自爆

登録日:2011/05/26(木) 09:27:29
更新日:2021/05/05 Wed 04:49:19
所要時間:約 7 分で読めます





自爆装置が起動しました
解除するには、下記の解除コードを入力し
指紋及び声帯認証をパスしてください


_ _ _ _ _ _ _ _
┌───┐ ┌─────┐
|┌ ┐| |/ ̄ ̄ ̄\|
| + | |─────|
|└ ┘| |\___/|
└───┘ └─────┘
















自爆とは、最後の手段である。爆弾を使う場合も使わない場合もある。

自爆には、以下の型がある。



1.巻き込み型

敵に囲まれ、自分が窮地に立たされた時に自爆装置を作動させ、敵諸共自分を吹き飛ばす。
相手は死ぬが勿論自分も死ぬ程痛いぞ


2.基地爆破型

城や施設といった拠点を丸ごと自爆・自壊させる。
「最深部まで来た主人公に負けて『どうせ死ぬなら貴様も巻き添えだ』」だったり「わざと敵を誘い込んでまとめて爆破」だったり「男のロマン」だったり理由は様々。1.と複合するパターンも多い。
どさくさに紛れて逃げるというパターンや自爆できる移動基地を爆弾代わりにぶつけるといったパターンもある。
「巨大な施設なのにワンタッチで自爆できるボタンがある」「自爆まではある程度時間猶予がある」あたりはお約束。

アニメ「ゾイド -ZOIDS-」では圧倒的な物量で襲い掛かる帝国軍に対し、共和国側が前線の要塞を自爆させた。
もちろんそれ自体によるダメージも甚大(投入兵力の半数を喪失)だったが、それ以上にその要塞一帯にがれきや残土、穴などが大量に発生し、
それらを撤去し道路を整備するために莫大な爆薬と時間を体力を消耗させる、という二重三重の消耗を一気に強いらせた。
しかし、それでも敵軍の進行を二日遅らせるのが精いっぱいであったし、そもそも自爆を指示した司令官は「最終的に共和国はどうあっても帝国に敗北する」と見立てていた。


3.意図型

主にゲーム等で用いられ、サッカーやバスケットボールなどで自分達のゴールにボールを入れるまたはコマンドを入力してわざと任務完了させるモノ。
こっちの例は、使うと人から嫌われる。TCGではセルフジャッジキルと呼ばれる手段を用いることもあり、
とくにエクストラターンの存在や特典商品が負けても手に入り、かつ勝利による益が少ない遊戯王の場合、
わざと負けるためのデッキを使用したりするリアリストもいる。
なお、遊戯王のカードとしての自爆スイッチは押すと引き分けにできるため巻き込み型である。


4.無駄死に型

自らが命を賭して敵に突撃。

「〇〇ーー!」or「やったか!?」

相手は無傷。

「なん……だと……?」

がお約束のタイプ。


あと、


  ■ ■  ┃
         ┃
  ■ ■σ┃
     σ●┃<アッー!!
━━━━━┛

こんなん。


5.武士型

型的に1と似ているが、こちらは自分が死ぬ。
例を挙げると、主人公に負けたライバルキャラが「貴様に殺されるなら!」と自ら爆薬を飲み込む、
または爆弾を起動させて人気の無いところに走ってサラダバー、機密を守るために機密書類もろとも自爆するパターンも有る。
(実在の兵器にも、機密部位限定の自爆システムがあるとか)

ただしこの手の「機密保持用の自壊」版の場合は自壊を優先する事も有って周囲のへのダメージは
実は然程無い場合も少なくないが派手な描写から1の巻き込み型と勘違いするケースが少なくない。
その為判断基準としては文字設定で「相手を巻き込んで殺傷する事を目的としている」系の明記や
作中での描写がされていない場合は自壊を優先していると判断するのが良いだろう。

勿論「例3」以外の自爆をした場合、自爆装置を起動させた人物の大半は自爆に巻き込まれて死ぬ事が多い。

しかし、何度自爆しても死なない奴もいる。



現実では、大量の爆薬の運用の手間や安全性などの問題があり、実用性は無きに等しい。
そもそも自爆しなければならない状況に追い込まれないようにするのが定石だが、
フィクションでは味方陣営が自爆する場合、ヒロイックな演出による盛り上げどころとして用いられる。
自己犠牲の要素が含まれるため受け手の心に訴えやすい。

また相手を意図的に自爆させるものも存在する。(内蔵弾丸Xなどのように相手の持つシステムを衝いた物も)


自爆の結末として、

  • 自爆によって敵ボスや基地が倒され、世界や味方陣営は救われた。

なのが大体のパターンだが、よく考えると、

  • 自爆によって当面の危機は脱したものの、戦果に対して大きすぎる犠牲だった。
  • 根本的な戦力差・国力差は覆せておらず、長期的にはまたも劣勢になってしまう。

な結果になることもある。


ちなみにノルマを達成できず、商品を自分で契約・購入する羽目になった場合のことも「自爆」と言う。
当面の危機こそ脱せるものの、店や本人にとっては戦果に対して犠牲が大きく根本的な問題は解決できていないので結果的にはマイナスである。

そういった商品は主に恵方巻やクリスマスケーキのような時期の限られたものや、生命保険・自動車・経営に向かないマンションといった非常に高額なものがある。

死ぬ程痛いぞ


以下、自爆を用いたキャラクターや機体








┏━━━━
┃σ●□
┃  ■□■
┃□  □□
┃□■  ■

―そのうち白ボンは考えるのをやめた。 
















「俺の事は構うな! 急いでアインの元に行け!」

「でも、お前はどうするんだ!」

「俺はWiki篭り達を食い止める! 必ず……帰ってくるから心配するな」

「……わかった、必ず帰って来いよ」





「はは……俺ったら、なんで出来ない約束したんだろうな……(ガチャッピッピッピッ)」



┌──────────────┐
|        自爆装置作動        |
| ┏━  ┏━┓・┏━┓┏━┓ . |
| ┣━┓┃  ┃ .┃  ┃┃  ┃ . |
| ┗━┛┗━┛・┗━┛┗━┛ . |
└──────────────┘

「よう、Wiki篭り……俺と一緒に……追記・修正しようぜぇぇぇぇ!」



ドカーーン












「死ぬ程痛かった……」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年05月05日 04:49