チームウェイブ(デュエル・マスターズ)

登録日:2020/04/06 (月) 22:53:41
更新日:2020/04/07 Tue 22:08:10
所要時間:約 5 分で読めます






水文明のマスターは、手に入れたレインボーの力で、生命の新しい可能性と真のパラダイスをめざすためにチームウェイブを結成した。




チームウェイブとは、デュエル・マスターズの種族。

概要

DMRP-13「十王篇 第1弾 切札×鬼札 キングウォーズ!!!」から登場。十王篇でプッシュされた種族。

水文明と自然文明に属する特殊種族で、水と自然の多色クリーチャーも所属している。
命名に関しては、名前に「☆」やら「#」といった記号が使われたり、SNSやネット文化を元にした名前が作られている傾向にある。
カードのイラストもインターネットをイメージしたクリーチャーが多く、十王篇の新種族の中では良くも悪くもぶっ飛んでいると言える。
まあ子供向けTCGなので露骨な炎上系のネタは出ないはず…だが、《「拳」の頂 デシブコ・グーチーパ》のような例があるので何とも言えない。

主要種族はトリックスだが、十王篇における旧種族の復権の動きに伴う形で、ドリームメイトコロニー・ビートルなどの旧種族もいる。
自然と混合した影響により、トリックスが自然に進出するという文明シャッフルが起こっている。
超天篇で登場したトリックスは、デリートロンワンダフォースとの複合によるGR関係の能力を持つ種族だったが、十王篇ではGRが否定されたことによってその面影は見せていない。
クリーチャーだけではなく、チームウェイブを持つサブタイプ所持の呪文も確認されている。

背景ストーリーでは、多色の力を入手した水文明のマスターが生命の新しい可能性と真のパラダイスを目指すために結成したチーム。
《コンプライーグル》が監視するチームウェイブ専用のスーパーネットワークシステム「Instant Wave」によって、メンバーが全世界に情報を発信している。

ゲーム上の性能では、所属文明の色に合わせてドローやマナ関係の能力を得意としている。たくさん引いて、たくさんマナ加速して、たくさん能力を使う。実に水/自然らしい傾向である。
専用能力は、召喚する際に追加コストを支払うことで特定の能力を支払った回数だけ追加で発動できる「バズレンダ」。ほぼMtGで言うところの多重キッカーであるが、こちらは追加コストを支払わなくとも最低1回は能力を発動できる。
このバズレンダは能力を追加で発揮するので「過剰なまでに能力を溢れさせる」と表現すれば、水のマスターの目指す生命力の豊かさを感じさせる…かもしれない。

主なカード

ウマキン☆プロジェクト SR 水/自然文明 (4)
クリーチャー:トリックス/サイバー・コマンド/チームウェイブ 0000+
<バズレンダ>[無色(2)](このクリーチャーのコストを支払う時、追加で[無色(2)]を好きな回数支払ってもよい。このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのBR能力を1回と、追加で[無色(2)]支払った回数、使う)
BR-自分の山札の上から2枚を見る。そのうちの1枚を手札に加え、もう1枚をタップしてマナゾーンに置く。
パワード・ブレイカー(このクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
自分のマナゾーンにあるカード1枚につき、このクリーチャーのパワーを+1000する。
トリックスであると同時にサイバー・コマンドのチームウェイブ。
クリーチャー版でバズレンダ付き調整版《フェアリー・シャワー》とも呼ぶべきスペックで、《ドルツヴァイ・アステリオ》的なパンプアップとパワード・ブレイカーも持つ。
バズレンダ抜きで考えると4コスト・パワー4000の疑似フェアリー・シャワーのcipを持つクリーチャーとのことで、そこそこ高スペック。
【青黒緑デッドダムド】での《SSS級天災 デッドダムド》への侵略要員や《禁断機関 VV-8》への封印解除要員としての期待が大きい。

自撮の超人 UC 水/自然文明 (4)
クリーチャー:ジャイアント/チームウェイブ 4000
自分の水または自然のクリーチャーすべてに「ブロッカー」を与える。(「ブロッカー」を持つクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をそのクリーチャーに変更してもよい)
自分の水または自然のクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりにタップしてマナゾーンに置く。
フィオナの森に現れたジャイアントも、今の時代では自撮りを楽しむ時代らしい。
自分の水と自然のクリーチャーにブロッカーとマナ送りの破壊置換効果を与える。このクリーチャー自身もその恩恵を受ける。
【シノビドルゲーザ】を初めとした【ドルゲーザ】系統のデッキ、ひいてはジャイアントの種族デッキなどへの投入候補となるだろう。
【シノビドルゲーザ】や【チェンジザドンジャングル】では、殿堂入りの《Dの牢閣 メメント守神宮》のリペアとしても考えられる。

アルファゴリラー C 水文明 (3)
クリーチャー:トリックス/チームウェイブ 1000
<バズレンダ>[無色(2)](このクリーチャーのコストを支払う時、追加で[無色(2)]を好きな回数支払ってもよい。このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのBR能力を1回と、追加で[無色(2)]支払った回数、使う)
BR-カードを1枚引く。
普通に使えば《アクア・ハルカス》系のカードの下位互換だが、バズレンダでコストの出費が増える分ドローも増える。
何かしらのドロー系カードの下位互換に見えなくもないが、考え方を変えればバズレンダによってどの状況でも対応できるドローカードとも言える。

メチャ映えドーム C 自然文明 (3)
クリーチャー:コロニー・ビートル/チームウェイブ 1000+
<バズレンダ>[無色(1)](このクリーチャーのコストを支払う時、追加で[無色(1)]を好きな回数支払ってもよい。このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのBR能力を1回と、追加で[無色(1)]支払った回数、使う)
BR-このターン、このクリーチャーのパワーを+3000する。
マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
コロニー・ビートル最強候補であると同時にデザイン的には異色のコロニー・ビートル。
マッハファイターを持っている他、バズレンダによって1コスト毎にcip能力の+3000のパンプアップを追加で行える。
バズレンダ未使用時の3コストではパワー4000、1マナ追加だとパワー7000となる計算なので、有名どころのシステムクリーチャーは殴り倒せる。

典型的なマッハファイターによる相手クリーチャーの除去を目指すカードだが、バズレンダによってパワーを可変させられるのが魅力的。
あえて相打ちに持ち込んだり、何かしらの狙いでわざとバトルに負けるなどの変わった芸当もできる。
コロニー・ビートルの種族デッキにも…と言いたいが、《超空要塞バビロン》くらいしか進化がいない上に、そもそも種族の数も多くない現状ではこのカードあってもなお構築難易度は高いか。一応バビロンの効果自体はバズレンダと相性がいいが、まともな進化元がメチャ映えドームのみなのでチームウェイブのデッキへの採用は厳しい。




アニヲタWiki(仮)のマスターは、手に入れた追記・修正の力で、項目の新しい可能性と真の良項目をめざすためにチームWiki篭りを結成した。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/