キー音

【キーおん】

概要

ポップンミュージックシリーズ全般および、音楽ゲーム作品における用語およびシステム。
楽曲のプレイ中に、デバイスの操作によって鳴らされる音を指す。
実物の楽器であれば、ピアノやシンセサイザーの鍵盤を操作して鳴らす音のようなもの、といえばイメージが付きやすいか。

beatmaniaIIDXIII)シリーズでは、流れてくる譜面のオブジェに合わせた正しい操作を行うことで、その曲における本来の鳴らすべき音が鳴らされる、という仕組みになっている。
そのため、正しい操作ができないと音が鳴らされず、曲として本来の音が鳴らせない状態となる。
このシステムはbeatmaniaの姉妹作品とも言えるポップンでも同じであり、よりバラエティに溢れた音が鳴らされる。
このように正しい操作(=演奏)を行うことで、正しい曲になるタイプの音楽ゲームに対してのみ使われる形となる。

ポップンでも収録されている楽曲は版権曲も含めて、このような仕組みとなっているが、本来の曲・譜面の構成には使われていない音が隠されていることもあり、そのタイミングで押すと鳴らせる音が存在する(おまけボタン)。

BEMANIシリーズにおいては、上記以外でこのキー音付きの形式を取っている作品は以下の通り。

ポップンミュージック Sunny Parkからの作品

版権曲は元々、音楽ゲームで使われることを前提に作られているわけではないため、後述するマルチトラックデータが存在していないことがほとんどである。
そのため、音楽ゲームに収録するためには一から制作しなければならず、その分費用がかかりやすいためかカバー音源になることも多かった(パーマンギャバンなどの一部の曲で、元曲と同じボーカルで音楽ゲーム用の音源として収録されたこともある)ので、音楽ゲームをプレイするユーザーからは違和感を感じることも少なくなかった。

そこでSunny Parkから収録された版権曲は、キー音自体が存在せずオリジナル版と全く同じ音源で収録される例が出てくるようになった。
また、SOUND VOLTEXで登場した曲やひなビタ♪など、一部コンテンツやメディアミックス系の楽曲でもキー音が存在しない例が出てきた。


  • IIDXやポップンの楽曲#?は本来の音源とは別に、演奏楽器などを分けた「マルチトラックデータ」と呼ばれるデータが存在する。
    公式ページの曲コメントにおいて、波形を切り出すなどの表現が使われていたこともあってか、ゲームでプレイできる楽曲の制作過程にはこのような作業が伴っている。
    ポップンの楽曲コンテストにおける規約では、「採用確定しゲームへの収録が確定致しましたら、マルチトラック(オーディオ)データの提出を依頼させていただきます。」という記載があるため、このデータからゲームでプレイ可能な楽曲に使われるキー音を作成するための素材となる。
    MAMBO A GO GO初出のNova emoçãoなどのように、マルチトラックデータが無いためにポップンミュージック8へ移植することができなかった旨が語られたこともあった。

キー音が存在しない楽曲一覧

UPPER版が存在する楽曲も該当。

ポップンミュージック Sunny Park

ポップンミュージック ラピストリア

ポップンミュージック eclale

ポップンミュージック うさぎと猫と少年の夢

ポップンミュージック peace

ポップンミュージック 解明リドルズ

関連用語

曲名
版権曲
おまけボタン

基本要素・システム

最終更新:2022年03月12日 12:10