MR.BATER


「あ、ちょっとええかな? 今日ちょっとパーティー行かなあかんねん」

ダウンタウンの松本人志氏が演じるコントキャラクターのひとつ。「ミスターベーター」と読む。
バラエティ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』で放送されたコントのひとつであり、そのコントのメインとなるキャラクター名である。
ギャグやコントを説明しすぎるのも無粋なので、取り敢えず動画を観て頂きたい。
参考動画

オクラホマ州出身で片言の日本語(のはずなのだが実際はベッタベタの関西弁)を話す怪しい外国人で、
パーティーへ出席するための道具を揃えるために毎回「ちょっとええ?」などと一言いいつつ様々な店舗に訪れる。店長役は今田耕司氏。
毎回、MR.BATERは「パーティー行かなあかんねん」と言いながら用件を延べ、何も用意しようとしない店長に向って突然怒り出す
(目的の商品に求める3大条件を提示し、その3つめで怒ることが多い)。
「○○(その回によって異なる)早よ持って来ぉーい!!」と言い放ち、それを聞いた店長は店の奥に行き、
(店の種類に関わらず)インディアンの衣装と斧を持って来る。
MR.BATERはその衣装を身に着け一通りボケたのちノリ突っ込みをするというのが基本の流れ。
これは第1回目の舞台が紳士服店で、ジャケットを頼まれた店長がインディアンの衣装を持ってきた、というボケを踏襲している。
名前がベーターなのは、コント中松本氏がベタベタの関西弁を使い、コント内容も単純な言葉遊びのベタなものだからだろう。

第1話では今田氏も喋って受け答えしていたが、2話以降は喋らずにジェスチャー等で応答するようになった。

有名FLASH「ごっつええSEED」にもこのコントを用いたものがある。


MUGENにおけるMR.BATER


               
        「アホかぁ!?」

MUGENでは、にゃん☆鬼龍氏により移植されていた。
だが、氏のサイトはトクトクのサーバー障害復帰後に消滅。現在はhamer氏が許可を得た上で代理公開している。
磯野波平ギース・ボヒョー・ハワードと同じ、X68000のプラグイン式2D対戦格闘ゲームSFXVIで製作されたキャラである。
ケンを基にドット改変されており、胴着に襟を書き加えて白のスーツを再現。ただ袖部分が書かれていないのでまだ胴着っぽく見えてしまう。
基本的には「2ボタンで操作できるケン」であるが、MR.BATER特有の言い回しで繰り出される技の数々が笑いを誘う。
また密かに、スタートボタンで行う挑発が攻撃避けも兼ねていたりする。
小柄なキャラで特筆すべき技も無いのだが、ラッシュ力はかなりのもので、隙を突いてでの畳み掛けの火力はなかなかのものである。


+人志松本の格ゲーな話
余談ではあるが松本氏は、コスパ発売のロック・ハワードのジャンパーを所持している。
知人からのもらい物で、ゲームキャラクターのコスプレ用だとは知らないらしいが、
たまに着ているとの事。…マジっすか!?
ちなみに松本氏が主演したドラマ『伝説の教師』でも『餓狼MOW』が出てくるシーンがあったりする。


出場大会