小説家になろう

登録日:2011/06/05 Sun 06:07:30
更新日:2022/06/05 Sun 07:05:49
所要時間:約 11 分で読めます




「あぁ、○○な小説ないかなー。そうだ、自分で書くか。携帯小説とか最近よく聞くし。でもどこに投稿すればいいんだろー」

なーんてこと、考えた事ありませんか。

そんな人達に、手軽に投稿でき、かなりの人が来て、出来次第では文庫化できる素晴らしいサイト「小説家になろう!」をご紹介します。




概要

小説家になろうとは自作の小説を投稿するサイトである。
2022年6月現在、登録ユーザー数は227万人、投稿されている作品の数は何と95万作品を超えている。プロの出版業界も注目している大手小説投稿サイトなのだ。
全ての機能を無料で利用する事が出来るのだが、運営費は広告収入によって賄われているので、可能であればAdblockなどの広告ブロッカーは無効にして利用しよう。

姉妹サイトとして
  • 18禁小説を投稿する男性向けエロ小説を扱う「ノクターンノベルズ」
  • BL・NL両方含む女性向け小説を扱う「ムーンライトノベルズ」
  • 官能を主目的としない成人向けの作品…要するにグロやインモラル描写が盛り込まれた小説がメインの「ミッドナイトノベルズ」
が存在する。
昔は二次創作作品も投稿されていたが、現在は権利元の許可がある一部作品の二次創作のみが許されている。
また検索タグがつけられるので、その時求めているジャンルや個人の嗜好なども割と簡単に検索できる。

ツンデレヤンデレなどの有名所や、異世界ハーレム、主人公最強などのシチュエーション・設定。
また作品の文字数や読了時間まで細かく検索が可能であり、どう探したらいいか判らない。ということはあまりないだろう。

サイト名どおり、 投稿した作者の中からプロ入りした 者も多く、アニメ化などに至った作品も存在する。
電撃文庫でデビューした『魔法科高校の劣等生』の佐島勤氏等が有名な例であろう。
最初から一定の人気が見込めること・新規イラストや加筆訂正といった「追加要素」で既存ファンも呼べること*1などから、
最近では書籍化を巡って出版社が上位作品の争奪戦を繰り広げている状況になりつつあり、
もはや現在では書籍化に参入していないラノベ系出版社はないくらいのバブル状態になっている。
一般文芸にも飛び火しており、ついには本屋大賞ノミネート映画化を成し遂げる作品まで出た。

アース・スターノベルを始めとしてなろうの書籍化のみと限定したレーベルが多く、
また、既存のラノベレーベルでも講談社ラノベ文庫→Kラノブックスのようになろう専用のレーベルを立ち上げる事も。
フロンティアワークスのように男性向けはMFブックス、女性向けはアリアンローズとブランド分けする場合もあるが、
カドカワBOOKSのように女性向け男性向けをブランド分けしないレーベルも存在する。
読者層の違いからか、文庫版では無く少し大型の四六判の書籍が主流だが、モンスター文庫のように専用レーベル(Mノベルズ/四六判)立ち上げ後も、文庫版で出版する場合もある。

最近では人気のある作品は書籍化後にそれを原作としたコミカライズ版が出版されることが多いが、
  • 書籍版とコミカライズ版の企画が同時進行し、ほぼ同時に出版される
  • コミカライズ版が別の2誌の雑誌で同時連載される(薬屋のひとりごと)
  • 書籍が出ずに、コミカライズ版のみが連載される(シャングリラ・フロンティア)
など特殊なケースも増えている。

またノクタやムーンの書籍化もされている。
こちらの場合電子版のみが出る場合もあるので要注意。

しかし、プロになっても 一気に売れっ子作家で億万長者!とはならず、そう甘くないのが現実
プロになる事で周りの目も当然厳しくなり、一層魅力的な作品を創作するセンスが求められる事になる。
そもそも、なろう内ですら出版社の目に止まるレベルを目指すなら、
まず毎日投稿出来るだけの根性と筆の速さ、それを可能にするだけの時間的な余裕と生活環境が無ければ、スタートラインにすら立てないという極めてシビア世界である
え?仕事が忙しくて休日くらいしか書く暇が無い?なら諦めよう。その時点で既に競争から脱落しているのだから。

せっかく商業デビューに繋がっても書籍なので売上が悪ければWeb版でPVを安定して稼いでようと打ち切りされる。
最悪な場合は打ち切られたショックでそのままWeb版の更新意欲を失ってエタったり削除というパターンも。
通常のラノベ以上に打ち切りにはシビアで、1冊だけ出して2巻を出さず打ち切りという本もとても多い。

一方存続は決まったが作者のスランプで1年以上新刊が出なかった…なんてパターンもある。
これまで趣味として「楽しみながら」作品を作っていた所を、商業デビューしてしまった事で「仕事」として作らなければならなくなってしまった結果、
納期に追われて時間的にも精神的にも完全に余裕が無くなってしまい、以前のように楽しみながら自由に作品を作れなくなってしまった事で、作品の質が落ちてしまった…なんてケースも珍しく無いのだ。
この点、Youtuberやプロゲーマーと同じく「ラクして好きなことだけやって儲かる世界ではない」のである。

ジャンルは異世界ものやVRMMOまで幅広いが、主に主人公による『俺最強!』ものが流行っている。
ランキングの上位を占めるのが大体このテの作品である辺り、テンプレだが読者の心をつかむのだろう。
逆にそういった小説は、出所に関係なく「なろう系」「最低系」とカテゴライズされる。
(実例としては、投稿サイトArcadiaの幼女戦記ゲートなどの
 「ウェブ小説全般」もひとまとめに「なろう作品」として呼称・誤解されるケースが多い)

また、最強ものが流行りすぎた結果
逆に『主人公最強なんてご都合主義!現代人が異世界で活躍できるわけねーだろ!』みたいな作品もテンプレとして流行っている。

なお、ある統計によると実際は『俺最強!』やら『異世界!』『VRMMO!』以外の作品の方がはるかに多いのだが、
ポイントが流行のものに集中しているのでほとんどランキングに上がってこないようだ。
商業の需要を無視して自由に書けるはずのウェブ投稿サイトだが、供給が大きすぎるとわかりやすい定番に需要が集中し、定番以外の作品は読む人が少ないのが現実らしい。

2020年辺りからは女性の読者が非常に増えているようで、週間ランキングが明らかに女性向けで埋まるようになってきた。
読者層の違いから50話超の長編が少ない故に、年間ランキングだと長期連載の男性向けが多いという傾向がある。


その他、作品投稿に際して定められている規約を故意に破った場合、運営からアカウント削除などの制裁が成される場合もある。
実際に起きたケースとしては、出版社から書籍化までされたとある作品が、全年齢対象としての掲載だったにもかかわらず
明らかにR-18相当の濡れ場・性的描写を度々挟んでおり、数度の警告に対しても著者が態度を改める様子を見せなかったため、
運営の判断で作品もろともアカウントが消されるに至った事例が発生している。
特に、盗作は最もやってはいけない行為です! バレないわけがないので絶対にやめましょう!

類似サイトとしては「アルファポリス」「カクヨム」「ノベルアッププラス」「ツギクル」などがある。
ただ、複数サイトに並行して投稿される作品も多い。自分が見やすいと思うレイアウトのサイトで読めばいいと思う。


利点と問題

利点

1.退屈な時間の暇つぶしに最適。
2.食傷気味でも、割と新鮮。
3.無料かつ作品数が膨大なので、いくらでも好みの作品を探し続けられる

問題点

1. 作者の技量の差が大きい
作者によっては、プロに匹敵するクオリティの作品もあるのだがその逆も然り。
中には「実は別名義でノベルゲームのシナリオライターやってます」という野生のプロが潜伏したり、
商業作家が何食わぬ顔で投稿する例もある場合もある一方で、
小説書くのは初めてなんて人物が勢いだけで投稿している場合もある。
ほぼ誰でも投稿できる仕様なので、仕方のないこと。気に入らなければ他をあたろう。
自分の気に入らない作品にぶち当たったらそっとブラウザバックすべし。

また、昔は「マイナーすぎるジャンルがカバーされていない」という問題もあったが、
近年では作品が多様化したため、質と探す手間さえ問わなければいろんな作品を見れるようになった。
もっともそれらの作品も作者の技量の差が大きいのは変わらないため、母数が少ないとヒット数も下がるのは同じだが……

しかし、思いのほかお目当ての系統に同志が多く、更に運良く高レベルな作品を見つけることができたとしても……。

2. 「エタる」
「エタる」とは「永遠」を意味する英語の「エターナル(eternal)」を動詞化させた造語で、作品を完結させられないまま長期間放置されてしまう事を指す。
多くの作者はプロではないので、作品の続きが来ない、ということはザラである。
ある意味これが最大の問題点である。
体感・統計など違いはあるが、なろう小説がエタる確率を計算している人達もいて、大体が7~8割と算出している。実に10本に8本の小説がエタっている事になる。

だが彼らはプロではなくアマチュアなので、仕事として執筆活動で収入を得ている訳では無く、当然ながらプロの作家と違い納期や責任がある訳では無い。
仕事や学業、生活を最優先にするべきなのは至極当然なのだ。
それ故に仕事や学業が忙しく、執筆活動に割く時間が中々取れないのは仕方が無い事なのだ。
それに突然重い怪我や病気に見舞われてしまった、あるいは家族や身内を介護しなければならなくなった、最悪のケースでは作者の逮捕、死亡などで「執筆自体が困難&不可能になってしまった」というケースだって有り得る。
この件に関して作者を責めるのは筋違いだという事を肝に銘じておこう。
それでも妙に自分と波長が合う作品だと中々落ち込む。

また、1話完結形式ならともかくストーリー重視の連載作品だとヤキモキが止まらない。
完結済みか否か。最終更新日はいつかを先に調べておくと幾らかダメージ軽減できる。
中には「週に1度更新」「隔週で更新」などと、ある程度の最新話掲載の目安を記載してくれている作品もあるにはあるが、それでも絶対的な物ではない。
まあ、こういった問題点はここに限った話では無く、投稿サイトでは当たり前ではあるが……。

ただ、エタるだけで済めば過去作品を読み返すことはできるのでまだマシなのである。
突然作品を消して失踪する者も少なくはないのだから。
作者がサイトを退会すれば投稿作品はすべて消滅する。しかもわざわざ引退宣言をするものはそういないので、本当に突然消えてしまうのである。
戻ってくる例は本当にごく稀なので、読み返したいほど気に入った作品はこれまた姉妹サイトである「タテ書き小説ネット」などを使って保存しておくことを推奨する。

以上の点があるが、最初からそういうものだ、と割り切れば面白い作品はいくらでもある。
というか、繰り返すが作者のほとんどがアマチュアなので、それは仕方が無い事なのだ。


主ななろう出身作品*2

分類は書籍版の出版社別。

アルファポリス


オーバーラップ文庫


KADOKAWA

アスキー・メディアワークス

エンターブレイン


角川書店

富士見書房
富士見ファンタジア文庫

メディアファクトリー


GA文庫


ホビージャパン


一迅社


GCノベルズ


ヒーロー文庫


ダッシュエックス文庫


アーススター・ノベル


その他レーベル


コミカライズ化のみな作品



なろう二次創作禁止令

当初のなろうは多数の二次創作も投稿されているサイトだった。
しかし2012年3月15日、「にじファン/NOSからの極めて重要な知らせ」により今後、

権利者側が二次創作展開を許可していない作品の投稿が禁止

となった。
途方もない数の作品が削除されることに……

後に、二次創作を発表できる場を求めた有志が「ハーメルン」を立ち上げ、
SSの書き手はハーメルンを含んだほかのサイトに移住することになった。
一方なろうはそれで衰退するかと思いきや、「なろう系」なるテンプレが成立して妙な進化を遂げていくことに…。

ダイジェスト化の禁止

2016年9月からは書籍化したものを都合によりダイジェスト化する行為が禁止された。
何故こうなったかと言うと、書籍化したはいいものの「なろうであらすじのみ、あるいは序章のみ掲載して“続きは書籍を買ってね♡”」といった問題が起きていたのである。
これらの作品は残っていたところでなろうでは全文を読めないため、なろうの運営的にも読者的にもほぼ無価値な存在だった。
この禁止処置により再び多くの作品がなろうから消えていった。

単行本化に伴う追記要素が多くなりすぎて、書籍版となろう版がパラレル…というのは一応セーフ。
オンリーセンスオンラインなど、なろうは連載終了したが書籍版の続刊は続く、でもなろうが消去されてないのはこれが原因。

アルファポリスは書籍化したものの全文掲載を認めていないため、
なろうで連載していたがアルファポリス・レジーナブックスから書籍化されたためダイジェスト掲載

このルールに引っかかって削除
というパターンが多発した。
現在ではなろうからアルポリで書籍化された場合「○月○日でこの作品を削除します」と予告される場合が大半。
アルファポリスも自社で投稿サイトを用意しているが、こちらも書籍化されると冒頭の試し読み部分と、書籍化されていない部分しか無料では読むことが出来ないと徹底している。


類似サイト

小説を投稿可能という点では以下のサイトが上げられる。

  • アルファポリス
小説だけでなく漫画の投稿も可能。自社で出版部門も持っているため、ここの投稿作品のランキング上位はそのままアルファポリスで出版されることも多い。
ただ、出版された場合は「1話と未出版部分」のみ無料になり、出版部分は「本買うかレンタルでしか閲覧不能」というスタンスを貫いている。
そのため書籍化されたが打ち切られた場合、1話と7話以降無料、2-6話は有料というサンドイッチになることも。
またアルファポリスで権利の有る物の二次創作は一切禁止というルールもあるため、薄い本を作らないように注意。

  • カクヨム
出版大手角川系列のサイト。
そのためか一部の角川系列の作品の二次小説を公式に認めている。ここのユーザーに知られている所だとフルメタとかハルヒとか。
ここからの書籍化はドラゴンノベルズが積極的、それに加えファンタジアやスニーカー等、文庫本サイズのレーベルが担当することも多め。

  • ノベルアップ+
ホビージャパン系のサイト。ぶっちゃけ一番地味。

元にじファン住民が制作したサイト。
出自と二次創作をメインとしている事から、企業のバックアップは受けていない個人サイトの模様。
勿論オリジナル作品の投稿もあり、ここがメインとなっている「美少女になってちやほやされて人生イージーモードで生きたい!」がコミカライズ化されている。
フォントの埋め込み等カスタマイズが多彩で、いわゆる掲示板ネタを本当に5chっぽく作る事も可能。最近ではWikipedia風に注釈を付けたり、Wikipedia風の小説を作ることも可能となった。
>>1とかのアンカーにマウス合わせた時のポップアップも実現可能なほど。

  • Pixiv
実は絵だけでなく小説も投稿可能。
こちらも出自故二次創作がメイン。二次創作だけで言えばおそらくハーメルンと並ぶ勢いを誇る。
それゆえに数もかなり多いが元々イラスト投稿サイトだった関係上UIに若干難があり検索には少し労力がいるのがネック。
歴史が長いこともあって作品が増加しすぎて、ついに本文検索のサポートを打ち切った事が炎上気味に話題となった。



投稿は計画的に。
追記・修正は完結さ

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

荒れたためコメント欄は撤去しました。
相談所に意見を求めずに勝手にコメント欄を復活させた場合、IPの規制などの措置が取られる可能性がありますのでご了承ください。
最終更新:2022年06月05日 07:05

*1 特にアリアンローズとGCノベルズは「一章分描き下ろし」が珍しくないレベルで追加要素が多い。

*2 アニヲタwikiに項目がある作品

*3 元はArcadiaで連載されていたが、少しして小説家になろうでも並行連載されるようになった。デビューはweb連載を改題しGA文庫大賞に応募し大賞を受賞したもので、厳密にはなろう出身とは言い難い。

*4 小説家になろうでのタイトル表記は「Knight's & Magic」。