むかーしむかし、だいいちじブームのころにミニFというものがあったそうな……



ミニ四駆とほぼ同じ大きさだが、四駆では無く二駆。
実車のリンクサスを思わせるフロントサスや、後輪をピニオンとスパーで回すダイレクトドライブといった特徴がある。
カウンターギヤが無いのでギヤ比を替えるにはモーターからピニオンを外さなければならない。
サイズやガイドローラー付きといった共通点があるのでミニ四駆のコースを走らせる事が出来る。
しかし最近の立体コースを走らせるにはシャーシ強度にかなりの不安が…
タイヤ経年劣化によるグリップ力の低下でスロープを登れないことも少なくない。
ターミナルはモーターの金具の穴に差す関係上穴のないプラズマダッシュモーターは使えない。
リヤウイングがボディキャッチを兼ねている。
差込式なので衝撃でボディが外れやすく、電池やらターミナルやら色々と散乱しやすい。

当時のF-1ブームもあり8車種が発売され、後に2006年にも完成車で4車種販売された。但し、完成品の方はステッカーが無く色で呼ばれていてる。ライセンス料をケチったか。とはいえ実車をモチーフにしているらしく元となった車種は特定されている。
結構な種類のパーツやミニF用のコース等も発売されたが、今では殆どが絶版。勿論ミニF自体も絶版となっている。現在はプレミア価格で取引される上に、そもそも数が少なく入手困難な場合が少なくない。
余談だが、今も愛用されているトルクチューンとレブチューンは元々はミニF向けに発売された物であった。


完成車には3.8:1スピードギヤが付いてこないが、ゴールドターミナルが付属する。



最終更新:2019年10月24日 04:17