Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ

登録日:2024/05/29 Wed 00:02:56
更新日:2024/06/15 Sat 09:49:50
所要時間:約 9 分で読めますわ、旦那様!






旦那様。

どこまでもお供いたしますわ。




Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ』は鬼ノ城ミヤによるライトノベル作品。
小説家になろう」に投稿され、オーバーラップノベルスから書籍化された。
イラストは片桐。
既刊17巻(2024年3月現在)


【概要】


タイトルの通り、本来なら戦力にもならないということで見切りをつけられた勇者が、レベル2になった途端、無限の力を手に入れて、敵を圧倒していくというチートな展開を楽しむことが出来る。そして文字通り「まったり異世界ライフ」ということで、ヒロインと穏やかなイチャラブ模様も見れるのが特徴である。(主にメインヒロインのフェンリースの献身ぶりが見所)
主人公の境遇から「追放もの」の系譜に名を連ねる作品である。

作者は現在、小説家になろうに掲載されている分については規約違反によりアカウントを削除している。
Web版はノベルアップ+で掲載しているものが残っているが、書籍版と異なる点が多いため注意(一部の展開やキャラクター名など)。

メディアミックス展開としては、糸町秋音によるコミカライズが「コミックガルド」にて2019年より連載中。
2024年4月~6月にテレビアニメが放送されている。

【あらすじ】


商人として日々働いていたバナザは、突然クライロード魔法国という
見たことも聞いたこともない異世界に「勇者候補」として召喚される。
だが、Lv1の能力が一般市民並みだったことで勇者失格の烙印を押され、
さらには国の手違いで元の世界に戻れなくなってしまう……。

王都から辺境へ追放されたバナザが、なんとか生き延びるべく
森で襲い掛かってきたスライムを撃退、Lvを2に上げると
彼のステータスは見慣れない「∞」の記号に変わっていて─!?

これは、名前と姿を変えて異世界で生きることを選んだ「超越者」と、
敵対する人種族に恋した「魔族」との波乱万丈な新婚ストーリー。

あらゆる種族を巻き込んで─目指せ、平和なスローライフ!
(アニメ公式HPより引用)

【キャラクター】


(主人公とメインヒロイン)

出典:「LV2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ」OPより
2024年4月~6月 J.C.STAFF
©鬼ノ城ミヤ・オーバーラップ/Lv2からチートだった製作委員会


・フリオ
CV:日野聡
本作の主人公。
平和を好む心優しい青年。
突然異世界へ「勇者候補」として召喚される。魔法国クライロードによって魔王軍に対抗するために召喚されたのだが、Lv1での能力が一般市民並のレベルで平凡だったため追放されてしまう。
しかし、Lv2になるとステータスが「∞」に変化。常人には扱い切れない程の力を手に入れてしまう。なろうあるあるのチート主人公の仲間入りを果たした。

その後、襲い掛かってきたフェンリースとの闘いに勝利した後、彼女に慕われることになる。こうした彼女の献身的な愛情に、フリオも徐々に受け入れることになっていった。

元来は温厚な性格で争いを好まないが、フェンリースをはじめとした仲間や大切な存在が窮地に立たされた、もしくは傷つけられた際は激しい怒りを露にし、対象を完膚なきまで叩き潰している。
元いた世界ではバナザという名前だったが、異世界では正体を隠すためフリオと名乗る。

ちなみに、元いた世界は異世界召喚モノでよく見られる現代日本ではなく、亜人種が虐げられているファンタジー世界という少々変わった設定。

・フェンリース
CV:釘宮理恵
本作のメインヒロイン。
魔族の一族で「牙狼族」の女性。基本は人間の姿でいるが狼の姿になることも可能。
幼女に化けて、人間をおびき出している所をフリオと出会い、戦闘に発展する。しかし、レベル2となりチート能力を手にしている彼の力に屈服させられてしまった。負けた彼女はフリオに自身を隷属させることを提案するも、平和主義者な彼はその提案を拒否し、最終的には名目上の夫婦として過ごすことを提案して了承された。

最初は名目上という意味合いであったが、フリオの人間性を見て彼を本気で愛するようになり、今では「旦那様」と呼んで慕っている。
普段は「リース」と呼ばれている。

共同生活を始めた頃は料理もできず、森で狩った魔物を「生肉」の状態で出すなど、ワイルドなセンスが抜けきらなかったが、後に料理教室に通い克服。カレーを作るにまで成長した。

獣耳らしきものが頭にあるが、実は人間(エルフ寄りに見える)の耳が普通にある。
獣耳風味の奴は通称「髪耳」だが、こっちも何かしら神経がつながってるらしく、漫画版のおまけではここを触られて反応するというコマがある。
ピコピコ耳のように動いているところがチャームポイント。
なお、歴代の釘宮ヒロインと比較するとツンデレではなく、頑張り屋で尽くすタイプのヒロイン。なお、あのキャラこのキャラと違いスタイルも良い。

一方で嫉妬深く、一家に様々な女性キャラが住み込んでフリオに気を引くような素振りを見せると猛烈な勢いで威嚇する。

(フリオ一家)

出典:「LV2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ」第3話 『異世界ライフはじめました』より
2024年4月~6月 J.C.STAFF
©鬼ノ城ミヤ・オーバーラップ/Lv2からチートだった製作委員会



・バリロッサ
CV:山根綺
クライロード魔法国の騎士団に所属する女騎士。
没落した貴族の実家を再興しようと奮闘している。真面目な努力家で料理もできる。
パーティーのリーダー格。
フリオとは2度命を救ってもらった経緯があったことと、彼とフェンリースの能力の高さも見込んで、自分たちを強くしてほしいとフリオとフェンリースに頼み込み、住み込みで修行をすることになった。

フリオに鍛えられてめきめきと成長しているのだが、フリオ達があまりにもレべチ過ぎる能力を持っているせいで、なかなか活躍できる機会が少ない。(ちなみに修行の際、フリオに気を引かせる素振りをした際はフェンリースに脅迫されてしまった)
また、他のパーティーメンバーがそれぞれの特技を活かして職に付いたり何かにチャレンジしたりしている様を見て、焦りを感じることもある(実質無職である事から、ごく潰しになっていないか心配しているようだ)

後に魔王と出会い、その際の堂々とした振舞が彼に気に入られてしまった模様。しかし実際は単にビビって固まってしまったというもののため、魔王が来訪するたびどこか逃げようとしている。
このように真面目なのだが、不運も重なり、ポンコツ属性が付いてしまっている状態である。

・ブロッサム
CV:日野まり
クライロード騎士団所属。
重騎士のパワータイプ。バリロッサのパーティーの一員。
農家出身ということで、フリオの家に住み込んでからは、農作業に精を出していることが多く、こだわりもある。
フリオの手ほどきで「ドラゴンスレイヤー」の称号を手にしたときはとても嬉しがっていた。(反面、手に入れられなかったバリロッサは本気で悔しがっていた)

・ビレリー
CV:広瀬ゆうき
バリロッサのパーティーの一員
城で軍馬の世話をしていた。
少々優柔不断なところがある。そのため弓を武器にして戦うが、動く的は狙えず、腕は半人前である。
フリオの家では修行をしつつ、家系の足しにできるように、放牧場を作り牛や馬、馬の形をした魔物まで飼育して、運送業などができるようにしつけている。
後にある馬の魔物を保護するが、その馬が実は...。

・ベラノ
CV:稗田寧々
バリロッサのパーティーの一員。
クライロード魔法国の騎士団に所属する魔法使い。
防御魔法しか使えず、しかも魔力が低いため、スタミナ切れになりやすくよく倒れる
フリオから魔法の手ほどきを受けつつ、魔力増強のため指輪を授かった。当初は薬指にはめようとしたが、フェンリースの怒りの圧に耐え切れず中指にはめることにした。
後に魔法を教える先生の仕事を託されることになる。
中の人はEDテーマを担当するユニットの一員でもある。

・サベア
CV:井口裕香
狂乱熊(サイコベア)という魔物。森でフリオ達に屈服させられた後、ペットとなった。
彼の魔法で一角兎(ホーンラビット)の姿でいることが多い。
ふんす。

(魔王軍)


・ゴウル/ゴザル
CV:前野智昭
史上最強の力を持つと言われる魔王。
だが、魔族に珍しくむやみな戦闘行為を好まない性格。非戦を掲げるも、主戦派からの突き上げも受けているという苦しい現実に立っている。ウリミナスの報告を受けて、彼女を退けたフリオを勧誘するために来訪した。圧倒的な力を持ちながら力を誇示することを忌避する彼の性格に興味を持ったのが理由である。

その際、自身を前にしても動じなかったバリロッサに興味を持つ。ちなみにバリロッサは単にビビッて固まっていただけなのだが、妙に気に入られてしまった模様。
後に、弟に譲る形で魔王の座から降り、フリオの家に居候する。
バリロッサとも種族間の問題に直面しつつも本音を話し合い和解する。

・ウリミナス
CV:田村ゆかり
魔王ゴウルの側近の1人である地獄猫(ヘルキャット)族。
ゴウル配下の諜報部隊『静かなる耳』の長。フェンリースとは同僚の仲である。
ゴウルを慕っている。

・ユイガード/ドクソン
CV: 楠大典
ゴウルの弟。野心があり、魔王の座を狙っている主戦派。
しかし、野心はあるが頭も回らず、実力も追いついていない、部下からも呆れられている典型的な噛ませ犬。
後に兄に譲られる形で魔王になるが、初陣にて下調べもスパイもいない前進しか知らない采配により早速大敗北を喫する。

・フフン
CV:新井里美
ユイガードの配下。
ドM(公式)

(クライロード魔法国)


  • エリザベート・クライロード
CV:川澄綾子
クライロード魔法国第一王女。
国王とはそりが合わず、取り合ってもらえない状態が続いていた。
浄化魔法の使用で昏睡状態になった国王に代わり、フリオを勧誘するも、断られてしまった。
本作屈指の常識人であり苦労人
就任突如、前国王である父親が国庫の5分の1を私物化していた事実が判明、その後も宝物庫の秘密の避難路をリークするなど問題を起こしまくることに頭を悩ませ、信頼できる部下の前ではため息を吐き愚痴を漏らす。
そんな国の経済状態でよく種族間の戦争ができるな…
中立のフリオも彼女には同情して「殺しはしない」と条件付きで力を貸すほど。
中の人は釘宮ヒロイン作品ではライバルヒロインを演じることも多く、本作のラジオにて、久しぶりに共演できて懐かしい思いだったとのこと。

・金髪勇者
CV:村田太志
フリオと共に召喚され、召喚時は全ステータス999と能力が非常に高かったために勇者として迎えられた。
...が、その後90を超えるレベルアップをしてもステータスの成長やスキル習得ができず、加えて当人の無駄に高い自尊心のせいで勇者として碌な働きをしないなど問題ばかりだったため、国王に代わり権限を得た第一王女に解雇を通達される。
しかしその後も何かと問題行動を起こすことになる。
アニメ版に限り「にゃんでも」「そのとぉーり」といった独特なイントネーションで話す。チャラい言動が目立つ。アニメでは毎回ED直前に出番が用意されている。

・ツーヤ
CV:高橋美佳子
金髪勇者に付き従っている。
彼が解任された後も「勇者様」と呼んで慕っている。なんていい子なんだ・・・。
中の人は『ゼロ魔』でモンモランシーを担当している。

(その他)


・ヒヤ
CV:堀江由衣
光と闇の根源を司る魔人。
絶大な力を持ち、対価と引き換えに主の願いを叶えると言われている。
解雇された金髪勇者によって呼び覚まされ、フリオを殺すように依頼される。
手始めにフェンリースを手にかけるが、これがフリオの逆鱗に触れる事になり、完膚なきまでにボコボコにされてしまった。
時間後退魔法でフェンリースが復活を果たした事もあり、冷静さを取り戻したフリオと和解した後は彼に付き従う道を選び、「至高なる御方」と呼ぶようになる。

中の人は『ゼロ魔』でシエスタを演じており、釘宮作品にも何作か共演している。

・ダマリナッセ・ザ・アプリコット
CV:伊藤静
暗黒魔法を極めた堕ちた魔法使い。
ヒヤと共に封じられたが、金髪勇者がヒヤを解き放ったことで封印が解かれ、ツーヤの身体を乗っ取ることで復活するも、ヒヤとフリオにより敗北してしまい、ヒヤの精神世界に閉じ込められている。

【テレビアニメ版】


2024年4月から6月の間でアニメ化された。
制作はJ.C.STAFF。
ゼロの使い魔」シリーズのスタッフが多く参加しており、声優も日野聡釘宮理恵といった2000年代中盤~2010年代前半で活躍したベテランキャスト陣が多く参加していることから、平成時代の深夜アニメを見ている感覚になった視聴者も多いとか。
なろう原作の作品ではあるが、どことなく雰囲気や各演出もその時代のアニメを思わせるものもいくつかある。


主題歌

OP:「旦那様とのラブラブ・ラブソング」
フェンリースを演じた釘宮理恵によるオープニングテーマ。
久方ぶりの釘宮理恵による楽曲である。リースのかわいらしさが全面的に描かれていることから、ニコニコ動画を始めとする動画では「くぎゅううううううう」といった動画コメントが多数みられた。こうした現象から、この令和の時代に「釘宮病」が再発したおまいらアニヲタ視聴者が多かったとか。


ED:「ユートピア学概論」
DIALOGUE+によるエンディングテーマ。
強キャラ達に振りまされ、落ちこぼれながらも奮闘するバリロッサ達を描いている。上述のOPに話題を持っていかれがちだが、こちらもテンポが良く往年の深夜アニメを思わせる楽しい楽曲。


追記・修正はレベル2になった際、チート能力を手にしたときにお願いします。


この項目が面白かったなら……\ダンナサマー/

+ タグ編集
  • タグ:
  • アニメ
  • 漫画
  • 小説
  • ライトノベル
  • 小説家になろう
  • Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ
  • 日野聡
  • 釘宮理恵
  • 釘宮病
  • オーバーラップノベルス
  • 鬼ノ城ミヤ
  • 令和の時代に釘宮病再発
  • 追放モノ
  • 追放系主人公
  • 24年春アニメ
  • ゼロの使い魔
  • J.C.STAFF
  • 岩崎良明
  • 旦那様
  • 異世界
  • チートキャラ
  • ゼロ年代深夜アニメ同窓会
  • 豪華声優陣
  • 平成36年春アニメ
  • 異類婚姻譚
  • HN-Re:A型ウイルス感染源

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年06月15日 09:49