青空の見える丘

登録日:2009/06/11 (木) 18:34:27
更新日:2019/12/08 Sun 15:34:18
所要時間:約 4 分で読めます




2006年4月21日に発売されたfeng第4作目。
元々は14日発売予定だったが、バグが見つかった為、急遽21日に変更した。
それでもバグがあるが、当時のfengでは少ない方。

キャッチコピーは「都会『ツンデレ』幼なじみと田舎『のんびり』幼なじみの織り成す絶妙なハーモニー?」

難易度が比較的低い為、初心者にオススメのエロゲとして挙げられる。


ストーリー
私立ファミーユ学院に入って2年目の春。
いつも通りの学院生活を送っていた秀樹の生活は急展開!
幼少時代を過ごしていた故郷から、お隣さんだった西村姉妹が上京して、我がファミーユ学院に転入して来るというのだ!

慣れない都会で失敗を繰り返しながらも秀樹に対して好き好きビームを出してくる春菜を前に、焦ったのは現在進行形のツンデレ幼なじみ速水伊織!
面識がなかった二人の幼なじみをはじめとした奇妙な三(四、五…?)角関係が今、始まる。


キャラクター説明
今井秀樹
CV:朴ロ美(ドラマCD)
主人公。なかなかのイケメンだが、それを帳消しにする程の悪乗り好きの変態紳士。
スカートめくりの研究をして極めている(曰く、それ以外にやる事がなかったとの事)。
お茶を入れるのが上手いという妙な特技を持つ。後、チャーハンも巧い。
基本ギャグ担当だが、決める時は決める良主人公。
一部ルートでは彼の武勇伝が聞ける。マイスイート。


西村春菜
CV:鈴田美夜子
B91(D)W59H89
田舎ヒロインその1。
秀樹の田舎時代での幼なじみ。
秀樹を追っかけてファミーユ学園に来た。
田舎暮らしだった事から都会の常識を知らない。腹黒。
巨乳要員一人目。

西村小夏
CV:成瀬未亜
B76(A)W54H80
田舎ヒロインその2。
春菜の1つ下の妹で一緒に転校してくる。都会に憧れているが、その知識は情報誌などで得たため誇張されている。
秀樹のスカートめくりの最大の被害者だったりする。
貧乳要員一人目。ネコミミポニテ。


速水伊織
CV:安玖深音
B78(A)W57H80
都会ヒロインその1。
秀樹の都会での幼なじみ。
公式ではツンデレキャラだが、ツンが少なく後半はほとんどデレしか無い事からファンの間では「デレツン」「ソフトツンデレ」と称される。
今作のメインヒロイン。秀樹と伊織の為のゲーム。
貧乳要員二人目。

諏訪ののか
CV:九条信乃
B82(D)W54H80
都会ヒロインその2。
腹黒生徒会長。
運動神経が全く無い。死ねばいいのになんて簡単に言っちゃうお方。
巨乳要員二人目。

藤宮翠
CV:加賀ヒカル
B80(B)W58H78
都会ヒロインその3。
オカルトやミステリー好きでよく図書室にいる。
クーデレ。黒ストとゴスロリ担当。
貧乳要員三人目。

御代柊花
CV:近藤知佳
B91(F)W60H92
秀樹たちの田舎にある御代神社の巫女。性格は能天気でお気楽。放送(プレイ)できないようなネタを平気でいう勇者。
一応彼女のシナリオもある。かなり短いが……
巨乳要員三人目。


サブキャラ

滝沢光一
CV:先割れスプーン
秀樹のクラスメイトで親友。今作一の愛すべきバカ。でもイケメンでお坊っちゃまの完璧超人…というかリア充。
秀樹にガチで惚れており、伊織を敵視している。(エターナルライバル)

彼の本領は主役の引き立て役、ナンバー2としてでこそ発揮される。
何故か攻略できないキャラ一人目。選択肢が選べないバグがある。
ネタとしての人気なら一番。

橘ミコト
cv:佐本二厘
貧乳要因四人目。
何故か攻略できないキャラ二人目。半裸のCGあり、あかね色で攻略可、バルス!


ファミーユ学園校長
秀樹のブルマ廃止運動に理解を示した人。
普段は素敵なロマンスグレーらしい。
「やはりブルマは良いですな」


全3部に分かれており、その中に1話完結のストーリーが収められている。
各話終了後にはアニメ番組のような次回予告と、主人公以外の各ヒロインからの視点で物語を振り返る「Side Episode」が挿入される。
それぞれの話の最初にOPムービーが挿入される。
また、各ヒロイン終了後に「ごじつだん」が登場し、その後が語られる。


所々にある若干危険な小(パロ)ネタで有名。

一例

「な、なんだってー!!」
「ビッグバンアタック!」
「いやぁ実に素晴らしいオーロラでサンダーなアタックだったよ」「あぁ、お前はそっちの世代か…」
「だいのガッツ!はぁーー!!」
「じいの最速理論の前には公道などものの数ではないと見せてあげよう」
「俺はギャルのパンティが大好きだ!」「どこぞの豚かー!」
「め、目がー!目がー!」「滅びの呪文でも使われたのですか?」

ドラマCD化もされた。
現在までに第4段まで出ている。
本編以上にキャラの壊れ具合に拍車がかかった素晴らしいネタCDで、爆笑必至である。


あかね色に染まる坂と星空へ架かる橋は続編で、同じ世界観である。




加筆よろ

この項目が面白かったなら……\ポチッと/