機塊(遊戯王OCG)

登録日:2020/07/01 (水曜日) 20:03:16
更新日:2020/07/05 Sun 10:40:49
所要時間:約 11 分で読めます





そうです!ここはオイラの国…家電の国です。


機塊(きかい)」とは「遊戯王OCG」に登場するカテゴリの1つである。


【概要】

「COLLECTION PACK 2020」で初登場したテーマ。
アニメ「遊戯王VRAINS」にて闇のイグニス「Ai」の子分となった家電AI「ロボッピ」が使用するカードとして登場した。

全てのモンスターが機械族で統一されており、多くのモンスターがレベル1かリンク1となっている。
リンクモンスターは全て機塊モンスターを素材指定しており、リンク1はリンク召喚直後にはリンク素材にできない効果を持っている。
また、多くのリンクモンスターは相互リンク状態とそうでない時で使える効果が異なり、それらを使い分けて立ち回る。

モチーフはロボッピ同様家電製品であり、カード名は「家電の用途」+「機塊」+「家電の英語名」+「生き物」となっている。


【効果モンスター】


  • 電幻機塊コンセントロール

効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻 100/守 100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「機塊」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
自分フィールドに他の「電幻機塊コンセントロール」が特殊召喚された場合に発動できる。
デッキから「電幻機塊コンセントロール」1体を特殊召喚する。


モチーフはコンセントとトロール。
機塊モンスターがいる時に手札から特殊召喚できる効果と、このカードがフィールドにいる時に同名カードが特殊召喚された時にリクルートできる効果を持つ。

2つの効果を合わせて簡単に大量展開できるデッキの要。
「ワン・フォー・ワン」等で手早く展開し、リンク召喚は勿論ランク1のエクシーズ召喚にも使える。


  • 複写機塊コピーボックル

効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「機塊」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードはエンドフェイズまで、
対象のモンスターと同名カードとして扱う。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「機塊」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの同名モンスター1体を自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。


モチーフはコピー機とコロボックル。
場の機塊モンスターと同名カード扱いで手札から特殊召喚できる効果と、自身を墓地から除外してフィールドの機塊モンスターと同名カードを手札または墓地から特殊召喚できる効果を持つ。

(1)はコンセントロールと相性が良く、大量展開をサポートする。
(2)の効果もコンセントロール展開や、リンクモンスターを蘇生してリンク素材や効果の活用もできる。


  • 遮断機塊ブレイカーバンクル

効果モンスター
星1/水属性/機械族/攻 0/守 0
(1):自分の「機塊」モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
(2):自分フィールドの「機塊」モンスターが効果で破壊される場合、
代わりにフィールド・墓地のこのカードを除外できる。


モチーフはブレーカーとカーバンクル。
手札から捨てて機塊モンスターに戦闘破壊耐性と戦闘ダメージを無効化する効果と、
自身を除外して機塊モンスターを効果破壊から守る効果を持つ。

(1)は攻撃力の低い機塊モンスターにはありがたい効果で、ランドリードラゴンの効果を有効的に使う事もできる。
(2)は全体除去を防げて、元々強い耐性を持つセルトパスをより強固にできる。


【リンクモンスター】

  • 乾燥機塊ドライドレイク

リンク・効果モンスター
リンク1/炎属性/機械族/攻 0
【リンクマーカー:右上】
「機塊」モンスター1体
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):リンク状態のこのカードの攻撃力は1000アップする。
(2):自分バトルフェイズに1度、このカードが相互リンク状態の場合に発動できる。
このカードを含む自分のメインモンスターゾーンの「機塊」モンスター2体を選び、その位置を入れ替える。
このターン、そのもう1体のモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
(3):1ターンに1度、相互リンク状態ではないこのカードが攻撃対象になった時に発動できる。
その攻撃を無効にする。


モチーフはドライヤー(もしくは乾燥機)とドレイク。
リンク状態の時に自身を強化する効果、相互リンク状態の時に自身を含む機塊モンスター2体の位置を入れ替え、もう片方に2回攻撃させる効果、
相互リンク状態でない時に自身への攻撃を無効化する効果を持つ。

(1)で強化しても1000にしかならないが、セルトパスの効果と合わせれば最大3000になる。
(2)の場所移動効果は同名カードを指定して攻撃力3000で2回攻撃や、ランドリードラゴンの効果を2度使わせることが出来る。
(3)は相互リンク状態でない時のフォローに使える。


  • 計量機塊カッパスケール

リンク・効果モンスター
リンク1/水属性/機械族/攻 0
【リンクマーカー:上】
「機塊」モンスター1体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):相互リンク状態のこのカードをリリースして発動できる。
自分の墓地から「計量機塊カッパスケール」以外の「機塊」リンクモンスター1体を選んで特殊召喚する。
(2):相互リンク状態ではないこのカードをリリースして発動できる。
自分の墓地からレベル4以下の「機塊」モンスター1体を選んで特殊召喚する。


モチーフは河童と計量器。
相互リンク状態の時にリリースすることで機塊リンクモンスターを蘇生させる効果と、
相互リンク状態でない時にリリースすることで下級機塊モンスターを蘇生させる効果を持つ。

(1)は場所も自由に指定できるため、相互リンクかそうでないかの効果を使い分けることができ、セルトパスを蘇生させることで更なるリンク召喚を狙える。
(2)はコンセントロールを蘇生させて展開に繋げられる。


  • 洗濯機塊ランドリードラゴン

リンク・効果モンスター
リンク1/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:上】
「機塊」モンスター1体
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):このカードの戦闘で発生するお互いの戦闘ダメージは0になる。
(2):1ターンに1度、相互リンク状態のこのカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。
その相手モンスターを除外する。
(3):1ターンに1度、相互リンク状態ではないこのカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。
その相手モンスターを破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。


モチーフは洗濯機とドラゴン
戦闘ダメージを0にする効果と、相互リンク状態の時に戦闘した相手モンスターを除外する効果と、
相互リンク状態でない時に戦闘した相手モンスターを破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを与える効果を持つ。

(1)は他2つの効果で自爆特攻する時にダメージを抑えられる有用な効果。

(2)と(3)の除去効果も相手モンスターの耐性に合わせて使い分けることができる。
特に(3)は下準備も必要ないため使いやすい。
壊獣を使って強引に大ダメージを与える手もある。

アニメでは攻撃時に体内の洗濯物をブーメラン状にして投げつけていた。


  • 掃除機塊バキューネシア

リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/機械族/攻1000
【リンクマーカー:右上】
「機塊」モンスター1体
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):手札を1枚墓地へ送り、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):このカードが相互リンク状態の場合、
相手のメインモンスターゾーンのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
(3):このカードが相互リンク状態ではない場合、このカードは直接攻撃できる。


モチーフは掃除機とガネーシャ。
手札を捨てて相手のカードを破壊する効果、相互リンク状態の時に相手モンスターを破壊する効果と、
相互リンク状態でない時に直接攻撃できる効果を持つ。

(1)は手札コストさえあればモンスターだろうと魔法・罠だろうと破壊できる便利な除去効果。
(2)はメインモンスターゾーンにしか使えないが、セルトパスの効果で強化して安全に攻めるなら使ってもいい。
(3)の直接攻撃効果は攻撃力が低いためダメ押しとしてなら使えるか。


  • 充電機塊セルトパス

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/機械族/攻 0
【リンクマーカー:左下/下】
「機塊」モンスター2体
(1):リンク状態のこのカードは、攻撃対象にならず、相手の効果の対象にもならない。
(2):このカードの相互リンク先の自分の「機塊」リンクモンスターが
相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。
その自分のモンスターの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、
このカードの相互リンク先のモンスターの数×1000アップする。
(3):1ターンに1度、このカードとは相互リンクしていない
自分フィールドの「機塊」リンクモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。


モチーフは電池(もしくはタコ足配線)+タコ。
リンク状態の時に攻撃の対象にならず効果の対象にもならない効果、相互リンク状態の時にリンク先の機塊リンクモンスターをダメージ計算時に強化する効果、
相互リンク状態でない機塊リンクモンスターが破壊させた時にドローできる効果を持つ。

(1)はリンク状態ならば滅多なことでは除去されない強固な耐性を得ることができ、中核となるこのカードの場持ちをよくできる。
(2)の強化効果は攻撃力の低い機塊リンクモンスターの戦闘力を最大2000まで強化できる。
アニメではこの効果は「タコチャージ」と呼ばれていた。
(3)の効果により破壊されてもある程度損失はフォローできる。


【サポートカード】

  • 機塊リユース

通常魔法
(1):自分の墓地の「機塊」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。


機塊モンスターを蘇生させる魔法カード。
リンクモンスターも蘇生できるので、セルトパスのリンク素材にした後、相互リンクの位置に蘇生できる。


  • 機塊テスト

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「機塊」リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのリンク先となる自分フィールドに、
自分の墓地からリンク1の「機塊」リンクモンスターを可能な限り特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。

場の機塊リンクモンスターのリンク先にリンク1機塊モンスターを可能な限り蘇生させ、エンドフェイズに除外させる効果を持つ。

セルトパスを指定して相互リンク先を埋め、どちらも強化することができる。
エンドフェイズには除外されるので、ランドリードラゴンで自爆特攻してしまうのもいい。
もしくはさらなるリンク召喚に使う事もできる。

イラストにはBIG4こと機械軍曹がランドリードラゴンの製品チェックをしている。
機塊モンスターは彼の軍が制作しているのだろうか。


  • 家電機塊世界エレクトリリカル・ワールド

フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキからフィールド魔法カード以外の「機塊」カード1枚を手札に加える事ができる。
(2):1ターンに1度、自分が「機塊」リンクモンスターのリンク召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地から「機塊」モンスター1体を選んで手札に加える。
(3):1ターンに1度、自分または相手のモンスターの攻撃宣言時に発動できる。
自分フィールドの「機塊」モンスター1体を選び、その位置を他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。


Aiがロボッピの為に作った家電の住む世界をモチーフとしたフィールド魔法。
発動時にフィールド魔法以外の機塊カードをサーチする効果、機塊リンクモンスターリンク召喚時に機塊モンスターをサルベージする効果、
相手の攻撃時に機塊モンスターの位置を移動させる効果を持つ。

(1)はリリカル・ワールド以外ならモンスター・魔法問わずサーチできる万能サーチ効果。
(2)でコンセントロールとコピーボックルの効果をフル回転で使いまわすことで連続リンク召喚できる。
(3)は機塊リンクモンスターの2つの効果を使い分ける際に有効。


【余談】

  • 種族名と同じ読みを持つ初のカテゴリである。

  • 過去作のアニメZEXALにて、同じ家電AIで家電モチーフのデッキ「オンボロボ」を使うキャラクター「オボミ」が登場している。



早く追記、修正しないとです〜それがオイラの一番幸せな時間なんです〜

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2020年07月05日 10:40