プラネットマン(ロックマンエグゼ)

登録日:2020/12/02 (水曜日) 22:41:55
更新日:2021/01/06 Wed 04:12:32
所要時間:約 3 分で読めます




オヤオヤ、アナタニハ「野望」トイウモノハ無イノデスカ?
アナタ程ノチカラヲ持チナガラ、ナント勿体ナイ…

タイヘン勿体ナイデスガ、新タナルWWWノ人柱ニ、ナッテモライマショウ


ロックマンエグゼシリーズ』に登場するネットナビの一種。属性は木。

無印のロックマンに元ネタが存在しない、本作オリジナルのキャラクター。
エグゼ2に登場するボスキャラとしても無印ロックマンに由来しない唯一のキャラである。
地球のような胴体に、頭・手・足がついているが、それぞれ胴体からは離れている。
同名の『キン肉マン』の超人と比べるとベースにしている惑星の数が異なると表現すべきか。

某国に墜落した未確認飛行物体から回収されたプログラムを元に作られたとされている。
大いなる大地の力を司り、伝説のナビとして崇められている。
その実態はWWWに所属する自律型ネットナビであり、前作にて壊滅したWWWの再興のため暗躍する。


【活躍】


・ロックマンエグゼ2
本編クリア後の隠しシナリオにて、ファラオマン・ナパームマンと共にWWW残党の生息エリア「WWWエリア」に鎮座する。
厳しい試練をクリアした「選ばれし者」を見つけ出し、WWWのメンバーとしてスカウトするためだった。
丁度その試練をクリアしたロックマンを「幹部候補生」として誘い込むが、当然ながらロックマンは断固拒否。
目の前にいるロックマンがWWWを壊滅させた張本人だとも知らずに、ロックマンの排除を試みるも敗れる。
しかしWWWの復活が絶対であることを散り際に叫び、それは現実になる。


【主な技と強さ】

  • ダブルプラネット
プラネットマンとの戦闘中は、常に二つの惑星型ビットがプラネットマンの周りをグルグル移動している。
各属性に対応した4種類の惑星があり、プラネットマンの盾になるだけでなく
赤(火)青(水)黄(雷)の惑星はロックマンと同じ横列になるとその惑星の属性に応じた横一列の攻撃を行う。
緑(木)の惑星は攻撃しないものの、プラネットマンの体力を回復する効果がある。
この惑星は弱点属性の攻撃が当たると消滅するが、時間経過で別の惑星を補充される。

  • 防衛軍戦闘機
小型の戦闘機がプラネットマンの懐から出現して攻撃を行う。
これ自体は横一列に弾を発射する単純なものだが、惑星の属性攻撃と合わさると回避が難しくなる。
戦闘機の耐久力がそこまで高くないことが救い。

  • ブラックホール
HPが半分以下になると使用する。
青と緑色だった胴体が真っ黒なブラックホールになり、背後のデブリ諸共ロックマンを吸い込ませる。
デブリにぶつかっても勿論ダメージだし、強制的に最前列に移動させられるので戦闘機とも接触しかねない。


基本的には横方向のみの攻撃を持っているため、戦闘機の破壊を怠らなければ攻撃を回避することは難しくない。
ただしプラネットマンの場合、特殊なバトルフィールドによりこちらの攻撃を当てることが難しい。

このフィールドでは自分のエリアは中央マスだけ穴が開いており、
それに対して敵エリアは中央マス以外全てに穴が開いており、プラネットマンが常に中央のマスに居座っている。

穴パネルの上にロックマンが立てない以上、ボム系チップなどの「3マス前を攻撃する」類のチップが当てられない。
ショックウェーブなどの地を這う攻撃もやはり穴パネルで阻まれてしまう。

更には敵エリアに穴パネルしかないので、プリズムを置けずあのプリズムコンボが成立しない
エグゼ2のボスナビで唯一プリズムコンボの対策をとっており、
プリズムコンボにおんぶにだっこだったロックマン(プレイヤー)を絶望のどん底に叩き落とした。

ちなみにフミコミザン等の方法で相手エリアにいる最中に惑星と接触すると、即死してしまう。
この現象については、元々惑星に即死効果があるというわけではない。
惑星とロックマンがぶつかって接触ダメージを受けるところまでは普段通りなのだが
ダメージをうけても無敵時間が発生せずデリートされるまで連続で接触ダメージを受け続けていたことが
有志による検証の結果で明らかになった。つまりはプリズムコンボと同じ理屈である
プリズムコンボを無効化するだけでなく、殴られた側の痛みを思い知れというわけであった。


そんなわけで普段の戦闘で活躍するチップの多くがプラネットマンには通用せず
「プラネットマンに安定して攻撃を当てられるチップ」を厳選してフォルダを組みなおす必要がある。
…と言うと聞こえは悪いが、2マス前の敵を攻撃するチップであれば攻撃が届くこと
そしてあんな見た目で木属性であることからネップウの餌食になる。
ありったけのアタック+やファイア+をネップウに加えることでみるみる体力が減っていき、
V3個体であっても、ネップウ+ファイア+40×3で決着をつけることができる。


プラネットマンのナビチップは、敵の上下左右のマスに惑星を設置し、その惑星を敵にぶつけるもの。
最大で4ヒット(惑星が4つ設置された場合)、この時のダメージ量はかなり高いが
敵がエリア端にいると隣接マスが減るので惑星の数も減り、また惑星は穴パネル上に設置できない等
最高火力を満たす条件はかなり厳しく、使うのは難しいチップである。
よりにもよって電気属性のサンダーマンとマグネットマンがエリア奥に陣取るスタイルなのも難点。
ちなみにこのチップの攻撃は、惑星の色に関係なく木属性である。



【本編以外の活躍】

無印第45話「あの月へ行け!」にて登場。
何者かによって人工的に開発されたゲーム版とは異なり、アニメ版では別の銀河からやって来た存在。
月面上の人間の基地を乗っ取り、地球制服を企て、
さらには基地からビーフ司令を追い出すことで酸素補給を阻止しての殺害まで企てていた。
実力者であることはゲーム版と変わらず、ウッドマンとスカルマンを容易く撃破した程。

ちなみにEDのテロップに表示が無かったため、担当声優は不明。

宇宙から来たナビということで、AXESS以降の作品においても名前が言及されることがあった。



アナタハコノ項目ヲ見事ニ追記修正シマシタ
アナタハ「選バレシ者」ナノデス

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年01月06日 04:12