片軸モーター

ミニ四駆PROシリーズ以外のシャフトドライブシャーシに使用するモーター。

各スペックは公式サイトまたは学研の超速ガイド、絶版品等の情報は小学館のミニ四駆GUP完全カタログおよびハリケーンソニックミニ四駆BOOKなどから引用。

モーターの能力は電池の状態にかなり影響され、電池に合ったモーターは下記を参考にすると良い。
アルカリ:トルクチューン2・レブチューン2・アトミック2・ハイパーミニ・ハイパーダッシュ3
ニッケル水素:全てのモーター


現行品(公式大会使用可能)

FA-130タイプノーマルモーター

  • ITEM.98578(AO-1001)
  • 定価:150円
  • 消費電流:1.1A
  • 回転数(推奨負荷時):9,900~13,800rpm
  • 最大トルク:10g-cm
  • 重量:17g
  • 製造メーカー:マブチ、S.T.D.Motor、SMC Motor

一部の例外を除いてミニ四駆のキットに付属しているモーター。
AOパーツとして単品で販売されてもいる。
エンドベル(電極の着いているプラスチックのキャップ)の色が時期、又はメーカーによって違う。
白(乳白色)は大抵マブチ製で、青はS.T.D.Motor 又はSMC Motor製。
一時期のレーサーミニ四駆同梱の青ベルモーターはマブチ製だったりする。

元はキットのオマケの様な物で、当然ながらトルク・回転数共にタミヤのモーターの中では一番低くレースで使うには心許無い。

基本的にキットを買えば買っただけ増えていくが、性能が低いため使われず沢山余る事が多い。
そのためよくシャーシの慣らしなどに使用されたり、軸や絶縁ワッシャーなどの内部部品目当てに分解されたりしているが、
一度分解すると、改造扱いと見なされ、カップの痕跡で一発でバレる。
エンドベルが白い物は主に第1次ブーム時の最初期型と現在流通している新型がある。
微妙な形状の違いこそあれ、(青ベルノーマル含め)大して性能の差はないと思われる。 
又、ラジ四駆に付属のものはエンドベルが黒に変更され、ノイズ対策のためにカーボンブラシが採用されている。
そのため他のノーマルモーターより寿命は長いが、性能的には大差ない。
余談だが、このモーターのカーボンブラシは他のダッシュ系モーターのカーボンブラシと違い、赤銅に近い色をしている事から銅系焼結合金の一種かもしれない。
だとしたら他のカーボンブラシより高性能な可能性もある。
でも基本性能的にはノーマル。他のチューン系やダッシュ系に使ってみてほしいところである。
また、2007年以降に生産されたハンディドリルキットに同梱されているものは、カーボンブラシ採用+コイルの巻き数と太さの変更によりジェットダッシュ並みの恐ろしいスペックとなった。なのでこれを肉抜きされたシャーシに搭載しようものならコースアウトしてシャーシ側が粉砕される。(そもそもノーマルモーターとして通用するかも怪しいが...)

パワーダッシュモーター

  • ITEM.15317
  • 定価:460円
  • 消費電流:2.5~3.3A
  • 回転数(推奨負荷時):19,900~23,600rpm
  • 推奨負荷トルク:1.5~2.0mN・m
  • 重量:17.7g
  • 製造メーカー:SMC Motor


エンドベルの色は緑。スプリントダッシュと並んで公式片軸モーター中最高スペック。こちらは名前の通りパワー寄りの性能。
マシンの重量が重めだったり、アップダウンが激しいコースでは特に効果を発揮する。
しかし電池の消費も凄まじい事になっており、アルカリ電池使用時は本来の性能を引き出せないので注意する必要がある。

元々はラジ四駆用に開発されたモーターだったが、ラジ四駆が商業的に失敗してすぐに展開が終了。
ダンガンにも導入されたが、結局そちらも尻すぼみになってしまう。
それから数年後にミニ四駆でもダッシュ系モーターが解禁され、公式レースで使用可能なモーターとなる。
生産時期によってエンドベルの色・モーターのステッカーとブラシの品質が違う。

スプリントダッシュモーター

  • ITEM.15318
  • 定価:460円
  • 消費電流:2.8~3.8A
  • 回転数(推奨負荷時):20,700~27,200rpm
  • 推奨負荷トルク:1.3~1.8mN・m
  • 重量:17.5g
  • 製造メーカー:SMC Motor


エンドベルの色はライトグレー*1。パワーダッシュと並んで公式片軸モーター中最高スペック。こちらはパワーダッシュとは反対に高回転重視。
トルクの低さを補えるセッティング(軽量化、ギヤ、タイヤのセッティング等)がうまく決まれば、その高回転を最大限発揮できる。
しかし電池の消費も凄まじい事になっており、アルカリ電池使用時は本来の性能を引き出せないので注意する必要がある。

パワーダッシュと同じくラジ四駆用に開発されたモーターだったが、ラジ四駆が商業的に失敗ですぐに展開が終了。
ダンガンにも導入されたが、結局そちらも尻すぼみになってしまう。
それから数年後にミニ四駆でもダッシュ系モーターが解禁され、公式レースで使用可能なモーターとなる。
生産時期によってモーターのステッカーとブラシの品質が違う。

ライトダッシュモーター

  • ITEM.15455
  • 定価:440円
  • 消費電流:1.5~2.2A
  • 回転数(推奨負荷時):14,600~17,800rpm
  • 推奨負荷トルク:1.3~1.9mN・m


エンドベルの色は黄色。
先に両軸版が発売されていたものを片軸仕様にしたという珍しい経歴を持つ。
そのため性能的な立ち位置も両軸版ライトダッシュとよく似ていて、トルクチューン2モーターとハイパーダッシュ3モーターの中間的なパワーである。
ダッシュ系入門モーターになることを期待されていたのだろうが、発売時期が遅かったためその地位を確立しきれていない。
とはいえ、ハイパーダッシュ3では速すぎるがトルクチューン2では遅すぎる場面での選択肢が増えたことは喜ばしい。

ハイパーダッシュ3モーター

  • ITEM.15477
  • 定価 460円
  • 消費電流:1.6~3.0A
  • 回転数(推奨負荷時):17,200~21,200rpm
  • 推奨負荷トルク:1.4~1.9mN・m
  • 製造メーカー:SMC Motor


エンドベルの色は初代ハイパーダッシュ、ハイパーダッシュ2から引き続き赤、ただし若干暗い。
世代交代にあたり、両軸のハイパーダッシュPROと外見も性能も統一された。メーカーも同じSMC Motor製。
具体的を挙げると、金属ブラシからカーボンブラシに変更され、カップはメッキなしになり、回転数もトルクも同一となっている。
公称スペックはハイパーダッシュ2と全く同じだが、慣らし方では30,000rpm近く回りスペック以上に消費電流が高いらしい。

トルクチューン2モーター

  • ITEM.15484
  • 定価:420円
  • 消費電流:1.7~2.0A
  • 回転数(推奨負荷時):12,300~14,700rpm
  • 推奨負荷トルク:1.6-2.0mN・m
  • 製造メーカー:S.M.C. Motor


エンドベルの色は旧バージョンに引き続きオレンジ。ただし旧トルクチューンに比べて少し鮮やかなオレンジとなっている。
高トルク型のモーターで、旧トルクチューンから性能調整を施されている。
トルクが高くて使いやすいという特徴はそのままに、アトミックチューン2の性能が控えめに調整されているのもあって、
相対的な意味もあって旧トルクチューン以上に評価は高い。

レブチューン2モーター

  • ITEM.15485
  • 定価:420円
  • 消費電流:1.6-2.0A
  • 回転数(推奨負荷時):13,400~15,200rpm
  • 推奨負荷トルク:1.2-1.5mN・m
  • 製造メーカー:S.M.C. Motor

エンドベルの色は旧レブチューンと違って青。レブチューンPROと色を統一したかったのだと思われる。
回転数重視で、チューン系の中では高回転型に位置するモーター。
元々のレブチューンが使いづらさ故に敬遠されがちだったので、性能を調整してスペックは中々に上がっている。
しかしそれでも昨今の立体レースで走らせるには厳しいスペックと言わざるを得ず、旧レブチューン同様の立ち位置に留まっている。
チューンモーター限定で、かつフラットにほど近い高速立体コースなら、セッティングをうまくすればその高回転を活かせるかもしれない。

パッケージには「小径タイヤ向け」の記述あり。
スターターキットARスピードタイプに1個付属。

アトミックチューン2モーター

  • ITEM.15486
  • 定価:420円
  • 消費電流:1.8-2.2A
  • 回転数(推奨負荷時):12,700~14,900rpm
  • 推奨負荷トルク:1.5-1.8mN・m
  • 製造メーカー:S.M.C. Motor

エンドベルの色は黒。ウルトラダッシュと被るようになってしまったが、缶にメッキがあるかどうかで見分けは付く。
バランス型のモーターだが旧アトミックチューンと比べて性能が大人しくなってしまったからか、評価はあまり高くない。
スターターキットFMAに1個付属。

現行品(公式大会使用禁止)

ウルトラダッシュモーター

  • ITEM.15307 (初期版は15140)
  • 定価:680円
  • 消費電流:4.0~5.0A
  • 回転数(推奨負荷時):24,000~27,500rpm
  • 推奨負荷トルク:1.4~1.9mN・m
  • 重量:17.5g
  • 製造メーカー:マブチ

エンドベルの色は黒。本体カップはメッキ仕様でジェットダッシュモーターと同じなので、ラベルを紛失すると見分けにくい。
その場合、両者を見分けるにはエンドベルの刻印で判断すれば良い。
ウルトラダッシュモーターは「MABUCHI MOTOR」の刻印がある。
タミヤ発FA-130型モーターの中で最高スペックを持つ3大モーターの一角。
回転数重視の高回転モーターである。しかしながらトルクも最高クラス。
高トルクのジェットダッシュとは対になる存在。
これと下記のジェットダッシュからカーボンブラシが採用されるようになった。
カーボンブラシが高性能なため、ロット別・個体差による性能のバラつきはさほど見られない。

ミニ四駆用として発売され、モーター無制限レース(特にゼロ四)で活躍。
その後もラジ四駆用モーターとして、相方のジェットダッシュを差し置き出世した。
しかし当のラジ四駆はすぐに廃れてしまい、ダンガンレーサーの公式規則でも解禁されず、販売が細々としていた時期があった。

プラズマダッシュモーター

  • ITEM.15186
  • 定価:880円
  • 消費電流:4.1~5.2A
  • 回転数(推奨負荷時):25,000~28,000rpm
  • 推奨負荷トルク:1.4~1.9mN・m
  • 重量:18.0g
  • 製造メーカー:SGM

エンドベルの色以前に形がかなり変わっているのですぐ見分けがつく。
本体色も後述の初代ハイパーダッシュ、ターボダッシュと続き、フラッグシップらしさを感じさせる黒缶である。
スペックを見ての通り、タミヤ製FA-130型モーターの中で最高スペックを誇り、当然3大モーターの中でも最高峰である。

発売当初、その800円と言う値段には誰もが驚いた。
何せキット並みの600円と言うウルトラ・ジェットダッシュさえ上回る価格で、当時販売していたどのキット本体より高額だったのである。
しかしそれに見合った高性能、ブラシ交換による長寿命、何よりその外見から来るインパクトなど、このモーターを求めるレーサーは多かった。現在もモーター非限定レースでは真っ先に検討されると言っても過言ではないモーターである。

そのハイスペックは外見からも伺われる。「これほんとにFA-130系モーター?」と言いたくなるような変な形をしているが、
これはハイスペックモーターにありがちな発熱とブラシ(コミュテーター)の急激な消耗と言う二つの問題を解消するためのものであり、いかにこのモーターのスペックがずば抜けてるかがわかる。
エンドベル、本体カップともスリットが設けられているが、ここから排熱する構造になっている。
またブラシは取り外しでき、コミュテーター周りのメンテナンス(汚れた接点グリスのふき取り、再塗布など)が出来、
ブラシそのものもAOパーツでスペアが販売されているため、磨耗したら交換が可能である。
値段が張る為に初期投資は掛かるが、コイルや磁石がダメになるまで使えるので寿命が長いと言え、その分お得。
ただし、廃熱口が開いている分ゴミや埃が進入しやすいので、防塵には気をつけたい。

絶版品(公式大会使用可能)

ハイパーミニモーター

  • ITEM.15001
  • 定価(当時):初期版 300円・再販版 360円
  • 消費電流:1,100→1,400~1,800mA
  • 回転数(初期版):12,800~14,600rpm
  • 回転数(再販版):13,000→15,000rpm
  • 最大トルク:14→13~18g-cm
  • 適正電圧:?→2.4~3.0
  • 重量:17.0g
  • 製造メーカー:マブチ

エンドベルの色は黒。
1次ブーム時に展開を開始したGUP第1段の1番目の製品でもある。
バランス型のモーターだが、後に発売されるレブチューンとアトミックチューンの中間の性能である(トルクに至ってはトルクチューンと0.5gしか変わらない)。
1次ブーム時はこれを選んでおけば間違いなかった、というか下記のミニF用の2種のモーターが出るまでは実質これしか公式レースで使えるモーターがなかった。
2012年7月に再販したが、スポット生産なので在庫がなくなり再び入手困難に。
再販に伴い公式レースでも再び使用可能なモーターとしてリスト入りしているが、まず見かけない。
再販時の性能は燃費が悪化しているが、その分回転数やトルクも上がってる。
当時とは製造時の諸々や計測機器の性能などが細かく変わっている(20年以上の歳月を経ている)これぐらいは許容差だろう。
現在は再度生産終了。

レブチューンモーター

  • ITEM.15133
  • 定価(当時):改定前300円 改定後360円
  • 消費電流:1,500→1,600~2,000mA
  • 回転数(無負荷時) :17,600→17,400rpm
  • 回転数(適正負荷時):14,300rpm
  • 最大トルク:10→13.3g-cm
  • 重量:17.0g
  • 製造メーカー:マブチ

エンドベルの色は紫。
回転数重視の高回転型モーター。
トルクチューンと同じくミニF用に発売された物で、初期の物はラベルがミニFの仕様になっている。
高回転なので直線の多いコースに有利のはずが、トルクはノーマルと同じというため実力を発揮しきれないことが多い。
特に立体コースが主流となってからは使われないモーターの筆頭だった。
(適正負荷回転数を見ればわかるが、最大の売りの回転数もトルクの必要な場面では大幅に下がる)
せめてトルクがもう2グラムほどあればもう少し活躍の場もあったはず。
おまけに消費電流もチューン系モーター最大で、選択するメリットは皆無といっても過言ではない。
どうやらミニFとミニ四駆では勝手が違いすぎたようだ。
当時フラットレースでたまにレブ限定レースが行われており、整備の行き届いたシャーシと組み合わせると、持ち前の回転数を活かした走りが出来る事もある。

このモーターを好んで使う者は猛者と言える。公式で優勝すればその者は神となるだろう。
とは言っても最近の公式はアップダウンが激しくそこでコースアウトする事が多いため、
速度を抑えてクリアするのが1つの手段なので以前より可能性があるかも知れない。

価格改定後の物は性能が上がっていると言われているが、他のチューン系モーターも同時に性能が上がったため、結局立ち位置は変わらなかった。
レブチューン2モーターの発売に伴い生産終了しているが、あまりに使用者が少ないため長らく売れ残っている店舗も多いとか。

トルクチューンモーター

  • ITEM.15134
  • 定価(当時):改定前300円 改定後360円
  • 消費電流:1,200→1,300~1,700mA
  • 回転数(無負荷時) :13,600→14,300rpm
  • 回転数(適正負荷時):12,000rpm
  • 最大トルク:14.5→15.3~20.4g-cm
  • 重量:17.0g
  • 製造メーカー:マブチ

エンドベルの色はオレンジ。
高トルク型のモーター。元はミニF用に発売された物で、初期の物はラベルがミニFの仕様になっている。
トルクが高い為テクニカルコースに強く、特にアップダウンの多い場面で活躍してくれる。
ハイトルクで回転数もノーマルより高く、消費電流もチューン系の中では1番小さいので、
アトミックチューンモーターが発売されるまではハイパーミニと並び主流のモーターだった。
回転数が低い、と言ってもタイヤの直径とギヤ比である程度補えるので、コースレイアウトによっては現在でもよく使われる方。
また消費電力が少ない分、持久力も高いといえる。

価格改定後のトルクチューンは良く回るように成った。
アトミックやダッシュ系で速すぎる、もしくはパワーが足りない等と感じたら替えてみるのも良いかもしれない。
トルクチューン2モーターの発売に伴い生産終了した。

アトミックチューンモーター

  • ITEM.15215
  • 定価(当時):改定前300円 改定後360円
  • 消費電流:1,300→1,500~1,900mA
  • 回転数(無負荷時) :15,700→16,200rpm
  • 回転数(適正負荷時):13,700rpm
  • 最大トルク:14g-cm
  • 重量:17.0g
  • 製造メーカー:マブチ

エンドベルの色はグレー。
2次ブーム期後半にハイパーミニの後釜として発売されたバランス型のモーター。そのため特性はハイパーミニに準ずる。
むしろ回転数が上がっている為より高性能で、片軸チューン系モーターの中では一番人気のモーターである。
但し、晩年は立体コースの増加によりトルクチューンが再評価されたこともあり差は縮まっていた。
価格改正後~カップのメッキ仕様等、通常商品とは生産ラインが違う為か、全体的に当時の通常アトミックよりも性能が良いといわれる。
アトミックチューン2モーターの発売に伴い生産終了になった。

余談だが、コロコロの全員サービスで販売された限定仕様があり、通常のカップ(金属部分)が灰色に近いくすんだ銀色なのに対しウルトラ・ジェットダッシュの様なメッキ仕様になっている。また、モーターに貼られているラベルにコロドラゴンが印刷されている。

ハイパーダッシュ2モーター

  • ITEM.15256
  • 定価(当時):改定前350円 改定後400円
  • 消費電流:1,600mA
  • 回転数(無負荷時) :19,300→21,200rpm
  • 回転数(適正負荷時):17,200rpm
  • 最大トルク:14→19.4g-cm
  • 重量:17.0g
  • 製造メーカー:マブチ

エンドベルの色は赤。ハイパーダッシュ、マッハダッシュの生産停止を受けて発売されたモーター。
HD2と略される事もある。ハイパーダッシュより上のスペックのモーターが次々出たためか、本体カップの色が黒ではなく銀色となっている。

初代ハイパーダッシュから性能調整されたモーター。しかし「2」と銘打たれているものの、全体的に下方修正気味。
回転数は上がっているもののトルクが1g減、しかも回転数が上がっているといってもたったの300rpmである。
それも無負荷時の話で、適正負荷の回転数は変わっていない。おまけに消費電流据え置き。
しかしそれでも十分高性能ではあり、脱チューン系にもってこい。
また消費電力が少な目でアルカリ電池でも十分回せるので、充電池管理が苦手な人でも使いやすい。
整備の行き届いたシャーシに搭載した場合は下手な組み上げのパワー・スプリント搭載マシンよりも速く出来たりする。
銅ブラシで高回転型な為か、耐久力が低く壊れやすいと言われる。
特に2013ジャパンカップ以前の物は個体差がはげしく、ひどく短命な個体あり。
ハイパーダッシュ3と入れ替わる形で生産終了。


絶版品(公式大会使用禁止)

ハイパーダッシュモーター

  • ITEM.15036
  • 定価(当時):330円
  • 消費電流:1,600mA
  • 回転数(無負荷時) :19,000rpm
  • 回転数(適正負荷時):17,200rpm
  • 最大トルク:15g-cm
  • 重量:17.0g
  • 製造メーカー:マブチ

初のダッシュ系モーター。エンドベルの色は赤。珍しく本体側カップも黒く塗られているので見分けやすい。
当然ハイパーミニよりも高性能であるが、性能が違い過ぎる為か発売当初からオータムカップで行われていた一部の「ハイパーダッシュ」の冠の付いたレースと1990年のJCのワイルド部門、2次ブーム時のゼロ四レースなどいくつかのレース以外の公式大会では使用禁止だった。
それでも単純に高性能モーターで遊びたいという需要やカラーリングの良さ、モーター制限の緩い店舗大会等では出番が多かった事もあり、一定の需要はあった。
2次ブームに入ってマッハダッシュ、ウルトラダッシュ、ジェットダッシュ等のより高性能なモーターが次々と登場したため、そこでお役御免となり生産終了。
ハイパーダッシュの名は後の2や3に、フラッグシップモデルという役割はプラズマダッシュモーターに譲る事になる。

マッハダッシュモーター

  • ITEM.15131
  • 定価(当時):350円
  • 消費電流:1,900mA
  • 回転数(無負荷時) :23,400rpm
  • 回転数(適正負荷時):20,800rpm
  • 最大トルク:15g-cm
  • 重量:17.0g
  • 製造メーカー:マブチ

エンドベルの色は赤。
スペックを見れば判るとおりハイパーダッシュの上位に位置するような性能。
ちなみに寿命は短いものの、性能に関してはスプリントより高性能な上に消費電流がかなり少ないので(ハイパーPROと同じ)アルカリで回しやすいと言えば回しやすい。
現在は生産終了。

余談だが、「マッハダッシュPRO」という形で名前だけ両軸モーターに引き継がれている。

ジェットダッシュモーター

  • ITEM.15159
  • 定価(当時):600円
  • 消費電流:4,000mA
  • 回転数(無負荷時) :28,000rpm
  • 回転数(適正負荷時):23,000rpm
  • 最大トルク:22g-cm
  • 重量:17.5g
  • 製造メーカー:JOHNSON Motor

エンドベルの色は黒。本体カップはメッキ仕様でウルトラダッシュモーターと同じだが、両者を見分けるには刻印で判断すれば良い。ジェットダッシュモーターはカップに「JOHNSON」の刻印がある。
ついでにJOHNSON製であればエンドベル側のメタル軸受けが丸見えなので、そこでも見分けがつく。
タミヤ発FA-130型モーターの中で最高スペックを持つ3大モーターの一角。
トルク重視の高トルクモーターである。しかしながら回転数も最高クラス。高回転のウルトラダッシュとは対になる存在。
珍しく(2次ブームのモーターとしてはこれだけ?)マブチ製ではない。

上記の通りカーボンブラシ採用であるが、最盛期に開発・製造された為かウルトラと同じく品質は良い。
相方のウルトラダッシュがラジ四駆用として出世したのに、こちらはメーカーが違ったせいか早々に生産停止になってしまっている。
ただし、2007年製造までのタミヤ製電動ドリルや電動リューターに同梱されていた。*2
その他にも、大阪のSKLでバラ売りされていた事がある。

タッチダッシュモーター

  • ITEM.15225
  • 定価(当時):250円
  • 消費電流:1,300mA
  • 回転数(無負荷時) :15,000rpm
  • 回転数(適正負荷時):11,200rpm
  • 最大トルク:10g-cm
  • 重量:17.0g
  • 製造メーカー:マブチ

エンドベルの色はライトグリーン。ややこしいがパワーダッシュと間違えないように。
内部のコイル側の電極に工夫がしてあり、車体側のスイッチを入れただけでは始動しない。
モーター軸本体か、そこにつながるギヤやタイヤを回して初めて始動するのである。
また、逆に強制的に回転を止めてやると再び停止する、と言う変わったモーター。
外で走らせるとき等は壁にぶつかれば止まるので便利かもしれない。
タイヤロックの状態にならないと止まらないため活用するにはタイヤのグリップを高める等の工夫が必要。

性能を追求するというより、リレーをさせるなどアイデア次第で楽しめるモーター。
現在は生産停止中。

ただ、プラモデルの1/48 プロペラアクションシリーズ(WW2の単発レシプロ機が多い)に使われているので、それらを入手すれば同梱されている。通常のスケールモデルとはパッケージのデザインが違うため、比較的見つけやすい。
ラインナップは以下の通り
  • 陸軍四式戦闘機 疾風
  • ヴォート F4U-1A コルセア
  • 海軍局地戦闘機 雷電21型
  • A-1H スカイレイダー アメリカ海軍
プロペラアクションシリーズは他にもあるが、明確にタッチダッシュ搭載と記されているのは上記の四種だけ。
一応、商品の説明文からすると「リパブリック P-47D サンダーボルト "バブルトップ"」 もタッチダッシュ搭載の可能性がある。
また、某通販サイトに掲載されている説明書で確認したところ、「川西 水上戦闘機 強風11型」にも使われている模様。
これら以外は専用のマイクロモーターが使われている。(エンジン直径の関係でFA-130型モーターは納まらなかった為と思われる)
但し、このシリーズ付属のタッチダッシュは配線が半田付けされているため、ミニ四駆に使う場合は加工が必要。
2012年7月、何故かSKL本店タミヤワールドのミニ四駆GUPコーナーに、このシリーズのものと思しき配線半田付け済みのものが陳列されていた。
現在タッチダッシュ付属のプラモデルは全て販売停止となっている。

ZENチューンモーター

  • ITEM.94031
  • 定価(当時):450円
  • 消費電流:2,000mA
  • 回転数(適正負荷時):21,000rpm
  • 最大トルク:10g-cm
  • 重量:17.0g
  • 製造メーカー:マブチ

配色はウルトラ・ジェットダッシュと同じ銀色のメッキ缶に黒エンドベル。
ブラシは銅板ブラシ。
元々はミニFコンペティションパーツ。
ちなみに、ZENとは当時ファイターと並ぶタミヤのキャラクターだった前(まえ)ちゃんから来ている。
限定品で現在は生産終了。

ターボダッシュモーター

  • ITEM.94113
  • 定価(当時):450円
  • 消費電流:2000mA
  • 回転数(適正負荷時):21000rpm
  • 最大トルク:10g-cm
  • 重量:17.0g
  • 製造メーカー:不明
エンドベルの色はノーマル同様の乳白色、本体カップはハイパーダッシュと同様の黒。
また、初めてカーボンブラシが採用されたモーターである。
限定品で現在は生産停止。また、何故かこのモーターにだけ恐ろしい程のプレミアがつき、某通販サイトでは約4万円もの値段でも取引されている。
当時購入した人曰く1994年開催のオータムカップ会場限定品だったらしく、現在の異常なまでの価値の高さは同大会会場でしか買えなかったことによる出回りの少なさによるものであろう(上記のZENチューンは模型店などでも買えてそれなりに出回っていたためターボダッシュよりは価値は低め(それでも高額で取引されているが)
スペックを見て分かる通り、性能自体は今となっては特に最強と言うほどでも無いので、実用を求めて購入する代物ではない。
入手を検討している場合、コレクション以上の目的を持たない方がいい。
また、現在はインターネットの普及により実物の写真を見ること自体は容易となっているが、普及し始めるまでは小学館トライダガーX改造ブックでしか存在を確認出来なかった。

※rpm:revolutions per minuteの略で、正式にはr.p.m.(R.P.M.)と表記する。
日本語に直すと「毎分の回転数」となる。r/m(R/M)とも。毎秒回転数の場合はrps。

※2トルク:物体を固定された回転軸を中心に回転運動をさせるときに、回転軸のまわりの力のモーメント(力の能率)である。
力矩、ねじりモーメントとも言う。
単位はg-cm(g・cm)だったが、これは日本限定のものだったため、国際単位にあわせようという最近の風潮の中ですでに一般的ではなく、
現在ではN・m(ニュートン・メートル)やmN・m(ミリニュートン・メートル)が使われる。


  • タミヤ電動付属のモーターがジェットダッシュと同スペックってマジ!?(まあ大会じゃ使えないけど) -- 名無しさん (2020-12-06 20:44:40)
  • 5対1のスーパーハードのスリックの小径のハトメのマシンならばれないんじゃないか説 -- 名無しさん (2020-12-08 18:30:21)
  • 間違えたスパイクだわ -- 名無しさん (2020-12-08 18:31:33)
  • ↑4 電動ドリルね -- 名無しさん (2021-01-12 11:15:49)
名前:
コメント:
最終更新:2021年02月20日 09:54