beatmaniaIIDX

【ビートマニア ツーディーエックス】

1999年2月に登場したBEMANIシリーズ作品。
その名の通りbeatmaniaの進化版である次世代型DJシミュレーションゲーム。
鍵盤やエフェクターの数が増え、迫力のある筐体はまさにDXの名に相応しかった。音質・画質も5鍵以上に進化して実写を使ったムービーは迫力満点で、まさにこのゲームの最大の特徴ともいえる。

鍵盤を7つも使うので、当時は鍵盤の多さから馴染みにくく感じた人も多かったが、substreamから登場したデザイナー、GOLI氏の描くキャラクターによってIIDXの世界観が確立されていき、バージョンアップ毎に5鍵以上に人気となった。
3rd styleではLIGHT7(現在のNORMAL相当)が登場し、敷居が高かった7鍵盤にも入りやすくなっていったが、段位認定などの登場により高難易度化が進みすぎてそれ以上に敷居を上げてしまった感がある。
また、デザイナーの参加と共にキャラクターも増えていき、キャラクター目当てなプレイヤーも少なからずいて、本来のDJからはかけ離れているような部分もあるが、時代の変化を考えるなら致し方ない部分もあるだろう。
後に9th styleでビギナーモードや、DJ TROOPERSではチュートリアルが加わり、初心者にも馴染めるような配慮がされているが。

そしてIIDX SIRIUSでは新たな要素として押し続けるオブジェのチャージノートや、回転させて逆方向に回すバックスピンスクラッチという新要素が登場し、果てはPARTYモードという、キャラクターを前面に出したモードが登場した。
IIDX18ではポップンの個人解禁イベントのようなイベントが毎作登場する形となり、ポップンの要素も多少は取り込まれているような感じはする。

IIDX23 copulaでは、チャージノートの別バージョンといえる「ヘルチャージノート」(バックスピンスクラッチも含む)が登場した。
これはSOUND VOLTEXのロングオブジェクトのように、その部分を押し続けていなければゲージが減少し続けるという形になるため、冒頭だけ押して単押しのような方法で攻略する手段がしづらくなっている。
逆に押し続けることでゲージが回復するため、貴重な回復源となりうることも。

ゲーム雑誌「ファミ通」で行われたゲーム総選挙において、音楽ゲーム部門で第3位に入るという快挙を見せた。

シリーズ一覧

作品名 AC版での初出 CS版での初出
beatmaniaIIDX 1999/02/xx ×
beatmaniaIIDX CLUB VERSION 1999/02/xx ×
beatmaniaIIDX substream 1999/07/xx ×
beatmaniaIIDX 2nd style 1999/09/xx ×
beatmaniaIIDX 3rd style 2000/02/xx 2000/11/02
beatmaniaIIDX 4th style 2000/09/xx 2001/03/24
beatmaniaIIDX 5th style 2001/02/xx 2001/08/29
beatmaniaIIDX 6th style 2001/09/xx 2002/07/23
beatmaniaIIDX 7th style 2002/03/26 2004/05/15
beatmaniaIIDX 8th style 2002/09/28 2004/11/xx
beatmaniaIIDX 9th style 2003/06/25 2005/03/xx
beatmaniaIIDX 10th style 2004/02/xx 2005/11/xx
beatmaniaIIDX 11 IIDX RED 2004/10/xx 2006/05/xx
beatmaniaIIDX 12 HAPPY SKY 2005/07/xx 2006/12/xx
beatmaniaIIDX 13 DistorteD 2006/03/14 2007/08/xx
beatmaniaIIDX 14 GOLD 2007/02/xx 2008/05/xx
beatmaniaIIDX 15 DJ TROOPERS 2007/12/xx 2008/12/xx
beatmaniaIIDX 16 EMPRESS 2008/11/19 2009/10/16(+PREMIUM BESTとして発売)
beatmaniaIIDX 17 SIRIUS 2009/10/23 ×
beatmaniaIIDX 18 Resort Anthem 2010/09/17 ×
beatmaniaIIDX 19 Lincle 2011/09/20 ×
beatmaniaIIDX 20 tricoro 2012/09/18 ×
beatmaniaIIDX 21 SPADA 2013/11/13 ×
beatmaniaIIDX 22 PENDUAL 2014/09/17 ×
beatmaniaIIDX 23 copula 2015/11/11 ×
beatmaniaIIDX 24 SINOBUZ 2016/10/26 ×
beatmaniaIIDX 25 CANNON BALLERS 2017/12/21 ×
beatmaniaIIDX 26 Rootage 2018/11/07 ×
beatmaniaIIDX INFINITAS 2015/12/01 ×

楽曲関連

初期はbeatmaniaシリーズと傾向が似ていたが、m-floなどのアーティストをゲストに迎えたり、さまざまな形でIIDX独自の路線を3rd Styleで確立させたといえる。
中期はトランス・テクノ・ユーロビート系の曲が目立ち、近年はハードコア関連やボーカルのポップス系も目立ちつつある。

ポップンミュージックとの関連

基本的にbeatmaniaと大差がないが、どちらかといえばキャラクター面で色々関連性があったりする。
シリーズのマスコットキャラクターであるトランはもちろん、しろろタルト&タフィは元々IIDXで初登場したキャラクターである。
SunnyParkではセリカが登場した。

ポップンに移植された楽曲に関してはキー音?が入っているという性質上、移植に関してはそのままデータの移植がしやすく製作の手間が省けやすいといった利点があるが、譜面がIIDXと似通りやすいという難点もある。
ポップン以外の機種からIIDXに移植された楽曲がポップンに移植される場合は、IIDXの音源を利用するというパターンもよく見られる。

移植関連

  • 灰色の背景はAC版ポップンでは削除曲
    詳細は各楽曲ページを参照。
  • ee'MALLの配信曲で登場した楽曲は全てポップン14で、ee'MALL 2nd avenueの配信曲で登場した楽曲は全てポップン15でそれぞれ常時解禁した。

ポップンからbeatmaniaIIDXに移植された曲など

ポップンでの楽曲 beatmaniaでの曲名 備考

キャラクター関連ではジャックヴィルヘルムがムービー及びIIDXの関連要素として登場しており、CS版IIDXは、ポップンをモチーフとしたカラフルな鍵盤とオブジェに変わるスキンが登場している。
実はポップンコントローラはIIDXのコントローラとしても使えるという汎用性がある。

エキスパートコースではIIDX13 DistorteDにはポップンからの移植曲を集めた隠しコース「pop'n」コースが収録されていたりする(AC版のみ)。
構成は以下の通り。

  1. ULTRA HIGH-HEELS
  2. Foundation of our love
  3. 虹色
  4. MOON
  5. Votum stellarum

後に、IIDX CANNON BALLERSにおいては、近年のポップンからの移植曲で構成した「POP」コースが2018/09から登場した。

  1. プログレッシブバロック
  2. サイレント
  3. トイコンテンポラリー
  4. ムラクモ

beatmaniaIIDXからポップンに移植された曲など

ポップンでのジャンル名 beatmaniaシリーズでの初出 ポップンに登場した作品

音源がbeatmaniaIIDXのものを使っている移植曲

ポップンでのジャンル名 beatmaniaシリーズでの初出 ポップンに登場した作品

関連用語

beatmania
beatmaniaIII

クプロ・ミミニャミ・パステルくんのみんなで宇宙戦争!!

【任務完了!ツインテールはくじけない!】

BEMANIカテゴリ
BEMANI