ナツメブラザーズ!/ナツメブラザーズ!(21)

登録日:2011/08/18(木) 00:23:06
更新日:2018/05/13 Sun 23:53:13
所要時間:約 8 分で読めます




リスナー「緑川さん、おっぱいさん、V3さん、代打バース」


緑川・おっぱい・V3「代打バース」




ナツメブラザーズ!及びナツメブラザーズ!(21)とはkeyのゲームリトルバスターズ!のラジオ番組。
インターネットラジオステーション音泉にて2008年6月23日より配信されている。
第36回よりゲーム内のネタと平成21年、新パーソナリティに鈴田美夜子が加入したことでタイトルに(21)を追加した。
ちなみにこれはロリではなくトゥエンティーワンと読む。

ご存知の通りリトルバスターズ!がkey屈指の腹筋崩壊のネタゲーであるためか、そのラジオも当然、否、ゲームよりネタだらけである。
そのネタ性がウケてか、2008年6月のプレ放送以来、2011年現在まで放送が続いている。
しかし2011年10月24日放送の第170回にてついに最終回を迎えてしまった。実に3年半という長期に渡る配信だった。
「いつまでも……一緒だよっ」


パーソナリティー紹介

緑川光(棗恭介役)
ご存知おおこしょへてらん声優。
彼のイメージを聞くと大抵「カッコイイ声」「クールな印象」と返ってくるが、このラジオを聞くとイメージが変わる。その自慢のエロティックかつエクスタシーな声は勿論、時にショタキャラから老執事、果てはバカボンのパパやルパンまで何でもやってのけ、声優の凄さをリスナーに示した。
番組初期、称号によりブースを離れた事を民安に根に持たれており、未だにネタにされ続けているが当人はまた出たい様子(※理由をつけては度々ブースを離れている)。なお、これを機に音泉の他のラジオでもパーソナリティ等がブースから離れるネタが蔓延したとか。
このラジオにて「緑川キラー」こと柚木かなめに弱いことや、ベッカムが相手なら受けでもいいこと等が明かされた。

民安ともえ(棗鈴役)
ご存知おっぱい声優。基本的にツッコミ。
ゲームにて主人公、ヒロイン、そのライバルのあり得ない3役をやり抜いた才能を活かし、番組内でも一人2役という無茶振りを幾度となく乗り越えた。
また、おっぱいの知識に精通し、自身のコーナー「民安ともえのおっぱいGO!GO!」を持つ。
かなりの頻度で他のパーソナリティやゲストに振り回されており、時折涙声になる。顔出しOKなため、毎週民安の写真がラジオHPにて見られる。

鈴田美夜子(能美クドリャフカ役)
ご存知(21)声優………ではない。本人の項目を見てお察し下さい………。
とある回の時、緑川が「ブタゴリラになっちゃえばいいじゃん」「V3になっちゃえばいいじゃん」「じゃあブタゴリラことV3」とネタ振りをしたのが伝説の始まりである。
顔出しNGなため、公開録音に「能美クマリャフカ」と言う着ぐるみを着て出たため、以後「着ぐるみ声優」が代名詞になった。
初ゲスト回にてドリンクを持って来たせいでもっこり好きが判明し、自身のコーナー「鈴田美夜子のもっこりヘブン」を持つ。
またとある回にて酒を飲んで一人だけ泥酔し、それがファンにうけ、以後も酔ったり演技したりしている。ちなみに、酔っ払ったことについて緑川には一度ガチ説教されている。


●コーナー紹介

  • 現在実施されているコーナー
■称号
リスナーから称号を募集しエンディングまでその称号に従わなければならない。
この称号によりその回がカオスになるかどうかが決まる。以下一例。
「ボーカロイドになった民安ともえ」「酢豚美夜子」「ルパン口調の緑川光」………書ききれないため全て見たいならば本家Wikiへ

■トークランキング
リスナーからトークのお題を投げ込んでもらい、投げ込まれたお題に真っ向から挑むコーナー。
全てのコーナー共通だが称号のキャラでトークされるためにカオスになる。
比較的まともなコーナー。

■ミッションスタート!
リスナーが普段行なっているミッションを紹介するコーナー。たまにパーソナリティーも実践したりする。
ミッションにはナツブラを聞きながらランニング等平凡なものから思い切って告白、カードを212121枚集める等(ある意味)過酷なミッションまで勢ぞろい。
マッスルエクササイザー、ペンを指に挟む等はもはや伝説。

「緑川濡れてる……」
「吊って!」

■漫画のタイトルシリーズ
恭介が考えた漫画のタイトルのインパクトのある第一話のサブタイトルを募集するゲームでもお馴染みのコーナー。
ゲームと勝手が少し違い、「第一話なのにそれかよ!」よりもタイトルのネタ性が求められる。
ちなみに漫画のタイトルは「天晴れ冬将軍」や「行け行けもっこりーズ!」など………………このラジオ大丈夫か?

■球筋に出てるぜ!
球筋に出てる一言を募集するコーナー。ゲームでお馴(ry。
大抵どうして球筋に出ていたのかの説明が着く。
そして「球筋に出てるぜ!」に送られてきたメールの約3分の1が、ポロリしてしまった体験談が語られる「球筋が出てるぜ!」である。

■代打バース!・代打バース!~second season~
「おはようございます」に聞こえる「代打バース!」のように、別の言葉に聞き間違えるor聞こえそうな言葉を募集するコーナー。
ランディ・バースという代打バースの元ネタの人物の伝記を毎回紹介していたが、伝記のネタがなくなったために一回終了した。
復活の希望の声が多数あり復活を果たした。今やナツブラ=バースとも言える人気を誇る。
緑川光=「非ロリから微ロリ」、民安ともえ=「ダメです、ダメ~!」、鈴田美夜子=「スルーはいやよ」等の聞き間違えが生まれた。

■棗恭介の一問一答
恭介がリスナーの質問に内容の真偽すら問わずにズバリ答えるコーナー。恭介の一問一答にちなんでいる。
28回に100問100答で終了したが101回に復活した。

■命名!名付けブラザーズ
元は単なるお便りからだったが、あまりに名付けて欲しいリスナーが多くコーナー化した。
リスナーにもパーソナリティーからも人気のコーナー。
パーソナリティー3人がそれぞれ一文字、一ワード出しあってそれを合体させて名前を付ける。
以下一例。
  • リスナーのペンネーム「大爆笑触手王」
  • 鈴田美夜子のファン「熊ティッシュナイト」
  • 図書館管理プログラム「She-Showプログラム・司(つかさ)」
  • 歯科医用の顎模型「珍友がぶちょ王」

………カオスである。

  • 終了したコーナー
■今、ここに新しい名言が生まれた
ゲー(ry。
数々の名言(例:「胸が小さいのがいいんじゃない、小さいのを気にしてるのがいいんだ!」、「俺は死なない!」等)が集まったが28回で終了。
バースの名言も多々あり彼の人気を伺わせる。

■棗兄妹
鈴や恭介のような面白い兄妹、エピソードを募集するコーナー。
鈴田加入とともに終了。

■わふー!
棗兄妹に変わって出来たコーナー。
クドが和風と思うものを送ってもらいそれを和風であれば「わふー!」と言う。
多分使いずらかったので結構早めに終了した。


●不定期コーナー
■民安ともえのおっぱいGO!GO!
民安ともえのありふれるおっぱい知識によるためになるコーナー。
番組まるごとおっぱい色に染まり、「バストークランキング」「今、ここにおっぱいの思い出が揉まれた」「代打バスト」「胸筋(むなすじ)に出てるわ!」
「棗鈴の一揉み乳答」「棗胸兄妹」等のコーナーが開催される。
初の19回を除けば55、81、108などの何かしら関連のある回で行われる。

■鈴田美夜子のもっこりヘブン
鈴田美夜子のもっこり好きにより開催。とりあえずヘブン!になるのが目的。
おっぱいGO!GO!よりお下品な内容となっており、「もっこりヘブン」「球筋が出てるぜ」「もっこりマンデー」等のコーナーになる。
2回のみの特別回のため復活が望まれる。
もっこりHELLもある。

●スーパーナツメブラザーズ!
ラジオCDに付いてくる特別編。
やや毛色の違うコーナーが収録されているが、カオス度は変わらない。
『(21)』になる前は風音が固定ゲストだったが、以降は様々なゲストを迎え、タイトルも某配管工のゲームタイトルにちなんだものになった。


●ゲスト
リトバスメンバーのゲストに加え、都乃川勇人や樋上いたる等のスタッフ、「クドわふたー」からも登場。
大抵ゲスト回はカオスになるが、ある意味全部カオス回とも言えるのがナツブラである。


現在CD版もvol.16まで発売中。
CD特別版も収録され本ラジオとは違うので必聴である。




民安「この番組は追記、修正の提供でお送りしました!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/