アカオーニ(スマイルプリキュア!)

登録日:2012/04/02(月) 23:55:25
更新日:2018/05/18 Fri 18:20:45
所要時間:約 7 分で読めます




いい子はいねぇがぁ!



CV:岩崎ひろし

アカオーニとは、『スマイルプリキュア!』に登場する敵役。
ウルフルンマジョリーナと同じくバッドエンド王国の三幹部の一人である。
初登場は3話(ウルフルン帰還時にもシルエットで登場)。

姿は日本昔話を見た誰もが想像する赤鬼そのもの。三幹部一の巨漢である。一人称は「俺様」。
衣装は虎柄のパンツやワンショルダーのトップスなどを着用している。
モデルは「泣いた赤鬼」や「桃太郎」など諸説あり。

彼もまたバッドエンドの未来を望むが、その理由は不明である。

戦闘ではその体格を活かし自慢の金棒を振るう接近戦を得意とする。
…と言いたいが今のところ他の二人と同じく戦闘についてはアカンベェに任せきりなので不明。

とはいえ3話でみゆきとあかねの2人に向かって金棒を振るい突風攻撃を仕掛けていたので金棒を使うことは間違いないだろう。
彼もまた人からバッドエナジーを抽出することと、アカンベェを召喚することができる。

難しいことを言われると大声をあげながら混乱してしまったり、マジョリーナの発明した指輪をうっかりくしゃみで現実世界に吹き飛ばしてしまったりする。
三幹部一の愛すべきバカと言える。

『努力』や『仲間』といった甘ずっぺぇ言葉を毛嫌いしていて、特に『仲間』に対しては敏感である。
だが、

  • 他の幹部とババ抜きする
  • 申し訳ない事したら素直に謝る
  • 子供達に嘘の紙芝居を作る
  • 相手の背が低いとちゃんとしゃがんで目線を合わせて話す
  • 昔の景色に憧れてわざわざ京都に行く
  • 勉強が苦手なのにプリキュアの戦闘を復習する
  • 他の幹部とお笑いコンビを結成
  • 緊張しながらもお笑いコンテストに参加する
  • 金棒で素振りする

などなど、ある意味本人が一番努力している様に見える。


●本編での活躍

3話で初登場。プリキュアに二度撃退されたウルフルンに代わり、新しく造った金棒を片手にみゆき達の町へ。

校内美化ポスター大会関連で悪口を言われて傷つき外へ出た黄瀬やよいの前に現れ、やよいを始めとする七色ヶ丘中学校生徒をバッドエンドにする。
そのまま駆けつけたハッピーとサニーと交戦。みゆきとあかねの必殺技が不発に終わったこともあり、2人をあと一歩のところまで追い詰めるも、
やよいがキュアピースへの覚醒を促す結果となってしまいアカンベェを浄化され撤退。


更に4話では洗い立て湿ったのパンツを履いてひとっ働きに現れ再度ハッピー達をピンチに陥れるも、
緑川なおの覚醒を促してしまいアカンベェとパンツを破られまたもや撤退。
その際ぴかりんじゃんけんに負けてくやしがるという愛すべきバカっぷりを発揮している。

5話こそいいところを…しかしマジョリーナが出撃したため出番はなかった。


6話では冒頭で他の幹部と今回の出撃権を賭けて仲良くトランプをしていた。お前らほんとに悪役か?
結局マジョリーナが一番に上がったため、またもや出番なし。


8話ではマジョリーナの発明品「イレカワール」をくしゃみで吹き飛ばしてしまううっかりスキルを発揮。軽くマジョリーナに怒られた。
何故かみゆき達の町…しかもみゆきの登校する道にピンポイントで落着させている。

狙ってやったのではないとすると、バッドエンド王国とみゆき達の町が繋がっているのか?まさかの近所説を彷彿とさせる。

もしかしたら近場だからこの町ばっかり襲ってるのかもしれない。

ちなみにこのうっかりスキル、11話でも発揮され、マジョリーナの発明品「チイサクナール」を蝿叩き代わりに使い、役に立たないと投げ捨ててしまっている。


9話で再度登場。エイプリルフールだということで鬼が桃太郎に勝つ絵を一生懸命描いていた。
しかも周りの2人に誇らしげに笑顔で説明するという仲良しぶり。

しかしウルフルンに「どうせ世界はバッドエンドに染まるんだしそれウソじゃなくなるだろ。」的な指摘をされ、理解出来ずに混乱した。

マジョリーナ「アカオーニに難しい事を言っちゃダメだわさ。」

…仲間も認めるバカキャラだった。

そしてエイプリルフール転校騒動で泣きながら外に飛び出したやよいの前にまたもやピンポイントで登場。
しかも風で飛ばされた、やよいが嘘を謝罪するために描いた絵を拾っていた。
なにこのタイミングの良さ。
まあアニメだし、そんな偶然もよくある…のか…?

戦闘では嘘を有効活用(?)したアカンベェとの連携により5人を圧倒し、やよいの嘘のネタバレをするものの、逆に5人の結束力を高くする結果に。
5人が話をしている間はアカンベェと共に待っている辺り、やたら空気が読めていた。


修学旅行回の13話では、鬼が人々を苦しめる絵本を読みながらハッスル状態。
そして、テレビで見た京都の風景と絵本の風景を重ね、

「そうだ、京都行こうオニ」

なんつー気ままな出撃……

そこで修学旅行に来ていたプリキュア達と戦闘。みゆきのおみくじから生み出した大凶アカンベェで(主にハッピーを)苦しめるも、
レインボーヒーリングでアカンベェを倒され「アオッパナは役に立たない」と愚痴りながら撤退した。



16話ではプリキュアを倒せないことを深刻に思っていたジョーカーに問題集を手渡されたがすぐに飽き、

「勉強なんていらないオニ!」

…勉強なんていらないという結論にたどり着いてしまった。流石バカオーニ…

その後、幼女が勉強しているのを見て苛つきバッドエンドにしてまったので彼にもロリコン疑惑が浮上してしまった。
しかも戦闘後にドロップしたのはバナナデコル…



イカしてるオニ!

17話ではウルフルンと共にバッドエンドボンバーズを結成し、お笑いコンテストに参加。
緊張しながらも一生懸命に荒ぶったがウケない事に悔しがり、そのままプリキュアとも戦わず2人で退場。お前ら何しに来た。
ちなみにこの回の2人はカツラや眼鏡を付けて背広を着ている以外はいつもの怪人姿と同じだった。よくバレなかったものだ…





バッドエンド王国での激戦ではピースと対決。遂に金棒を振るい地を砕くなど圧倒的パワーで追い詰めたが、ピースの決死の電撃を受ける。


ええぃ!邪魔くっさいオニィッ!!


その後、巨大化して攻勢に出たものの、ピースの電気を纏った高速の肘鉄を受けて転倒、続けてプリキュア・ピースサンダーの連撃を喰らい敗北した。

その後の行方は不明である…



…と思ったら普通に生きてました。改めて皇帝ピエーロ復活とミラクルジュエル奪取のため活動を続けていくようである。

よかったねアカオーニ。


25話では素敵な思い出を作りに水着に着替えて海に直行。
めちゃくちゃ似合うグラサンとサーフィンで激戦の後とは思えない程大はしゃぎして一部の視聴者の腹筋を壊した。
凄まじい腕前を披露している辺り、体育系は得意なのかもしれない(28話のボーリングではガーターを取っていたが...)。
今回は単に『素敵な思い出を作る』のが目的だったためかプリキュアに負けても上機嫌に帰っていった。



ウガァアアアア-ッ!!!追記・修正したての項目で気分爽快オニ-ッ!!












ぴかぴかぴかりん、
じゃんけんぽん♪





あぎゃぱああああああっ!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/