消えたという。
さらにはオリコンランキングの1位から22位まで既刊22巻全てで独占するという、イカれた有様をたたき出した。
最初の方だけ、アニメ化された範囲やその少し先まで売れるならともかく、既刊がごっそり売れるということはそれだけ脱落者が少ないということである。
22巻という途中参入でも集めやすい量であるのも追い風だったと思われる。



【劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編】

TVアニメ版最終話にて予告され、2020年10月16日に公開された劇場版。アニメの後日談である原作単行本における7巻-8巻のエピソードを映画化している。
アニメと同様、漫画にあった一部心理描写や大正コソコソ噂話が無いため、無意識領域など説明不足な点もある。
しかしそれを補って余りある戦闘シーンの迫力やMX4D/4DXのエフェクトなど、劇場アニメならではの表現は圧巻の一言。
特に4DXでは水の呼吸の度に霧吹きが噴き出し、炎の呼吸の度に熱風が出るなど、4DXの仕様を余すところなく利用している。

主題歌:(ほむら)/歌:LiSA
この主題歌も昨年の「紅蓮華」と同様に大ヒット。
見事2020年のレコード大賞受賞を果たした。

入場者特典は当初は「煉獄零巻」であったが、後に来場御礼入場者特典として4種類が追加。
更にMX4D/4DX専用の特典が追加された。
特典の内容は以下の通り。

初期:煉󠄁獄零巻
来場御礼第一弾:ufotable描き下ろしA5イラストカード 壱
来場御礼第二弾:ufotable描き下ろしA5イラストカード 弐
来場御礼第三弾:来場御礼スペシャルブック
来場御礼第四弾:キャラクターデザイン:松島晃描き下ろしメモリアルボード
MX4D/4DX:無限列車切符風アクリルキーホルダー

世間は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、密閉空間になりがちと思われる映画館は客足が低迷。
洋画を中心に多くの映画が延期されている映画不足の現状や、感染対策で1回あたりの収容人数が減少されていた。
それらを加味しても、劇場によっては1日で40回という異例のハイペースでの公開となった。
なお、TOHOシネマズのように本作の公開に合わせて収容制限を緩和し、土休日に限り全席開放に踏み切った例もある。

そして公開された所、それでも全く席が足りていなかったと言う事実が浮き彫りとなった。
連休でもない平日の金曜日公開にも関わらず各所で大行列が発生し、PG12のレイティングというハンデを跳ね除けて幼稚園児や小学生といった低年齢層のファンも多数動員。
初日だけで10億という記録を樹立し土日含めた3日間で46億という日本映画最高のスタートを決めた。
また、封切りから2~3週間の間の土日祝日は一番お客が入る時間帯の座席数から見た着席率が95%を超えると言うイカれた有様を叩き出している。

  • ※映画館では「前の回で着席したお客様が席を汚したり壊したりして座れなくなった際の予備席」を常時確保しておくのが普通
    • そしてその予備席も座席数に含まれている為、そもそも着席率100%が物理的に不可能
  • ※着席率は大都市圏の映画館のみではなく全国の大体7割前後の映画館の席を把握して集計している
    • その為いつもガラガラで人気がない映画館の物も結構込みで集計されている状況でこれ
また、売上ランキングに平日公開分まで食い込むなど、こちらでも盛大にランキングをバグらせている
そして、公開2週目の週末をもって興収100億円を記録し、テレビアニメの劇場版史上初の大台を突破した。
その後は4週目の週末で興収200億円、9週目の週末で興収300億円を突破した。


その後、1か月程度しか経っていないというのに他の映画作品の最終興行収入と比較されたりしている。
12月26日からは4DX・MX4D上映が始まることが発表され、全国の劇場で予約開始後まもなく全上映回の完売が多発。
予約殺到のあまり映画館のサーバーがダウンしたりするなどの現象が発生している。
そして、遂にはそれまで国内興行収入第一位だった千と千尋の神隠しを超え、320億円を突破。実に19年ぶりに記録が塗り変わったこととなる。
ちなみに、この興行収入が発表されたのは12月28日、竈門禰豆子の誕生日でもあるとして話題となった。

これにより各所のニュースでも大きく取り上げられ、諸外国の報道機関でも大きな反響があった。
海外上映は同年10月30日の台湾が一番乗りとなり、中国語吹き替え版の上映開始日11月6日を待たずして1.17億台湾ドル(日本円で約4.3億円)の売り上げを叩き出す。
同国内の市長が複数人キャラのコスプレを披露するなど一大ブームを巻き起こした。
その後はアジア圏を中心とした海外上映が進み、ベトナム韓国タイ香港シンガポールなどで公開、いずれも爆発的な売り上げを叩き出した。
欧米向け上映は2021年より順次開始される予定。

【遊郭編】

テレビアニメ第二期。2021年に放送予定。



【余談】


無限列車編公開に合わせて運行可能な機関車を保有するJR各社でコラボ企画が実施されたが、JR九州は日本で唯一無限列車と同じ機関車を保有していることから
番号プレートを「無限」に変更し『SL鬼滅の刃号』として運行する気合の入れよう、乗車券も販売されたが早いものでは予約開始から僅か1秒で完売となった。







追記・修正は鬼になる前にお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年04月19日 14:40

*1 策を使って仲間を助けた→追加攻撃でさっさと死亡、数週間努力して新スキル習得→同僚は上司の教育で9日で習得、最上位剣士と同じ流派→適性がない、実は伝説の能力の血統→適性がない、怒りで覚醒→時間切れで倒せず死にかける(ついでに「怒りで勝てるなら鬼はすでに全滅している」とまでナレーションで突っ込まれた)、とキープされるはずの主人公的優位が叩き潰されている。

*2 所謂「もうちっとだけ続くんじゃ」。もっとも、近年はジャンプといえども強引な引き伸ばしを行う作品はかなり減っている

*3 むしろ質の劣化が起こらない作品を探す方が難しい。

*4 彼は幸せな夢を見せた後に絶望的な夢で全否定して苦しみ喘ぐ顔を見るのが好きらしいので、多分見せてくれる。全部。

*5 公開されるのは本予告のために原作者の吾峠が開示した裏設定である